ミスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミスター(Mister、Mr. または Mr)は、英語における敬称の一つで、男性のラストネーム(姓)またはフルネームに対して使用される。イギリスと多くのイギリス連邦諸国では、通常ピリオドはつけない。アメリカ合衆国カナダでは、通常ピリオドをつける[1]

歴史[編集]

女性に対する敬称ミセス(Mrs)、ミス英語版(Miss)、ミズ(Ms)が全てミストレスから派生したのと同様、ミスターはマスター(master)から派生したものである。マスターは今でも少年や青年男性に対して使われることもあるが、その使用は珍しくなっている。

現代の複数形はMistersだが、その通常の正式な略語Messrs[note 1]は、18世紀のフランスの称号messieursに由来する[2][5]messieursmonsieurムッシュ)の複数形で、monsieurmon sieur(英語の"my lord"、「私の領主」の意)から派生したものであり、その構成部分の両方を別々に曲用することによって形成された[5]

歴史的に、「ミスター」はサー(Sir)や"my lord"のように、イギリスの封建制度の中で自分の地位よりも上の地位の人に対してのみ使用されていた。次第に、平等な立場にある人に対する尊敬の印として、高い身分を持たない全ての男性に対する敬意の印として徐々に拡大されていった。

何世紀にもわたって、「ミスター」は会話時に混乱するかもしれない家族のメンバーを区別する場合にファーストネームをつけて使われた。Mr Doe(ミスター・ドウ)とラストネームのみをつけた場合はドウ家の年長者を指し、その弟やいとこなどはMr Richard DoeMr William Doeのように言った。このような用法は、家族経営のビジネスで、また家庭内労働者が同じ姓の成人男性の家族を呼ぶ場合に、"Mr Robert and Mr Richard will be out this evening, but Mr Edward is dining in."(ミスター・ロバートとミスター・リチャードは今晩外出するが、ミスター・エドワードは家で食事する)のような言い方で長く残った。他に、親密さや尊敬を示すための同様の用法が、米国南部などのほとんどの英語の文化で共通している。

職業的な称号[編集]

ミスターは特定の称号につけて使われることがある。Mr President(大統領殿)、Mr Speaker(発言者殿)、Mr Justice(裁判官殿)、Mr Dean(司祭殿)などで、日本語で役職名などに殿をつけるのと同様の用法である。この場合の女性に対してつける敬称はマダム(Madam)である。ここで挙げたもの(Mr Justice以外)は、名前を使わずに呼びかける言葉として使われる。

さまざまな地域の特定の職業において、「ミスター」は特別な意味を持っている。以下はそのいくつかの例である。

医療[編集]

イギリスアイルランドおよび一部のイギリス連邦諸国(南アフリカニュージーランドオーストラリアの一部の州)では、多くの外科医ドクター(Dr)よりもミスター(女性の場合はミス、ミズ、ミセス)の称号を使用する。19世紀まで、外科手術は床屋外科医英語版の仕事であり、外科医の資格を取るのに医学の学位の取得は必要なかった。このような歴史的な経緯から、イギリスでは、外科手術の資格試験に合格したら、称号をドクターからミスターに戻すという習慣がある[6]

軍事[編集]

アメリカ軍では、准士官(warrant officer)と上級准士官(chief warrant officer)は、上級士官から「ミスター」と呼ばれる。アメリカ海軍アメリカ沿岸警備隊では、少佐(lieutenant commander)以下の士官をミスターと呼ぶことが適切であり、階級よりも「ミスター」を使用することで親しみやすさを暗示している。少佐以下の女性士官には、適宜、ミス、ミズ、ミセスと呼びかける。

イギリス軍では、准士官は他の階級や下士官からは「サー(Sir)」と呼ばれる。士官、特に下級士官は、准士官に対しては姓に「ミスター」をつけて「ミスター・スミス」などのように呼びかける。准大尉(subaltern)は、他の階級やより上級の指揮官によって、姓に「ミスター」をつけて呼ばれる。

裁判[編集]

イングランドとウェールズの裁判所では、高等裁判所の裁判官は、例えばMr Justice Crane(クレイン裁判官殿)のように呼ばれる(Lord Justice(控訴院裁判官)呼ばれる権利がある場合を除く)。曖昧さを避けるために名をつける必要がある場合は、常に使用される。例えば、Robert Goff裁判官を前任のGoff裁判官と区別する場合にはMr Justice Robert Goffのように言う。裁判官が女性の場合は、Madam Justice Hallettではなく、Mrs Justice Hallettのように言う。裁判官が2人以上いて、一人を具体的に指し示す必要があるとき、My Lord, Mr Justice Craneという。高等裁判所裁判官は、就任中は接頭辞The Honourableを付けてthe Honourable Mr Justice Robert Goffのように言うことができる。判例集などの書面では、"Mr Justice"や"Mrs Justice"という称号は、どちらも名前の後に"J"をつけた形に省略される。例えば、Crane JMr Justice Craneを省略したものである[7]。女性裁判官に対しても"My Lord"と呼ぶのは適切であるが、現代では"My Lady"も受け入れられている。

アメリカ合衆国最高裁判所長官は"Mr Chief Justice"や"Chief Justice"のように呼ばれる。例えば"Mr Chief Justice Roberts"や"Chief Justice Roberts"のようになる。

カトリックの聖職者[編集]

カトリックの聖職者の間で、「ミスター(Mr)」は神学校の生徒の正式な称号および呼びかけの言葉であり、かつては全ての世俗・教区の聖職者の正式な称号だった。教区聖職者のための称号"Father"の使用は1820年代ごろからの慣習である。

その他の用法[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Pronounced [ˈmɛsərz] in English,[2][3] and [mesjø] in French.[2] The French, however, do not abbreviate messieurs as Messrs but as MM. In India, one often finds messieurs abbreviated as M/S or M/s, especially as a prefix to the name of a firm.[4]

出典[編集]

  1. ^ Abbreviations : Capital Letters and Abbreviations”. www.sussex.ac.uk. 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c Oxford English Dictionary, 3rd ed. "Messrs., n." Oxford University Press (Oxford), 2001.
  3. ^ Merriam-Webster Online Dictionary. "Messrs." Merriam-Webster (Springfield, 2015.
  4. ^ Sengupta, Sailesh. Business and Managerial Communication, p. 278 (PHI Learning Pvt. Ltd., 2011).
  5. ^ a b Oxford English Dictionary, 3rd ed. "messieurs, n." Oxford University Press (Oxford), 2001.
  6. ^ Royal College of Surgeons of England. “Questions about surgeons”. 2012年4月6日閲覧。
  7. ^ Sutherland, Douglas (1978). The English Gentleman. Debrett's Peerage Ltd.. ISBN 0-905649-18-4.