バーント・ウィーニー・サンドウィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーント・ウィーニー・サンドウィッチ
フランク・ザッパ / マザーズ・オブ・インヴェンションスタジオ・アルバム
リリース
録音 1967年 - 1969年
ジャンル フュージョン[1]実験音楽[1]、その他いろいろ
時間
レーベル ビザール・レコードリプリーズ・レコードライコディスク
プロデュース フランク・ザッパ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 10位[2](オランダ)
  • 94位[3](ビルボード・ポップ・アルバム)
  • フランク・ザッパ / マザーズ・オブ・インヴェンション アルバム 年表
    ホット・ラッツ
    (1969年)
    バーント・ウィーニー・サンドウィッチ
    (1970年)
    いたち野郎
    (1970年)
    テンプレートを表示

    バーント・ウィーニー・サンドウィッチ (Burnt Weeny Sandwich) は、1970年にリリースされたフランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オブ・インヴェンションのアルバムである。このアルバムは、フランク・ザッパがマザーズを解散した後にリリースされたため、マザーズにとっては未発表録音集となる。

    このアルバムに関して重要なのは、おそらくザッパのお気に入りであった、多才な音楽家のイアン・アンダーウッドによる貢献である。本作と対をなす『いたち野郎』と同様、このアルバムはマザーズの膨大な未発表音源から採られた曲によって構成される。『いたち野郎』の大部分がマザーズのライヴ音源を公開したものであるのに対して、『バーント・ウィーニー・サンドウィッチ』の多くはスタジオ・ワークと精緻に組み立てられたザッパの楽曲を扱っている。その中でもアルバムの目玉曲である大曲「俺が住んでいた小さな家」は、複数の楽章からなり、8分の11拍子などの複合拍子を用いている。

    アルバムのどことなく奇妙なタイトルは、ザッパが後にあるインタビューで語ったところによると、実際にザッパの好物であった軽食、マスタードを塗ったパン2枚に Hebrew Nationalカシュルートのブランド)のホットドッグを焼いて挟んだサンドウィッチに由来する。それと同時にこのタイトルは、ザッパによる野心的かつ複雑な作品が当たりさわりのないドゥーワップのカヴァー2曲に「サンドウィッチ」されていることや、「イゴールのブギ」が「ベルリンの休日」と「サンドウィッチ」されて交互に登場する(その1、序曲、その2、完全版)ことにも照応している。

    LP初版にはLPサイズ蛇腹式のポスターが付属していた。OLD MASTERS BOXでは縮小復刻されていたが、日本盤紙ジャケットCDでは付属されなかった。 西ドイツでは『バーント・ウィーニー・サンドウィッチ』と『いたち野郎』を"2 Originals of the Mothers of Invention" という題の2枚組LPとして再発された。このアルバムでは、内側の左右見開きでピストルが歯ブラシに向かって歯磨き粉を撃ち出しているイラストをあしらったオリジナルのジャケットを使用している。

    「イゴールのブギ」はザッパに最も大きな影響を与えた作曲家の1人、イゴール・ストラヴィンスキーにちなんで題をつけられたものである。

    収録曲[編集]

    特記のないかぎり、作詞・作曲はいずれもフランク・ザッパによる。

    1. WPLJ ("WPLJ" / Four Deuces) - 2:52
    2. イゴールのブギ その1 ("Igor's Boogie, Phase One") - 0:36
    3. ベルリンの休日 序曲 ("Overture to a Holiday in Berlin") - 1:27
    4. バーント・ウィーニー・サンドウィッチのテーマ ("Theme from Burnt Weeny Sandwich") - 4:32
    5. イゴールのブギ その2 ("Igor's Boogie, Phase Two") - 0:36
    6. ベルリンの休日 ("Holiday in Berlin, Full-Blown") - 6:24
    7. アイベ海 ("Aybe Sea") - 2:46
    8. 俺が住んでいた小さな家 ("The Little House I Used to Live In") - 18:41
    9. ヴァラリー ("Valarie" / Jackie and the Starlites) - 3:15

    クレジット[編集]

    製作[編集]

    • プロデューサー - フランク・ザッパ
    • アレンジャー - フランク・ザッパ
    • エンジニア - ディック・クンツ
    • デザイン - ジョン・ウィリアムズ
    • カヴァー・アート - カル・シェンケル
    • CDパッケージ・デザイン - フェレンク・ドブロニー
    • CDアート改訂 - カル・シェンケル

    チャート[編集]

    アルバム

    脚注[編集]

    外部リンク[編集]