王桑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 桑(おう そう、? - 312年)は、中国西晋から五胡十六国時代の人物。漢(後の前趙)の大将軍王弥の父方の従弟に当たる。東莱郡の人。

生涯[編集]

306年、妖賊の劉柏根が東莱郡惤県で挙兵すると、惤公と自称した。王桑は伯父の王弥と共に下僕を引き連れて劉柏根に従い、中郎将に任じられた。

劉柏根が西晋の安北将軍王浚に敗れて戦死すると、その勢力は王弥が引き継いだ。

308年5月、王弥軍が洛陽攻略に失敗すると、王桑は王弥と共に軹関から平陽へと向かい、漢(前趙)に帰順した。劉淵は侍中兼御史大夫を派遣してこれを迎え入れ、王桑は散騎常侍に任じられた。その後、平北将軍に任じられた。

309年12月、曲陽王劉賢・征北大将軍劉霊・安北将軍趙固と共に内黄へ進み、ここに駐屯した。やがて平北大将軍に昇進した。

310年7月、車騎将軍劉聡・龍驤大将軍劉曜・平東大将軍石勒・安北大将軍趙固らと共に河内を包囲した。西晋朝廷は救援軍を派遣したが、王桑は石勒と長陵に進んで征虜将軍宋抽・冠軍将軍梁巨を撃破して殺害した。河内の住民は河内郡太守裴整を捕らえて降伏した。

311年4月、趙固と共に彭城を攻め、これを降して西晋の徐州刺史裴盾を討ち取った。

312年4月、王弥が石勒に滅ぼされると、王桑と趙固は石勒の襲撃を恐れ、兵を率いて平陽に帰ろうと考えた。だが、軍中では糧食が欠乏し、士卒は互いに食い合うまでに至ったので、ひとまず碻磝津を渡って西に進むと、河北の郡県を略奪して回った。西晋并州刺史劉琨は兄の子の劉演魏郡太守に任じてを守らせ、王桑らを阻ませた。彼らは劉演の襲撃を恐れ、王桑の長史臨深を人質として晋陽に送り、劉琨へ帰順を願い出た。劉琨はこれを受け入れ、王桑は豫州刺史に任じられた。

6月、王桑らは再び漢に帰順しようと思い、漢帝劉聡に救援を依頼した。劉聡はこれに応じて鎮遠将軍梁伏疵を派遣したが、漢軍が到着する前に王桑の長史臨深と将軍牟穆が反旗を翻し、兵1万を率いて西晋の魏郡太守劉演に投降してしまった。王桑は漢に帰順するのを止め、兵を率いて東の青州に逃走したが、趙固は兵を派遣してこれを追撃し、王桑は曲梁で討ち取られた。王桑の残兵は張鳳に率いられて劉演に投降した。

参考文献[編集]