Mx (敬称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Mxは、主にイギリスで使われる英語における敬称の一つで、相手の性別を特定しないものである。通常はミックス([mɪks] MIKS)やマックス([mʌks] MUKS)のように発音されるが、エムエックス([ɛmˈɛks] em-EKS)と発音されることもある[1][2][3]

1970年代後半に、Mr.Ms.のような一般的な性別敬称の代わりとして開発された。多くの場合、性別を明らかにしたり、性別によって言及されたりすることを避けたいジェンダークィアの人々によって使用される。これは、現在、イギリス政府やイギリスの多くの企業によって広く受け入れられている、性別に中立的な敬称英語版である。また、全ての主要な英語の辞書に収録されている。

語源[編集]

この言葉は、1970年代後半に最初に提案され、1985年から広範に使用されるようになった[4][5]。"x"はワイルドカード文字としての使用を意図したものであり、ジェンダーの"mix"(混合)を意味するものではない[6]

使用[編集]

2013年、イギリス・サセックスブライトン・アンド・ホヴ市議会はMxの使用を許可することを決議し[7]、2014年にロイヤルバンク・オブ・スコットランドが性別称号の選択肢にMxを含めた[8]

2015年には、ロイヤルメール、パスポートや運転免許証などの文書を担当する政府機関、ほとんどの大手銀行、その他いくつかの企業など、イギリスの機関に広く認知されるようになった[9]

この称号は、イギリスの労働年金省歳入関税庁英語版国民保健サービス、および多くの地方議会、大学、保険会社、小売業者によって承認されている。イギリスの庶民院(下院)は、国会議員がMxの称号を使用することを受け入れると2015年に確認した[10]

2015年、Mxはオックスフォード英語辞典に掲載された[11]。2016年、メトロ銀行英語版は銀行で初めてMxの称号を提供した[12]。2017年、HSBC銀行は、顧客の選択肢として、性別に依存しない他のいくつかの称号と共にMxを追加することを発表した[13]。発表した3月30日国際トランスジェンダー認知の日だった[14]

アメリカ合衆国では、Mxはまだ一般的ではないが、2016年4月にメリアム=ウェブスター英語版社のウェブスター辞典に掲載された[15][16]

脚注[編集]

  1. ^ Definition of Mx”. Oxford English Dictionaries. 2017年1月6日閲覧。
  2. ^ On the pronunciation of Mx”. Spacious Perspicacious (2014年11月27日). 2015年5月22日閲覧。
  3. ^ A survey on the prevalence and pronunciation of the title Mx”. Gender Census. 2019年2月5日閲覧。
  4. ^ Now pick Mr, Mrs, Miss, Ms . . . or Mx for no specific gender”. The Sunday Times (2015年5月3日). 2015年5月4日閲覧。
  5. ^ Olivia Goldhill (2015年5月11日). “What’s it like to be a Mx?”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/men/the-filter/11597192/Whats-it-like-to-be-a-Mx.html 2016年1月1日閲覧。 
  6. ^ Nat Titman (2014年8月28日). “When was the Mx gender-inclusive title created?”. Practical Androgyny. http://practicalandrogyny.com/2014/08/28/when-was-the-mx-gender-inclusive-title-created/ 2016年4月4日閲覧。 
  7. ^ Mx (Mixter) title adopted in Brighton for transgender people”. BBC News (2013年5月10日). 2014年2月13日閲覧。
  8. ^ Saner, Emine (2014年11月17日). “RBS: the bank that likes to say Mx”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/shortcuts/2014/nov/17/rbs-bank-that-likes-to-say-mx 2015年1月26日閲覧。 
  9. ^ “Mr, Mrs, Miss... and Mx: Transgender people will be able to use new title on official documents”. Daily Mail. (2015年5月4日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-3066043/A-new-title-transgender-people-join-Mr-Mrs-Miss-used-driving-licences-bank-details-government-departments.html 2015年5月5日閲覧。 
  10. ^ McCormick, Joseph Patrick (2015年5月26日). “MPs given gender neutral option when entering House of Commons”. Pink News. http://www.pinknews.co.uk/2015/05/26/mps-given-gender-neutral-option-when-entering-house-of-commons/ 2016年4月4日閲覧。 
  11. ^ Tanya Pai (2015年12月31日). “10 words that explain 2015”. Vox. 2016年1月1日閲覧。
  12. ^ A British bank has become the first in the world to offer a third gender option for 'non-binary' customers”. Business Insider UK. 2017年6月4日閲覧。
  13. ^ HSBC adds new transgender titles including M and Misc”. BBC News. BBC. 2017年6月4日閲覧。
  14. ^ Brignall, Miles (2017年3月30日). “HSBC offers choice of transgender titles for bank's customers”. The Guardian. https://www.theguardian.com/society/2017/mar/30/hsbc-offers-choice-of-transgender-titles-for-banks-customers 2019-03-2010 April 2017閲覧。 
  15. ^ A Gender-Neutral Honorific”. Merriam-Webster. 2016年8月23日閲覧。
  16. ^ A Gender-Neutral Honorific: Mx: Words We're Watching”. Merriam-Webster (2017年9月). 2019年3月20日閲覧。

関連項目[編集]