拓跋他

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

拓跋 他(たくばつ た、416年 - 488年)は、中国北魏皇族。淮南王。

経歴[編集]

陽平王拓跋煕の長男として生まれた。陽平王位を嗣いだ。身長は八尺で、容姿は美しく、性格は謹直で温厚、武芸にもすぐれた。太武帝の下で山胡の白龍を西河で討った。臨淮王に改封され、鎮東将軍の位を受けた。まもなく淮南王に改封され、使持節・都督豫洛河南諸軍事・鎮南大将軍・開府儀同三司に任ぜられ、虎牢に駐屯した。447年、武昌王拓跋提とともに并州の諸軍を率いて吐京の胡族を討ち、山胡の曹僕渾を討った。使持節・前鋒大将軍・都督諸軍事となり、柔然を討って破り、軍糧を比干城に運び込んだ。南朝の軍を懸瓠で破った。使持節・都督雍秦二州諸軍事・鎮西大将軍・開府儀同三司・雍州刺史となり、長安に駐屯した。南朝宋が侵入すると、また虎牢鎮都大将となった。465年、使持節・都督涼州諸軍事・鎮西大将軍に転じた。孝文帝が即位すると、入朝して中都大官となり、侍中・征西大将軍の位を受けた。485年司徒に転じた。488年9月、死去した。享年は73。司徒のまま、平東大将軍・定州牧の位を追贈された。は靖王といった。

子女[編集]

三子があった。

  • 拓跋吐万(早逝、贈冠軍・并州刺史・晋陽順侯)
  • 元鍾葵
  • 元篤

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻十六 列伝第四
  • 北史』巻十六 列伝第四