元恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
節閔帝 元恭
北魏
第11代皇帝
王朝 北魏
在位期間 531年4月1日 - 532年6月
姓・諱 元恭
脩業
諡号 節閔皇帝
生年 太和22年(498年
没年 普泰2年5月3日
532年6月21日
広陵王・元羽
王氏
年号 普泰 531年 - 532年

元 恭(げん きょう、498年 - 532年)は、北朝北魏の第11代皇帝(在位:531年 - 532年)。『魏書』においては前廃帝、『北史』においては節閔帝と呼ばれている。即位前の王号から広陵王とも呼ばれる。

生涯[編集]

孝文帝の弟・広陵王元羽と王氏の間の子として生まれ、正始年間に広陵王の封を継いだ。散騎常侍・給事黄門侍郎を歴任した。元叉が北魏の朝廷で権力を握ると、口が利けなくなったふりをして、龍花仏寺にひきこもった。530年、謀反の疑いをかけられ、上洛に逃れたところを捕らえられた。長らく拘禁されたが、疑いが晴れると釈放された。孝荘帝が殺害された後、長広王元曄が皇帝に擁立されたが、爾朱世隆らと疎遠になり、廃立が謀られた。元曄が邙山の南にやってきたとき、爾朱世隆らによって禅譲の礼が強行された。太尉爾朱度律が元恭を迎え、宮中に入った。531年2月、元恭は太極前殿で皇帝として即位し、普泰と改元した。3月、長広王元曄を東海王に改封し、魯郡王元粛を太師とし、沛郡王元欣を太傅・司州牧とし、淮陽王に改封した。爾朱仲遠爾朱天光の2人を大将軍とし、爾朱兆を天柱大将軍とし、高歓を渤海王に封じ、爾朱世隆を太保とした。

しかし、6月に高歓が信都で反爾朱氏の挙兵をし、10月には元朗(後廃帝または安定王)を北魏の皇帝に即位させた。この時には南朝梁の武帝蕭衍の支援を受けて北魏皇帝を称していた元悦も存在していたので、北魏には3人の皇帝が並び立ったことになる。532年3月に爾朱天光らが韓陵で高歓に敗れると、4月に元恭は高歓に拘束されて廃位され、崇訓仏寺に幽閉された。5月、門下外省で殺害された。

のち、西魏において節閔皇帝と追諡された。兄の元欣は西魏の大丞相となり、八柱国の一人として挙げられる。

宗室[編集]

后妃[編集]

[編集]

  • 元子恕(渤海王)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻11 帝紀第11
  • 北史』巻5 魏本紀第5