ワールドオールスタージョッキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ワールドオールスタージョッキーズは、日本中央競馬会(JRA)が2015年から札幌競馬場で開催している、中央競馬の国際騎手招待競走である。

概要[編集]

2014年まで秋季に行われていた「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」を名称変更[1]したもので、中央競馬所属騎手・地方競馬代表騎手・外国からの招待騎手が集い、4競走のポイント制で行われる。

従来の「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」は例年11月 - 12月に行われていたが、本シリーズは夏季競馬での開催となる。2014年11月21日付のスポニチアネックスによれば、夏季へ移行する理由として以下の点を挙げている[2]

  1. 秋 - 冬は短期免許で騎乗する外国人騎手が多く来日しており、既に国際色が強い
  2. 上記の短期免許で騎乗する外国人騎手が、ワールドスーパージョッキーズシリーズの選出騎手とも重複する
  3. 東京開催の場合は同時期に国際招待競走の「ジャパンカップ」も施行されており、ワールドスーパージョッキーズシリーズの注目度が相対的に低下する

JRAは2015年4月に平成27年度の夏季競馬番組を発表し、「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」を「ワールドオールスタージョッキーズ」に改めて夏季の札幌競馬で施行することを発表した[3][1]。前述のスポニチアネックス(2014年11月21日付)では、ワールドスーパージョッキーズシリーズのマンネリ打破に加え、夏の札幌競馬で開催することで夏季競馬を盛り上げる試みとしている[2]

対象競走[編集]

以下の内容は、2015年の実施要綱[4]に基づく。2016年も、2015年同様の内容で開催され[5]、正式なレース名は「○○ワールドオールスタージョッキーズ第△戦」(○○は西暦、△はレースの順番の数字が入る)となる(例:2015ワールドオールスタージョッキーズ第1戦)。

競走名 施行日 競走番号 競走条件 施行距離
ワールドオールスタージョッキーズ第1戦 第2回札幌競馬第3日[6] 第9競走 3歳以上500万下 芝2600m
ワールドオールスタージョッキーズ第2戦 第11競走 3歳以上1600万下 芝2000m
ワールドオールスタージョッキーズ第3戦 第2回札幌競馬第4日[6] 第10競走 3歳以上1000万下 芝1200m
ワールドオールスタージョッキーズ第4戦 第12競走 3歳以上1000万下 芝1800m

出場騎手の選定方法[編集]

出場騎手選定方法は以下の通り[5]

出馬投票締切後に騎乗予定騎手が騎乗できなくなった場合は、対象となるすべての競走に騎乗できる勝利度数上位のJRA所属騎手を補欠騎手として充当する[4]

JRA所属騎手[編集]

以下の順位により、7名を選出[4]。順位1で選出された騎手を除く選出数は東西同数とし、「勝利度数」は開催年の概ね1月 - 7月(第2回福島競馬第8日・第3回中京競馬第8日・第2回函館競馬第6日)までに行われた中央競馬の競走・地方競馬の指定交流競走・JRA理事長が指定した外国の競走における1着回数としている[4]。なお、勝利度数が同数の場合は2着以下の回数を比較して上位の着順が多い騎手を勝利度数上位とみなして取り扱う[4]

  • 順位1:開催年の東京優駿(日本ダービー)優勝騎手(JRA所属騎手に限る)[4]
  • 順位2:前年のJRA賞におけるMVJ受賞騎手(順位1と重複する場合は該当者なし)[4]
  • 順位3:勝利度数が上位の騎手(関東・関西から各1名。順位1・順位2で選出された騎手を除く)[4]
  • 順位4:その他の騎手は、以下により選出
    • JRAの選考委員会で顕著な活躍を認められた騎手[4]
    • 前項までで選出数が定数に満たない場合は、勝利度数が上位の騎手[4]

選出されたJRA所属騎手が騎乗馬決定後に騎乗できなくなった場合は、勝利度数上位のJRA所属騎手を補欠騎手として充当する[4]

外国騎手・地方競馬代表騎手[編集]

  • 外国騎手:アメリカ・ヨーロッパ・オセアニア・アジア地区から7名を選出[4][5]
    2015年(平成27年)は6名であったが、2016年(平成28年)より1名増え7名となっている。
  • 地方競馬代表騎手:地方競馬全国協会から代表騎手と補欠騎手各1名の推薦を受け、JRAが決定する[4][5]
    地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップを、予選会として開催し、総合優勝騎手を地方競馬代表候補騎手として推薦し、準優勝騎手を地方競馬代表補欠候補騎手として推薦する。
    2015年(平成27年)は代表騎手と補欠騎手各2名(代表騎手・補欠騎手とも1名は北海道所属騎手)としていた。2016年(平成28年)より1名減り1名となっており、北海道所属騎手1名の枠が廃止された。

選出された外国騎手・地方競馬代表騎手が概ね開催1週間前以降に騎乗できなくなった場合は、勝利度数上位のJRA所属騎手を補欠騎手として充当する[4][5]

出走馬・騎乗馬の選定[編集]

出走馬は第1回特別登録を行った馬から、該当する競走条件が上位の馬14頭以内を選定[4]。同一順位の馬が多数いる場合は抽選により選定し、抽選に漏れた馬を補欠馬とする(補欠順位は上記の選定方法に準じる)[4]。出走馬の選定後、出馬投票の締切までに疾病等で出走できなくなった馬がある場合は、補欠順位が上位の馬から選定馬として補充する[4]

騎乗馬は各競走の選定馬を近走成績等でグループ分けしたうえで抽選を行い、決定する[4]。ただし、補欠騎手以外の騎手の人数が出走予定馬の頭数に満たない場合は、補欠騎手のうち勝利度数が下位の騎手から騎乗できない騎手とする[4]

ポイント付与・騎手表彰[編集]

各競走ごとに、着順に応じた下表のポイントを与える[4]。なお、出走馬不足・出走取消・競走除外等騎手本人の責によらず騎乗できなかった場合は、6点(2015年(平成27年)は、5点)を付与[4][5]。また、競走中止の場合は最下位と同得点を与える[4]

下記は2015年(平成27年)の点数である[4]

1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 10着 11着以下
20点 15点 13点 11点 10点 6点 5点 4点 3点 2点 1点

下記は2016年(平成28年)の点数である[5]

1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 10着以下
30点 20点 15点 12点 10点 8点 6点 4点 2点 1点

以下の場合は、点数を与えない。

  • 騎手本人の責により騎乗できなかった場合[4]
  • 騎手が騎乗停止以上の処分を受けたとき[4]
  • 失格となった場合[4]

個人のポイントを比較し、上位となった騎手には以下の賞金・賞品が与えられる。

  • 総合優勝 - 300万円、およびトロフィー(30万円相当)[4][5]
  • 2位 - 200万円[4]
  • 3位 - 100万円[4]

外国騎手・地方競馬代表騎手とJRA所属騎手の2チームによる対抗戦も併行して行われ、合計得点の多いチームに賞品(1名あたり20万円相当)を与える[4][5]

歴代優勝者[編集]

個人戦
回数 施行日 競馬場 総合優勝騎手 所属
第1回[7] 2015年8月29日・30日 札幌 ジョアン・モレイラ 香港
第2回[8] 2016年8月27日・28日 札幌 ミルコ・デムーロ JRA
第3回 2017年8月26日・27日 札幌 ユーリコ・ダシルヴァ カナダ
団体戦
回数 施行日 競馬場 団体戦優勝チーム
(そのメンバー)
総合得点 団体戦敗戦チーム
(そのメンバー)
第1回[7] 2015年8月29日・30日 札幌 JRA選抜
戸崎圭太[注 1]横山典弘[注 2]柴山雄一ミルコ・デムーロ[注 3]福永祐一岩田康誠武豊
187 - 185 WAS選抜
岩橋勇二北海道[注 4]藤田弘治金沢[注 5]ラッセル・ベイズ(米)、ティエリ・ジャルネ(仏)、ヘイリー・ターナー(英)、クレイグ・ウィリアムズ(豪)、ジョアン・モレイラ(香))
第2回[8] 2016年8月27日・28日 札幌 JRA選抜
(戸崎圭太[注 1]内田博幸蛯名正義川田将雅[注 3]クリストフ・ルメール、武豊[注 6]、ミルコ・デムーロ)
245 - 208 WAS選抜
永森大智高知[注 5]クリスチャン・デムーロ(仏)、岩田康誠(JRA)[注 7]、ジョアン・モレイラ(香)、ジェイムズ・スペンサー(英)、クレイグ・ウィリアムズ(豪)、エマジェーン・ウィルソン(加))
第3回 2017年8月26日・27日 札幌 JRA選抜
(戸崎圭太、内田博幸、田辺裕信福永祐一、クリストフ・ルメール、武豊、ミルコ・デムーロ)
238 - 210 WAS選抜
中野省吾船橋)、アントニー・クラストゥス(仏)、ケイトリン・マリヨン(豪)、ジョアン・モレイラ(香)、トム・クウィリー(英)、ケリン・マカヴォイ(豪)、ユーリコ・ダシルヴァ(加))

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 前年度JRA賞「MVJ」(年間総合勝利数1位騎手)受賞により出場権取得
  2. ^ 本来は蛯名正義が出場権を得ていたが、8月29日の騎乗時の負傷により欠場となったため、当日札幌競馬場で騎乗していた中で勝利度数上位であった横山典弘が代替出場した
  3. ^ a b 本年度東京優駿(日本ダービー)優勝騎手として出場権取得
  4. ^ 開催地代表として、2014年4月-2015年5月のホッカイドウ競馬の騎手成績累計の第1位騎手として出場権取得
  5. ^ a b 本年度スーパージョッキーズトライアル総合優勝騎手として出場権取得
  6. ^ JRAの選考委員会で顕著な活躍を認められた騎手(デビュー以来30年連続JRA重賞勝利および前人未到のJRA通算3,800勝達成)として出場権取得
  7. ^ 本来はビクター・エスピノーザ(米)が来日予定だったが、8月23日の渡航時に渡航に必要な書類を紛失し来日不可能になったため、まずは福永祐一が代替出場予定だった。しかし、福永も新潟競馬場新潟2歳ステークス)での騎乗が決まっていたため、両日とも札幌競馬場で騎乗かつ勝利度数上位の岩田康誠が代替出場した。JRA所属騎手がWAS選抜として出場したのは岩田が初。

出典[編集]

  1. ^ a b 国際騎手招待レース「WSJS」が名称変更 8・29、30札幌で開催 - スポニチアネックス、2015年4月13日閲覧
  2. ^ a b 「WSJS」来年札幌で開催 「冬の風物詩」が「夏競馬の目玉」に - スポーツニッポン、2014年11月21日閲覧
  3. ^ “札幌競馬場で「2015ワールドオールスタージョッキーズ」を開催!” (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2015年4月12日), オリジナル2015年4月12日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150412081856/http://www.jra.go.jp/news/201504/041204.html 2015年4月12日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 2015ワールドオールスタージョッキーズについて (PDF) - 日本中央競馬会、2015年4月13日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i 2016ワールドオールスタージョッキーズについて (PDF) - 日本中央競馬会、2016年4月10日閲覧
  6. ^ a b 平成27年第2回札幌競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2015年4月13日閲覧
  7. ^ a b 2015年ワールドオールスタージョッキーズ結果 - 日本中央競馬会、2015年8月31日閲覧
  8. ^ a b 2016年ワールドオールスタージョッキーズ結果 - 日本中央競馬会、2016年8月28日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]