司馬模

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

司馬 模(しば も、? - 311年)は、中国西晋皇族元表司馬懿の四弟である司馬馗の孫で高密王司馬泰の第四子。兄弟に東海王司馬越、新蔡王司馬騰、高密王司馬略ら。子に南陽王司馬保、范陽王司馬黎ら。子孫に司馬子如司馬消難司馬令姫ら。

生涯[編集]

若い頃より学問を好み、琅邪王司馬睿や范陽王司馬虓と共に宗室内で賢名で知られた。

はじめ平昌公に封じられ、恵帝の末年に冗従僕射を拝命し、さらに太子庶子に累進し、員外の散騎常侍に任じられた。

304年7月、兄の東海王司馬越は右衛将軍陳眕・殿中中郎逯苞・成輔・上官巳らと共に、当時皇太弟として政権を握っていた成都司馬穎討伐を掲げて決起し、恵帝を奉じて司馬穎の本拠地へ向けて軍を発した。だが、皇帝軍は司馬穎配下の石超の前に敗北し、恵帝は捕らわれの身となった。司馬穎は混乱を鎮める為、皇族内で声望を有していた司馬越とその兄弟である司馬騰・司馬略・司馬模を鄴に招いて和解を図ったが、みな応じなかった。

8月、兄の東嬴公司馬騰は都督幽州諸軍事王浚と結託し、司馬穎討伐の兵を興した。司馬穎はこれに幾度も敗れ、大いに恐れて恵帝を連れて洛陽へ逃走した。11月、河間王司馬顒配下の張方は恵帝を連れ去って長安への遷都を強行した。12月、司馬越は司馬模を北中郎将・寧北将軍・都督冀州諸軍事に任じ、司馬穎に代わって鄴城を鎮守させた。これにより司馬模は冀州で強大な軍権を握るようになった。

305年7月、司馬越が司馬顒と張方の討伐を掲げて州郡に檄文を送ると、司馬模もまた兄に協力した。

同月、司馬穎の旧将公師藩は、司馬穎復権を掲げての地で挙兵すると、司馬模は大いに恐れ、配下の趙驤や馮嵩に命じて迎撃させた。広平郡太守丁紹は軍を率いて救援に到来し、范陽王司馬虓も兗州刺史苟晞を救援に派遣し、協力して公師藩を撃破した。司馬模は丁紹の恩に感じ入り、丁紹の生まれた地に功績を称える碑を立てた。

10月、司馬模は将軍宋冑を河橋に進軍させ、司馬顒配下の王闡・劉褒らを防がせた。306年、司馬虓が鮮卑の騎兵と平昌・博陵の兵に河橋を襲撃させると、宋冑もまた河橋を攻めた。劉褒が西に撤退すると、騎馬で追撃して新安まで至った。この戦役により、道路には数え切れない程の死体が転がったという。司馬模は前鋒督護馮嵩に宋冑と合流させ、洛陽へ向けて進軍させた。司馬顒は呂朗らを滎陽に駐軍させてこれを阻ませたが、呂朗は戦意喪失して投降した。こうして宋冑らは洛陽に入った。さらに、宋冑は司馬越の傘下に入り、祁弘・司馬纂と共に長安攻略に向かい、恵帝奪還に貢献した。

8月、司馬模は功績により鎮東大将軍に昇進し、許昌を鎮守した。9月。南陽王に封じられた。12月、司馬越は朝政の混乱を鎮める為、詔書を用いて司馬顒を司徒に任じ、洛陽へ招聘した。司馬顒はこれを受けて洛陽に向かったが、司馬模はこれを認めず、密かに配下の梁臣を派遣し、河南郡新安県の雍谷の車上にて司馬顒を絞殺した。司馬顒の三子もまた殺された。

307年3月、司馬模は征西大将軍・都督秦雍梁益諸軍事に任じられ、開府を許された。これにより長安に入り、河間王司馬顒の代わりに関中を鎮守した。

308年2月、涼州刺史張軌中風を患い会話が不自由となり、息子の張茂が州事を代行するようになった。隴西内史張越は兄の酒泉郡太守張鎮と西平郡太守曹袪と共に涼州を奪い取ろうと目論み、長安へ使者を送って司馬模へ「張軌は疾病により政務が出来なくなりました。秦州刺史賈龕を涼州に派遣していただきたますよう」と伝えた。これにより賈龕が涼州刺史に任じられたが、賈龕は応じなかったために取りやめとなった。張鎮と曹袪は朝廷に上書して改めて新しい涼州刺史を派遣するよう要請すると、朝廷は侍中袁瑜を涼州刺史に任じた。これを聞いた治中楊澹は馬を駆けて長安へ至り、自分の耳を切り落とし皿の上に置いて、張軌が貶められていると司馬模へ訴えた。司馬模はこれを受けて、上表してこの人事を止めさせるよう朝廷へ求めた。懐帝は司馬模の上書に同意し、曹袪を処刑するよう命じた。これを受け、張軌は子の張寔に歩騎三万を与えて曹袪を討ち、さらに張越を敗走させた。これにより涼州は安定した。

309年7月平陽人の劉芒蕩漢王朝の末裔を称し、胡族と結託して馬蘭山で挙兵した。支胡五斗叟・郝索らが数千の兵を率いてこれに呼応し、新豊で劉芒蕩と合流した。9月、南陽王司馬模は乱鎮圧の為に配下の淳于定を派遣した。淳于定は劉芒蕩らを撃破し、尽く誅殺した。

当時、関中は戦乱と飢饉により荒廃し、百姓は互いに食い合うほどであり、さらに疾病が蔓延して盜賊が跋扈するようになっていた。司馬模の力量ではこれを抑える事が出来なかったので、銅人や鐘・鼎を鋳造して炊事道具を作り、これを食糧と換えようと考えたが、論者はこのようなやり方に反対していた。

司馬越は司馬模には関中の混乱を抑える能力が無いと考え、洛陽に招いて司空に任じようと思い、中書監傅祗を派遣して関中の鎮守を交替させた。だが、謀臣淳于定は司馬模へ「関中は天府の国であり、霸王の地でもあります。今、綏撫出来ない事を理由に帰還したならば、声望を損なう事になります。又、公の兄弟は大事を起こすことを唱えており、並んで朝廷に在るのですぞ。もし強ければ專権の罪を有し、弱ければ人に制されるのです。これは公にとっての利とはいえないでしょう」と進言すると、司馬模はこれに同意して長安に留まった。

司馬模は世子の司馬保を平西中郎将、東羌校尉に推挙し、上邽(甘粛省天水市)駐軍させた。だが、秦州刺史裴苞は司馬保を拒んだので、司馬模は帳下都尉陳安に裴苞を攻めさせた。裴苞は敗れて安定に逃走し、安定郡太守賈疋を頼った。賈疋が裴苞を受け入れると、司馬模は軍司謝班を派遣して賈疋を攻撃した。その為、賈疋は盧水へ逃走した。

311年5月、司馬模は太尉大都督に昇進した。

6月、漢軍の攻勢により洛陽は陥落し、懐帝は捕らわれた(永嘉の乱)。7月、蒲坂を鎮守していた牙門将趙染馮翊太守の地位を望んだが、司馬模はこれを拒否した。趙染はこれに怒り、配下の兵を引き連れて劉聡に帰順した。8月、劉聡は平西将軍趙染と安西将軍劉雅に騎兵2万を与え、司馬模のいる長安を攻撃させた。さらに、撫軍大将軍劉粲・龍驤大将軍劉曜が大軍を率いて後詰めとなった。司馬模は将軍呂毅に兵を与えて迎撃させたが、呂毅は潼関で趙染に敗れて戦死した。さらに漢軍は下邽に進軍し、涼州の将軍北宮純は長安から部下を率いて降伏してしまった。漢軍は勢いのままに長安を包囲し、司馬模は淳于定に出撃させたが撃退された。士卒は離散して食糧も枯渇してしまうになり、軍祭酒韋輔は「事は急を要します。一刻も早く降伏し、禍を免れるべきです」と進言したので、司馬模はこれに従って趙染に降った。趙染は箕踞して袖を捲り上げながら司馬模の罪を数え上げると、劉粲のもとへ送還した。9月、劉粲は司馬模と子の范陽王司馬黎を殺害した。司馬模の妃である劉夫人は胡人の張本に妻として賜給された。子の司馬保は南陽王の爵位を継いで漢に対抗した。

参考文献[編集]