ブロードウェイ・ザ・ハード・ウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブロードウェイ・ザ・ハード・ウェイ
フランク・ザッパライブ・アルバム
リリース
録音 1988年2月 - 6月
ジャンル ハードロックプログレッシブ・ロックアート・ロック、コメディ・ロック
時間
レーベル バーキング・パンプキン・レコード
プロデュース フランク・ザッパ
専門評論家によるレビュー
フランク・ザッパ 年表
オン・ステージ Vol.2
(1988年)
ブロードウェイ・ザ・ハード・ウェイ
(1988年)
オン・ステージVol.3
(1989年)
テンプレートを表示

ブロードウェイ・ザ・ハード・ウェイ[1]』(Broadway the Hard Way)は、フランク・ザッパ1988年に録音・発表したライブ・アルバム。オリジナルLP(D1-74218)は9曲入りだったが[2]1989年ライコディスクから発売されたCDは17曲入りとなっている[3]

背景[編集]

ザッパは1988年に生涯最後のワールド・ツアーを行い、本作には主にボーカル入りの新曲が収録された[4]。ただし、ウォーターゲート事件を題材とした「ディッキーズ・サッチ・アン・アスホール」は1973年末にマザーズ・オブ・インヴェンションのツアーで演奏されており[5]、1989年に発売されたライブ・アルバム『オン・ステージVol.3』には当時のヴァージョンが収録されている[6]。また、CDに追加収録された曲の中にはザッパの旧作の再演もあり、「アウトサイド・ナウ」はアルバム『ジョーのガレージ Acts II & III』(1979年)、「ホット・プレート・ヘヴン・アット・ザ・グリーン・ホテル」は『ダズ・ヒューモア・ビロング・イン・ミュージック?』(1986年)で発表された曲である。

ザッパは1988年のアメリカ合衆国大統領選挙に合わせて本作をリリースしており[7]、LPの見開きジャケットの内側には、ロナルド・レーガンが1988年の共和党全国大会で語った「Facts are stupid things.」というフレーズが引用されている。「ホエン・ザ・ライズ・ソー・ビッグ」や「ジーザス・シンクス・ユーアー・ア・ジャーク」は共和党から大統領選挙に出馬しようとしたテレビ伝道師パット・ロバートソンを批判した曲で[8][9]、「ライミン・マン」は民主党から出馬しようとした牧師ジェシー・ジャクソンを批判した曲である[10]。また、「プロミスキュアス」は、レーガン政権時の公衆衛生局長官だったC・エヴェレット・クープ英語版を批判した内容で、1988年2月26日の公演でしか演奏されなかった[11]

「マーダー・バイ・ナンバーズ」はポリスのカヴァーで、テレビ伝道師のジミー・スワガート英語版を題材としており[4][12]、1988年3月のシカゴ公演においてスティング本人がゲスト・ボーカリストとして参加して[12]、その時の音源が本作のCD版に収録された。

なお、1988年のワールド・ツアーで録音されたライブ音源は、本作の他に『ザ・ベスト・バンド』(1991年)、『メイク・ア・ジャズ・ノイズ』(1991年)といったライブ・アルバムにも収録された。

評価[編集]

スティーヴ・ヒューイはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「ザッパの政治的な洞察の多くは的を射ており、更に幾らかのジョークも織り交ぜられて、『ブロードウェイ・ザ・ハード・ウェイ』は、彼が1960年代より後に発表した政治的な作品の中でも、特に秀逸で、特に知性を刺激する作品の一つに仕上がっている」と評している[4]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はフランク・ザッパ作。

LP[編集]

サイド1[編集]

  1. "Elvis Has Just Left the Building" - 2:24
  2. "Planet of the Baritone Women" - 2:48
  3. "Any Kind of Pain" - 5:42
  4. "Jesus Thinks You're a Jerk" - 9:15

サイド2[編集]

  1. "Dickie's Such an Asshole" - 6:37
  2. "When the Lie's So Big" - 3:38
  3. "Rhymin' Man" - 3:51
  4. "Promiscuous" - 2:03
  5. "The Untouchables" (Nelson Riddle) - 3:05

CD[編集]

  1. エルヴィス・ハズ・ジャスト・レフト・ザ・ビルディング ("Elvis Has Just Left the Building") - 2:24
  2. プラネット・オブ・ザ・バリトン・ウィメン ("Planet of the Baritone Women") - 2:48
  3. エニィ・カインド・オブ・ペイン ("Any Kind of Pain") - 5:42
  4. ディッキーズ・サッチ・アン・アスホール ("Dickie's Such an Asshole") - 5:45
  5. ホエン・ザ・ライズ・ソー・ビッグ ("When the Lie's So Big") - 3:38
  6. ライミン・マン ("Rhymin' Man") - 3:50
  7. プロミスキュアス ("Promiscuous") - 2:02
  8. ジ・アンタッチャブルズ ("The Untouchables") (N. Riddle) - 2:26
  9. ホワイ・ドント・ユー・ライク・ミー? ("Why Don't You Like Me?") - 2:57
  10. ベイコン・ファット ("Bacon Fat") (Andre Williams, Dorothy Brown, Frank Zappa) - 1:29
  11. ストールン・モーメンツ ("Stolen Moments") (Oliver Nelson) - 2:57
  12. マーダー・バイ・ナンバーズ ("Murder by Numbers") (Sting, Andy Summers) - 5:37
  13. ジェゼベル・ボーイ ("Jezebel Boy") - 2:27
  14. アウトサイド・ナウ ("Outside Now") - 7:49
  15. ホット・プレート・ヘヴン・アット・ザ・グリーン・ホテル ("Hot Plate Heaven at the Green Hotel") - 6:40
  16. ホワット・カインド・オブ・ガール? ("What Kind of Girl?") - 3:17
  17. ジーザス・シンクス・ユーアー・ア・ジャーク ("Jesus Thinks You're a Jerk") - 9:15

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧規格の日本盤CDでは『ブロードウェイ・ザ・ハードウェイ』と表記されていたが、2002年の再発CD(VACK-1260)で現行表記に変更された
  2. ^ Frank Zappa - Broadway The Hard Way (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  3. ^ Frank Zappa - Broadway The Hard Way (CD, Album) at Discogs
  4. ^ a b c Broadway the Hard Way - Frank Zappa | AllMusic - Review by Steve Huey
  5. ^ Dickie's Such an Asshole - Frank Zappa | AllMusic - Song Review by François Couture
  6. ^ You Can't Do That on Stage Anymore, Vol. 3 - Frank Zappa | AllMusic - Review by François Couture
  7. ^ 日本盤CD(VACK-1260)ライナーノーツ(大山甲日、2002年8月)
  8. ^ When the Lie's So Big - Frank Zappa | AllMusic - Song Review by François Couture
  9. ^ Jesus Thinks You're a Jerk - Frank Zappa | AllMusic - Song Review by François Couture
  10. ^ Rhymin' Man - Frank Zappa | AllMusic - Song Review by François Couture
  11. ^ Promiscuous - Frank Zappa | AllMusic - Song Review by François Couture
  12. ^ a b Sting Helps Spice Up Zappa's Saucy Concert - Chicago Tribune - article by Chris Heim - 2014年12月14日閲覧