明元帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明元帝 拓跋嗣
北魏
第2代皇帝
王朝 北魏
在位期間 409年11月10日 - 423年12月24日
姓・諱 拓跋嗣
諡号 明元皇帝
廟号 太宗・世祖
生年 登国7年(392年
没年 泰常8年11月6日
423年12月24日
道武帝(長子)
劉貴人
陵墓 雲中金陵
年号 永興 : 409年 - 413年
神瑞 : 414年 - 416年
泰常 : 416年 - 423年

明元帝(めいげんてい)は、北魏の第2代皇帝(在位:409年 - 423年)。

生涯[編集]

392年拓跋珪(道武帝)の長子として生まれる。母の劉貴人は拓跋嗣が立太子される前、の慣習に従い道武帝より死を賜った。これを知った拓跋嗣は嘆き悲しみ、道武帝に反発して出奔したことがあった。

409年、父・道武帝が異母弟の拓跋紹(次子)によって殺害される事件が発生すると、拓跋紹を討ち即位する。

漢人官僚の崔宏崔浩を用い統治機構の整備に腐心した。戦乱に明け暮れた治世を送り、423年との戦役の中で崩御した。

后妃[編集]

子女[編集]

[編集]