霧島ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

霧島ジオパーク(きりしまジオパーク)は、宮崎県都城市小林市えびの市高原町)と鹿児島県霧島市曽於市湧水町)にまたがる霧島山周辺地域のジオパークである。2010年9月に日本ジオパークネットワークへの加盟が認定された。

概要[編集]

霧島山は、加久藤カルデラの南縁の20km×10kmの楕円形の範囲に、20あまりの火山と火口湖が集まっている[1]。 これら火山や火口湖の形態、そして植生が多様であり、また歴史・神話も豊かな地域である[1]

沿革[編集]

主なジオサイト[編集]

日本ジオパークネットワークのウェブサイトでは、下記が「主な見どころ・おすすめジオサイト」とされている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本ジオパークネットワーク. “宮崎県、鹿児島県 霧島ジオパーク”. 2017年2月19日閲覧。
  2. ^ 宮崎日日新聞 (2014年12月23日). “霧島ジオパーク再認定 日本委員会、諸課題取り組み確認” (日本語). 2017年2月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]