拓跋鬱律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字)が含まれています詳細
平文帝 拓跋鬱律
四代王
王朝
在位期間 316年 - 321年
都城 盛楽
姓・諱 拓跋鬱律
不詳
諡号 平文皇帝
廟号 太祖
生年 不詳
没年 321年
拓跋弗
不詳

拓跋鬱律(たくばつ うつりつ、拼音: Tuòbá Yùlǜ、? - 321年没)は、五胡十六国時代代国の王(在位:317年 - 321年)。父は拓跋弗、子には拓跋翳槐拓跋什翼拓跋孤がいる。北魏道武帝より、太祖平文皇帝と追尊された。

生涯[編集]

拓跋弗の子として生まれた。容貌は雄壮で、とても威信があり謀略に富んでいた。

310年、伯父の拓跋猗盧が部族を統治していた時代、白部大人が反乱を起こして西河に入った。これに呼応した鉄弗部劉虎雁門で挙兵し、劉が守る新興、雁門の2郡を攻めた。劉とは同盟関係にあった為、拓跋猗盧は拓跋鬱律に将騎2万を与えて、劉を助けさせた。拓跋鬱律は白部を大破し、その部族を屠った。さらに劉虎を破り、その陣営を攻め落とした。劉虎は西へ奔り、朔方に逃れた。

316年、拓跋猗盧・拓跋普根及びその子が相次いで亡くなると、国の人は拓跋鬱律を代王に擁立した。

318年6月、鉄弗部の劉虎が黄河を渡り、再び代国西部に侵攻してきた。7月、拓跋鬱律は軍を率いて迎撃に当たり、これを大破した。劉虎は単騎で包囲を突破して逃走した。劉虎の従弟の劉路孤は部落を率いて帰順してきたので、拓跋鬱律は娘を与えた。

その後、拓跋鬱律は西へ向かい烏孫の故地を攻略し、東へ向かい勿吉以西の地区を併合した。拓跋部の兵馬は強壮であり、騎射ができる将は百万にのぼったという。他部族を圧倒しており、代国は北方に覇を唱えた。

同年、前趙の劉曜が晋帝司馬鄴を殺害したと聞くと、大臣たちへ「今、中原は乱れ、支配者が不在である。天は我に救援せよと言っているのか。」と言った。劉曜は代国へ使者を派遣して和親をはかったが、拓跋鬱律は受け入れなかった。

319年石勒は自ら趙王をすと、代国と和親をはかり、兄弟となることを請うた。しかし、拓跋鬱律は遣使を斬り捨てると、国交を断絶した。

幽州刺史・段匹磾の兵民は飢餓のため離散し、薊を守る力がなくなり、上谷に移動しようとした。拓跋鬱律はこれを攻撃し、敵軍を壊滅させた。段匹磾は妻子を棄てて楽陵郡に奔り、冀州刺史・邵続を頼った。

320年涼州刺史張茂の使者が代国に朝貢した。

321年東晋元帝が代国へ使者を送り爵位を与えたが、拓跋鬱律はこれを断った。拓跋鬱律には、南方を平定しようという志があった。

伯母の惟氏[1]拓跋猗㐌の妻)は、拓跋鬱律が部族の心を得て、その勢力が強大である為、自らの子が後継に立てられない事を恐れた。彼女は、拓跋鬱律と諸大人を殺し、死者は数十人に及んだ。その死後は惟氏祁氏の子、拓跋賀が即位した。

宗室[編集]

参考文献[編集]

  • 魏書』(帝紀第一、列伝第一、列伝第二)
  • 資治通鑑』(巻九十・巻九十一)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 魏書では祁氏と記載される。