ゼム・オア・アス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼム・オア・アス
フランク・ザッパスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロックハードロックプログレッシブ・ロック、コメディ・ロック
時間
レーベル バーキング・パンプキン・レコード
プロデュース フランク・ザッパ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 22位(スウェーデン[1]
  • 41位(オランダ[2]
  • 42位(ドイツ[3]
  • フランク・ザッパ アルバム 年表
    ザ・パーフェクト・ストレンジャー
    (1984年)
    ゼム・オア・アス
    (1984年)
    シング・フィッシュ
    (1984年)
    テンプレートを表示

    ゼム・オア・アス[4]』(Them or Us)は、フランク・ザッパ1984年10月に発表したアルバム

    背景[編集]

    「ヤ・ホズナ」におけるザッパのボーカル・パートは、「ロンリー・リトル・ガール」及び「ソファ」といった旧作の断片が使用されており、また、ムーン・ザッパ英語版のボーカル・パートは「ヴァリー・ガール」制作時のセッションのアウトテイクである[5]。「シャリーナ」は1970年のアルバム『チャンガの復讐』が初出となった曲で、本作ではドゥーワップ及びレゲエ色が取り入れられた[6]。「小汚い口のカエル」は、ザッパの次女であるアーメット・ザッパ英語版が作詞に貢献しており、この曲は1981年12月にライヴで演奏されていた[7]

    「ウィッピング・ポスト」は、オールマン・ブラザーズ・バンドがアルバム『オールマン・ブラザーズ・バンド』(1969年)で発表した曲のカヴァーで、本作では1981年12月11日および12日のライヴ音源が使用された[8]

    反響・評価[編集]

    ザッパの母国アメリカではBillboard 200入りを逃したが[9]、スウェーデンのアルバム・チャートでは2回(4週)トップ40入りし、最高22位を記録した[1]。また、オランダでは1984年11月10日付のアルバム・チャートで初登場41位となり、合計3週チャート入りした[2]

    François Coutureはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「アルバムの大部分は1980年代初頭の冷徹で乾いた感触で、そのために『ザ・マン・フロム・ユートピア』や『ミーツ・ザ・マザーズ・オブ・プリヴェンション』と同様、すぐにサウンドが古臭くなってしまった」と評している[10]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はフランク・ザッパ作。

    1. ザ・クローサー・ユー・アー ("The Closer You Are") (Earl Lewis, Morgan "Bobby" Robinson) - 3:01
    2. イン・フランス ("In France") - 3:32
    3. ヤ・ホズナ ("Ya Hozna") - 6:26
    4. シャリーナ ("Sharleena") - 4:34
    5. 不吉な靴下II ("Sinister Footwear II") - 8:39
    6. トラック・ドライヴァーの離婚 ("Truck Driver Divorce") - 9:06
    7. スティーヴィーズ・スパンキング ("Stevie's Spanking") - 5:23
    8. ベイビー・テイク・ユア・ティース・アウト ("Baby, Take Your Teeth Out") - 1:54
    9. マークサンズ・チキン ("Marque-son's Chicken") - 7:35
    10. 夢の惑星 ("Planet of My Dreams") - 1:41
    11. ビー・イン・マイ・ヴィデオ ("Be in My Video") - 3:40
    12. ゼム・オア・アス ("Them or Us") - 5:08
    13. 小汚い口のカエル ("Frogs with Dirty Little Lips") (Frank Zappa, Ahmet Zappa) - 2:46
    14. ウィッピング・ポスト ("Whipping Post") (Gregg Allman) - 7:34

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b swedishcharts.com - Frank Zappa - Them Or Us
    2. ^ a b Frank Zappa - Them Or Us - dutchcharts.nl
    3. ^ Offizielle Deutsche Charts
    4. ^ 日本初回盤(EMS-67176-77)には『奴らか? 俺たちか?』という邦題が付いていたが、後の再発CDでは現代のカタカナ表記に変更された。
    5. ^ Couture, François. “Ya Hozna - Frank Zappa”. AllMusic. 2017年2月28日閲覧。
    6. ^ Couture, François. “Sharleena - Frank Zappa”. AllMusic. 2017年2月28日閲覧。
    7. ^ Couture, François. “Frogs With Dirty Little Lips - Frank Zappa”. AllMusic. 2017年2月28日閲覧。
    8. ^ Whipping Post - globalia.net
    9. ^ Frank Zappa - Awards”. AllMusic. 2014年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
    10. ^ Couture, François. “Them Or Us - Frank Zappa”. AllMusic. 2017年2月28日閲覧。