恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
滝波川支流杉山川恐竜化石等発掘現場

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク(きょうりゅうけいこくふくいかつやまジオパーク)は、福井県勝山市内全域をエリアとするジオパークである。 一部は白山ユネスコエコパーク(白山BR)のエリアと重複しており、白山国立公園および奥越高原県立自然公園を含む。

概要[編集]

同ジオパークでは、滝波川の支流である杉山川沿いに白亜紀前期の地層「手取層群」が各所に露出しており、1989年から、福井県立恐竜博物館による恐竜化石発掘調査が継続して行われている。これまでに、北谷町杉山にある露頭からは、価値ある多くの新種の恐竜化石などが発見されている。同ジオパークは、「恐竜はどこにいたのか?大地が動き、大陸から勝山へ」をメインテーマに掲げ、「恐竜・恐竜化石」、法恩寺山および経ヶ岳の「火山と火山活動」、九頭竜川などの河川による「九頭竜川などの河川のはたらきとその地形」の3つの小テーマ(ジオストーリー)が設定されている。2009年10月に日本ジオパークネットワークへの正会員としての加盟が許された(日本ジオパーク認定)。また、恐竜化石発掘地の露頭は「日本の地質百選選定委員会」が選ぶ日本の地質百選に「ふくい恐竜渓谷」として選定されている[1]。  

恐竜・恐竜化石[編集]

火山と火山活動[編集]

九頭竜川などの河川のはたらきとその地形[編集]

温泉[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]