元羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元羽(げん う、470年 - 501年)は、北魏皇族。広陵王。は叔翻。孝文帝の異母弟で、節閔帝の父にあたる。

経歴[編集]

献文帝と孟椒房の間の子として生まれた。485年太和9年)、広陵王に封じられ、侍中・征東大将軍の任を加えられ、外都大官となった。元羽は若いころから聡明で、「断獄」の称があった。大理となり、衛将軍の号を加えられ、都の平城の刑事裁判をつかさどった。特進・尚書左僕射に転じ、また太子太保・録尚書事となった。

493年(太和17年)、孝文帝の南征にあたって、六鎮の突騎を動員するために派遣された。平城に帰ると、廷尉卿を兼ねた。孝文帝が出征すると、元羽は太尉元丕とともに平城の留守を預かり、使持節を加えられた。洛陽遷都の議論が定まると、元羽は太尉を兼ねた。洛陽遷都の後も平城に留まり、北人の不穏な動きを監視した。494年(太和18年)春、廷尉卿の任の辞職を申し出たが、許されなかった。

495年(太和19年)、孝文帝の南征にあたって、元羽は使持節・都督青斉光南青四州諸軍事・征東大将軍・開府・青州刺史に任じられた。後に散騎常侍の位を加えられ、車騎大将軍の号に進んだ。498年(太和22年)、孝文帝の南征に従い、南朝斉裴叔業と竜亢で戦って敗れた。

宣武帝が即位すると、元羽は司州牧に転じた。宣武帝は元羽を司徒に任じようとしたが、元羽は固辞し、司空の官を望んだ。501年景明2年)1月、司空に任じられた。ときに元羽は員外郎の馮俊興の妻と不倫の関係にあり、夜に遊んでいたところを馮俊興の襲撃を受けた。5月18日、王邸で死去した。享年は32。使持節・侍中・驃騎大将軍・司徒公・冀州刺史の位を追贈された。は恵といった。

妻子[編集]

[編集]

  • 鄭始容
  • 王氏

[編集]

  • 元欣
  • 元恭(広陵王、前廃帝、節閔帝)
  • 元永業

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻21上 列伝第9上
  • 北史』巻19 列伝第7
  • 侍中司徒公広陵王墓誌銘(元羽墓誌)
  • 魏故司空広陵恵王元羽妻鄭太妃之銘(鄭始容墓誌)