拓跋賀ル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「拓跋賀」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字CJK統合漢字拡張A)が含まれています詳細
恵帝 拓跋賀
五代王
王朝
在位期間 321年 - 325年
都城 盛楽→東木根山
姓・諱 拓跋賀
不詳
諡号 恵皇帝
生年 不詳
没年 325年
拓跋猗
惟氏

拓跋賀(たくばつ かる、Tuòbá Hèrǔ、? - 325年)は、代国の王。父は拓跋猗、母は惟氏[1]、兄に拓跋普根、弟に拓跋がいる。北魏道武帝より恵皇帝と追尊された。

生涯[編集]

321年拓跋鬱律惟氏に殺されると、惟氏の子の拓跋賀が即位した。だが、拓跋賀はまだ自ら政務ができる歳では無く、代わりに惟氏が政務を執り行った。

惟氏は後趙と修好を深め、後趙では彼等のことを「女国からの使者」と呼んだ。

324年、拓跋賀は親政を始めるが、諸大人はまったく帰服しないので、拓跋賀は東木根山に城を建て、そこに移り住んだ。

同年、涼州刺史張茂が死に兄子の張駿が後を継ぐと、代国に使者を送ってきて朝貢した。

325年、拓跋賀卒去し、代わって弟の拓跋那が立った。

参考文献[編集]

  • 魏書』(帝紀第一)
  • 資治通鑑』(巻九十一・巻九十二・巻九十三)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 魏書では祁氏と記載される。