伊豆半島ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊豆半島ジオパーク(いずはんとうジオパーク、: Izu Peninsula Geopark)とは、静岡県伊豆半島における大地(ジオ)が育んだ貴重な資産を多数備えた地域が、それらの保全と活用によって経済・文化活動を高め、結果として地域振興につなげていく仕組みである[1]。メインテーマは「南から来た火山の贈りもの」で、これは伊豆半島がフィリピン海プレートに載って南から来た火山島であったことに由来する。

2011年3月28日に静岡県伊豆地域13の基礎自治体と県、各種団体、企業、大学などが協力して、伊豆半島ジオパーク推進協議会を設立[2]2012年9月24日に日本ジオパークネットワークへの加盟が認められた[2]2018年4月17日国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)から国内9地域目の世界ジオパークに認定された[3][4]

沿革[編集]

  • 2009年秋 - 伊豆半島ジオパーク構想の検討会議が発足[5]
  • 2010年2月 - 伊豆半島6市6町首長会議が伊豆半島ジオパーク構想の推進に合意[5]
  • 2010年7月 - 伊豆半島ジオパーク構想シンポジウムが伊東市で開催[5]
  • 2010年8月 - 大室山が天然記念物指定を受ける[5]
  • 2010年9月 - 伊豆半島各地でジオパーク構想地域研究会が始まる[5]
  • 2011年3月28日 - 伊豆半島ジオパーク推進協議会を設立[2]
  • 2012年9月24日 - 日本ジオパークに認定される[2]
  • 2012年11月2日 - 日本ジオパークの認定証が交付される[6]
  • 2013年12月16日 - 申請していたエリア拡大が、日本ジオパーク委員会に認められ、長泉町清水町が加わる[7]
  • 2016年2月29日 - 事務局が「伊東市役所内」から伊豆市「修善寺総合会館内」へ移転[8]
  • 2016年4月2日 - 伊豆市の修善寺総合会館内に伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」が開館[9]
  • 2016年7月 ユネスコに申請の意思表示
  • 2016年11月 - ユネスコに申請書を提出[4]
  • 2017年7月 - ユネスコ派遣の現地審査員2名による現地審査[4]
  • 2017年9月 - ユネスコ世界ジオパーク・カウンシルにおける審議[4]
  • 2018年4月17日 - 第204回ユネスコ執行委員会において、国内9地域目の世界ジオパークに認定が決定される[4][3]

主なジオサイト[編集]

ジオサイトとはジオパークの個々の指定地、みどころのこと。伊豆半島の大地を造り上げた数々の大型火山や、伊豆東部火山群に由来したものが多く指定されている。以下は伊豆半島ジオパーク推進協議会の公式サイトで解説されているものの一部である。

なお、ジオサイトは自然の姿が保たれていることが重要視されるため、万城の滝など、本来はジオサイトにふさわしいものであっても、安易な整備が施されてしまったため、候補地とならなかったものもある[10]

北伊豆エリア[編集]

熱海エリア[編集]

函南エリア[編集]

大瀬崎・戸田エリア[編集]

中伊豆北エリア[編集]

中伊豆南エリア[編集]

伊東エリア[編集]

河津・東伊豆エリア[編集]

  • 河津・七滝ジオサイト
  • 稲取ジオサイト
    • 稲取火山列
  • 熱川・北川ジオサイト
    • 穴切海岸の天城山の厚い溶岩流や海食洞
  • 鉢ノ山ジオサイト
  • 細野高原ジオサイト
    • 細野高原

下田エリア[編集]

南伊豆エリア[編集]

  • 石廊崎・池の原ジオサイト
  • 奥石廊崎ジオサイト
  • 妻良・子浦ジオサイト
    • 子浦三十三観音と地層

西伊豆エリア[編集]

ミュージアムとビジターセンター[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 伊豆半島ジオパークミュージアム
伊豆半島ジオパークの位置(日本内)
伊豆半島ジオパーク
日本内の位置
伊豆半島ジオパークの位置(関東地方内)
伊豆半島ジオパーク
日本内の位置
伊豆半島ジオパークの位置(静岡県内)
伊豆半島ジオパーク
日本内の位置
施設情報
愛称 ジオリア[9]
専門分野 地球科学
事業主体 伊豆半島ジオパーク推進協議会
開館 2016年4月2日
所在地 422-8017
日本の旗 日本静岡県伊豆市修善寺838-1 修善寺総合会館内
位置 北緯34度58分21.7秒 東経138度55分59.9秒 / 北緯34.972694度 東経138.933306度 / 34.972694; 138.933306
公式サイト
プロジェクト:GLAM
  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア(修善寺総合会館内/伊豆市)[9]
  • 三島ジオパークビジターセンター(三島市総合観光案内所内/三島市[11]
  • 松崎ジオパークビジターセンター(明治商家 中瀬邸内/賀茂郡松崎町[11]
  • 天城ジオパークビジターセンター(道の駅天城越え・昭和の森会館内/伊豆市[11]
  • 南伊豆町ジオパークビジターセンター(あいあい岬売店内/賀茂郡南伊豆町[11]
  • 東伊豆ジオパークビジターセンター(熱川温泉観光協会内/賀茂郡東伊豆町[11]
  • 下田ジオパークビジターセンター(道の駅「下田開国みなと」内/下田市[11]
  • 河津七滝ジオパークビジターセンター(河津七滝観光センター内/賀茂郡河津町[11]
  • 伊東ジオパークビジターセンター(ジオテラス伊東 伊豆急行伊豆高原駅」構内/伊東市[11]
  • 沼津ジオパークビジターセンター(道の駅「くるら戸田」内/沼津市戸田[11]
  • 伊豆の国ジオパークビジターセンター(道の駅「伊豆のへそ」内/伊豆の国市※一時閉鎖中[11]
  • 長泉ジオパークビジターセンター(長泉町生涯学習支援施設「コミュニティながいずみ」内/駿東郡長泉町[12]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 出典 : 静岡県 伊豆半島ジオパーク構想指針書 指針書【第5章~第12章】 (PDF)
  2. ^ a b c d 出典 : 伊豆半島ジオパーク公式サイト
  3. ^ a b “伊豆半島をジオパークに認定 ユネスコ、国内9地域目”. 日本経済新聞. (2018年4月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29491060X10C18A4CR8000/ 2018年4月17日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “「伊豆半島」のユネスコ世界ジオパーク新規認定について” (PDF). 日本ジオパークネットワーク. (2018年4月17日). http://www.geopark.jp/jgn/news/2018/pdf/20180417_01.pdf 2018年4月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 出典 : 指針書【第1章~第4章】 (PDF)
  6. ^ 出典 : 伊豆半島に日本ジオパーク認定証 高知で全国大会(2012/11/ 3 07:50) - @S(静岡新聞 SBS)、2012年11月6日閲覧[リンク切れ]
  7. ^ 日本ジオパーク委員会2013年12月16日プレスリリース  - 日本ジオパークネットワーク
  8. ^ 出典 : 伊豆半島ジオパーク公式サイト、2016年4月閲覧
  9. ^ a b c 情報発信拠点“ジオリア”が開館 伊豆ジオパーク”. 静岡新聞 (2016年4月3日08:20). 2016年4月3日閲覧。
  10. ^ 出典 : 静岡大学防災総合センター 静岡大学教育学部総合科学教室 小山真人研究室伊豆ジオパークの目標(10)ジオパークの保全 伊豆新聞連載記事(2011年5月22日)
  11. ^ a b c d e f g h i j ビジターセンター・関連施設 一覧”. 伊豆半島ジオパーク推進協議会. 2016年4月3日閲覧。
  12. ^ ジオパーク 模型や展示で 長泉にビジターセンター”. 静岡新聞 (2016年4月2日08:54). 2016年4月3日閲覧。
[ヘルプ]

関連書籍[編集]

  • 『伊豆半島ジオパーク公式ガイドブック
    南から来た火山の贈り物 冒険半島伊豆へようこそ』 静岡新聞社、2013年、128頁、ISBN 978-4783819448
  • 『伊豆半島ジオパークトレッキングガイド』 静岡新聞社、2015年、ISBN 978-4783819608
  • 小山真人 『伊豆の大地の物語』 静岡新聞社、2010年、303頁、ISBN 978-4783805496
  • 小山真人 『火山がつくった伊東の風景』 静岡新聞社、2009年、ISBN 978-4783897460
  • 小山真人 『火山がつくった天城の風景』 静岡新聞社、2010年、ISBN 978-4783897972
  • 小山真人 『火山がつくった西伊豆の風景』 静岡新聞社、2012年、ISBN 978-4783898269
  • 小山真人 『火山がつくった中伊豆の風景』 静岡新聞社、2013年、ISBN 978-4-7838-9851-1

関連項目[編集]

  • 小山真人 - 火山学者で伊豆半島ジオパークの最高顧問

外部リンク[編集]