ヨーゼフ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨーゼフ2世
Joseph II
神聖ローマ皇帝
Georg Decker Joseph II.jpg
在位 1765年 - 1790年
戴冠 1765年4月2日
別号 オーストリア大公
ハンガリー王
ボヘミア王
クロアチア・スロベニア王
イタリア王
全名 ヨーゼフ・ベネディクト・アウグスト・ヨハン・アントン・ミヒャエル・アダム
出生 1741年3月13日
ウィーン
死去 1790年2月20日
ウィーン
配偶者 マリア・イザベラ・フォン・ブルボン=パルマ
  マリア・ヨーゼファ・フォン・バイエルン
王家 ハプスブルク=ロートリンゲン家
王朝 ハプスブルク=ロートリンゲン朝
父親 フランツ1世
母親 マリア・テレジア
テンプレートを表示

ヨーゼフ2世Joseph II, 1741年3月13日 - 1790年2月20日)は、神聖ローマ皇帝(在位:1765年 - 1790年)、オーストリア大公ハンガリー王ボヘミア王。全名はヨーゼフ・ベネディクト・アウグスト・ヨハン・アントン・ミヒャエル・アダム・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲンJoseph Benedikt August Johann Anton Michael Adam von Habsburg-Lothringen)。神聖ローマ皇帝フランツ1世マリア・テレジアの長男。マリー・アントワネットの兄にあたる。

父フランツ1世の死後、母マリア・テレジアとともに共同統治を行う。啓蒙思想の影響を受けながら絶対主義の君主であろうともした啓蒙専制君主の代表的人物であった。その急進的改革ゆえ「民衆王」「皇帝革命家」「人民皇帝」などのあだ名がある。

生涯[編集]

軍服姿のヨーゼフ2世。

オーストリア継承戦争時に長男として生まれたため、母マリア・テレジアから非常に愛される(ヨーゼフの前には3人女児が続いていた)。

1760年、同い年のパルマ公女(パルマ公フィリッポの娘)マリア・イサベラと結婚し、優美な彼女を熱愛するが、1763年にイサベラは天然痘に罹病し、第2子を早産(生後2時間で死亡)した末にあえなく世を去る。絶望したヨーゼフは彼女の面影を求め、イサベラの妹マリーア・ルイーザとの結婚を熱望する(ただし姉に似ず不美人だった)が、バイエルン選帝侯で皇帝でもあったカール7世の娘マリア・ヨーゼファと再婚した。しかしヨーゼファには見向きもせず、1767年にヨーゼファが死んだ後は独身を貫いた。また、かつて母の婚約者候補だったプロイセン王フリードリヒ2世を崇拝し、その啓蒙主義に傾倒して母を悲しませる。

1765年、父フランツ1世の死に伴い皇帝に選出された。母以上に徹底した改革を行おうとしたため、たびたび母との間で衝突が起こった[1]1772年、母マリア・テレジアの反対を押し切り、第1回ポーランド分割に加わる。

1780年、マリア・テレジアの死により単独統治を開始すると、翌1781年農奴解放令を発布した。これは領主貴族ではなく君主による農民の直接支配を図ったものであり、フランス革命前のヨーロッパで最も革命的な改革であった[2]。また、同年に宗教寛容令を発布して、ルター派カルヴァン派正教会の住民に公民権上の平等を認めた。さらに教会への給付金を縮小し[3]、教育や病人看護をしない多くの教団や修道院を解散させ[3]、その財産を国家が掌握することで財政を富ませた。また、行政と司法の改革をして貴族の特権を廃止して弱体化させた[2]。その他に、皇室の料地であったプラーター公園を一般市民に開放したり、小学校を多数建てたり[2]ウィーン総合病院を開設するなどの政策を行った。

このように、貴族勢力と教会の弱体化を図りつつ商工業を発達させ、富国強兵・王権強化を図ったが、その改革の多くは抵抗勢力に阻まれた。1790年フランス革命が激化する中で病で死去した。帝位は弟のレオポルト2世が継いだ。

人物[編集]

Joseph II is plowing.jpg Joseph2pflug 1799.jpg
みずから農耕に従事するヨーゼフ2世を描いたものが複数伝わっている。「人民皇帝」と呼ばれたヨーゼフ2世は、農民から大きな人気を獲得した。

改革の多くが挫折に終わったことから、母マリア・テレジアと比べてヨーゼフは否定的な評価を受けやすい。プロイセン王フリードリヒ2世に「第一歩より先に第二歩を踏み出す」と揶揄され[1]、またヨーゼフ自ら選んだ墓碑銘は「よき意志を持ちながら、何事も果たさざる人ここに眠る」という皮肉なものである。しかしヨーゼフの提示した改革理念は、いわゆる「ヨーゼフ主義思想」として、その後のオーストリアにおける改革運動に影響を与えた。

文化政策[編集]

ヨーゼフ2世は文化の発展にも意を用い、特にイタリア人が占めていた音楽の分野では、ドイツ音楽を意識してモーツァルトを宮廷音楽家として雇っていたことでも知られる。映画『アマデウス』にも、モーツァルトの才能を認め、あるいは対立する姿が描かれている。しかし、かつて強引に謁見したレオポルトに反感を抱いていた母マリア・テレジアと宮廷から嫌われたことから、モーツァルトに与えられたのは冬の間舞踏会用の音楽を作曲する仕事のみで、しかも俸給は前任者の半額以下の800フローリンにすぎなかった。さらに、ヨーゼフが参戦した墺土戦争の影響でウィーンの景気が冷え込んだことがモーツァルトの経済状態を悪化させ、命を縮める要因となった。また、モーツァルトの葬儀が簡素に行われ、結果モーツァルトの遺体の所在が不明となったのはヨーゼフの葬儀簡素令のためである。このように、モーツァルトの生涯に明に暗に影響を与えたといえよう。

音楽だけでなく、何事に対してもドイツ的なものを強調する傾向にあった。ドイツ語を国語に定めようとし[3]、大学の授業における言語をラテン語からドイツ語に改めさせた[2]。彼のドイツ主義はドイツの思想家たちに注目され、多くの国家主義運動家がウィーンに最大の望みをかけた[3]。詩人フリードリヒ・ゴットリープ・クロプシュトックはウィーンに国民的文化院の設立を計画したし、劇作家ゴットホルト・エフライム・レッシングもまた、ウィーンこそが「ドイツ人の国民劇場」を立てるのに最適な地であると考えた[3]。ウィーンの芸術をドイツ化するために、ドイツ演劇の劇場の設立を考えた[4]。ここでいうドイツ演劇とは純然たる演劇ではなく、ドイツ・オペラすなわちジングシュピールであった[4]。民衆劇としてはさまざまな点で程度が低かったが、これをイタリア・オペラに対応するものにまで程度を引き上げようとした[5]

なお、これらのドイツ主義的な文化政策にも関わらず、ヨーゼフ2世自身はイタリア趣味の人間だった[6]。これらの文化政策は、ドイツ民族主義の高揚に応えたものという面もあるが、当時のフランス語イタリア語による格調高い劇はほとんど貴族のためのものであり、採算が合わなくなってきていたことも大きな理由のひとつである[7]。劇には言葉の普及や教育の効果もあったので、ドイツ語で行ったほうが市民も理解できて教育にもよく、入場者も増加するだろうと考えてのことであった[7]

家族[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 渡辺(1997) p.94
  2. ^ a b c d 倉田(2006) p.94
  3. ^ a b c d e 渡辺(1997) p.95
  4. ^ a b 渡辺(1997) p.96
  5. ^ 渡辺(1997) p.97
  6. ^ 渡辺(1997) p.101
  7. ^ a b 倉田(2006) p.95
先代:
マリア・テレジア
オーストリア大公
ハンガリー王
ボヘミア王
1780年 - 1790年
次代:
レオポルト2世
先代:
フランツ1世
テシェン(チェシン)公
1765年 - 1766年
次代:
マリア・クリスティーナ
アルベルト・カジミール