元朗 (北魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後廃帝 元朗
北魏
第12代皇帝
王朝 北魏
在位期間 中興元年10月5日 - 中興2年4月18日
531年10月30日 - 532年6月6日
姓・諱 元朗
仲哲
生年 延昌2年(513年
没年 太昌元年11月14日
532年12月26日
章武王元融(第3子)
程氏
年号 中興 531年 - 532年

元 朗(げん ろう、513年 - 532年)は、北魏の第12代皇帝(在位:531年 - 532年)。諡号廟号を贈られなかった廃帝の一人で、後廃帝(こうはいてい)、あるいは安定王(あんていおう)と呼ばれる。仲哲

生涯[編集]

章武王元融の三男として生まれた。生母は程氏。祖父の章武王元彬文成帝の甥にあたる。また、2代前の東海王元曄は、元彬の弟の扶風王元怡の子である。

531年1月、渤海郡太守に任じられた。6月に高歓が信都で反爾朱氏の兵を起こすと、10月に元朗は高歓に擁立されて信都の西で北魏の皇帝として即位した。中興と改元した。高歓を侍中丞相・都督中外諸軍事・大将軍録尚書事に、高乾司空に任じた。このとき洛陽には爾朱世隆らが擁立した元恭(前廃帝または節閔帝)が在位しており、また南朝梁の支援を受けて魏帝を称していた元悦も存在していたから、北魏には3人の皇帝が併存することとなった。532年2月には高歓を大丞相・柱国大将軍・太師に任じた。

532年4月、高歓が爾朱氏に勝利して北魏の実権を手中にしたことによって前廃帝元恭や元悦の帝位は無効となり、元朗は北魏の唯一の皇帝となった。ただ、高歓は元朗の血縁の遠さを理由に、洛陽に入るとすぐに元朗の廃位を考えるようになった[1]。高歓は元恭や元悦を改めて皇帝に擁立することも検討したが結局はそれも白紙となり、最終的に第7代皇帝孝文帝の孫の元脩を擁立することとした。同年4月、元朗は河陽にて元脩(孝武帝)に帝位を譲ることを余儀なくされた[2]。廃帝となった元朗は5月に安定王に封じられた後、11月には高歓の命令によって門下外省で殺害された。翌533年の西南の野馬崗に埋葬された。

子女[編集]

拓跋氏系図】(編集
  • 魏書』巻1~巻22、『北史』巻5・巻14を元に作成。
 
拓跋部
 
 
 
 
 
 
 
 
1(成帝)
拓跋毛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13(献帝)
拓跋鄰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14(聖武帝)
拓跋詰汾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禿髪部1禿髪匹孤
 
 
 
 
 
15(神元帝)
拓跋力微
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(南涼)
 
16(文帝)
拓跋沙漠汗
 
17(章帝)
拓跋悉鹿
 
18(平帝)
拓跋綽
 
東部(昭帝)
拓跋禄官
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中部(桓帝)
拓跋猗㐌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19(思帝)
拓跋弗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1(穆帝)
拓跋猗盧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2拓跋普根
 
5(恵帝)
拓跋賀傉
 
6,8(煬帝)
拓跋紇那
 
拓跋六脩
 
4(平文帝)
拓跋鬱律
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3拓跋氏
(諱不明)
 
 
 
 
 
7,9(烈帝)
拓跋翳槐
 
10(昭成帝)
拓跋什翼犍
 
拓跋孤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
拓跋寔君
 
(献明帝)
拓跋寔
 
拓跋窟咄
 
拓跋斤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北魏
 
 
 
 
 
 
 
 
1道武帝
拓跋珪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2明元帝
拓跋嗣
 
清河王
拓跋紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平王
拓跋煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3太武帝
拓跋燾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮南靖王
拓跋他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景穆帝
拓跋晃
 
東平王
拓跋翰
 
4南安王
拓跋余
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元鍾葵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5文成帝
拓跋濬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南安王
拓跋楨
 
 
 
 
 
元法僧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6献文帝
拓跋弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
章武王
元彬
 
扶風王
元怡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7孝文帝
元宏
 
先帝
元羽
 
北海王
元詳
 
文穆帝
元勰
 
 
 
 
 
章武王
元融
 
11東海王
元曄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃太子
元恂
 
 
 
 
 
 
12節閔帝
元恭
 
北海王
元顥
 
孝宣帝
元劭
 
10孝荘帝
元子攸
 
13安定王
元朗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8宣武帝
元恪
 
 
 
 
 
僭/追文景帝
元愉
 
 
 
 
 
清河王
元懌
 
武穆帝
元懐
 
汝南王
元悦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9孝明帝
元詡
 
臨洮王
元宝暉
 
西1文帝
元宝炬
 
 
 
 
 
清河王
元亶
 
14孝武帝
元脩
 
文帝元皇后
元氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝明帝女児
元氏中国語版
 
幼主
元釗
 
西2廃帝
元欽
 
西3恭帝
拓跋廓
 
東1孝静帝
元善見
 
 
 
 
 
北周1孝閔帝
宇文覚

  • 元黄頭(安定王、安平王、北斉が建てられると爵位を降格された)

脚注[編集]

  1. ^ 資治通鑑』巻155「高歓以安定王疏遠、使僕射魏蘭根慰諭洛邑、且観節閔帝之為人、欲復奉之。」
  2. ^ 『資治通鑑』巻155「乃為安定王作詔策而禅位焉。」

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻11 帝紀第11
  • 『魏書』巻19下 列伝第7下
  • 北史』巻5 魏本紀第5