拓跋煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

拓跋煕(たくばつ き、399年 - 421年)は、中国北魏皇族。陽平王。

経歴[編集]

道武帝と大王夫人のあいだの子として生まれた。

403年天興6年)10月、陽平王に封じられた。

413年永興5年)1月、兄の明元帝平城東郊で閲兵したとき、拓跋煕は十二将のひとりとして1万騎を率いた。後に西部の越勒部を討ち、功績があった。

421年泰常6年)3月、死去した。享年23。

子女[編集]

七子があった。

伝記資料[編集]