マダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マダムMadame, 略記: Mme.)は、フランス語で、既婚女性(あるいは地位の高い女性や年長の女性、あるいは女性全般)に対する敬称または呼びかけである。口語では、冠詞を伴い「婦人」の意味にも使われる (la madame)[1]

男性へのムッシュ (Monsieur, M.)、未婚女性へのマドモワゼル (mademoiselle, Mlle.) に相当する語である。

英語ミセス (Mrs.) に当たるが、女性の未既婚を区別しない場合にも使われ、すなわちミズ (Ms.) に当たる語でもある。

語源[編集]

語源は「ma + dame」で、「私の (ma) 婦人 (dame)」という意味である。

異形[編集]

複数形はメダム (Mesdames, Mmes.)。ただし、「婦人」の意味での複数形は、発音は同じマダム (madames) である[1]

英語では Madam の語形もある(複数形は同じ)そのほか、縮約形英語版マム (Ma'am) がよく使われる。これは男性へのサー (Sir) に相当する語でもある。

用法[編集]

フランス語[編集]

本来は、原則として既婚女性に対し使う。の前に使うか、単独で呼びかけに使う。いずれにせよ冠詞は用いない。

職業や地位に対して使う場合は(例: Mme. la Presidente = 会長)、未既婚を問わない[1][2]。なおこの用法では、男性名詞に使うこともある(例: Mme. le professeur = 教授[1]

フランスの行政文書では2012年以来、マドモワゼルは廃止され、女性全般に対しマダムを使う[3]

英語[編集]

つづりは Madam が普通で、フランス語の Madame と同様に、姓につけたり、呼びかけに使ったり、地位につけたり(この場合、未既婚を問わない)する。

Madame は、英米人以外、特にフランス人に対して使う[4]

不特定の女性宛の手紙の書き出しとして、「Madam」や「Dear Madam」を使う[4]。なお、これが男性宛なら「Sir」や「Dear Sir」である(「拝啓」に相当)。

イギリス女王に手紙を書く場合、最初に「Your Majesty」で始めた後は「ma'am」を使う[5]

マダムを冠す主な人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『クラウン仏和辞典』三省堂 第2版 (1983)「madame」
  2. ^ 『パスポート初級仏和辞典』白水社 初版 (1991)「madame」
  3. ^ 消える「マドモワゼル」、フランスの行政文書で使用禁止に | 世界のこぼれ話 | Reuters ロイター 2012-02-24(2014-09-21 閲覧)
  4. ^ a b 『リーダーズ英和辞典』研究社 初版 (1984)「madam」
  5. ^ How to Address The Queen, Communicating with The Queen, The Royal Family, Forms Of Address | Debrett's - デブレット英語版英国貴族年鑑(2014-09-21 閲覧)