ディスカバリー計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディスカバリー計画(ディスカバリーけいかく、: Discovery Program)は、低コストで効率よく太陽系内を探査する[注 1]科学的な宇宙ミッションを目指した、アメリカ航空宇宙局 (NASA) による一連の無人惑星探査計画である。1992年にNASAのダニエル・ゴールディン英語版長官(当時)が提唱した「より速く、より良く、より安く(Faster, Better, Cheaper)」のスローガンを具現化するものとして、設立された。ミッションの総予算を4億2500万ドル、ミッション開始から打上げまでの期間を36ヶ月以内に制限していること[1]からも分かるように、安価な小型の探査機を頻繁に打ち上げるのが本計画の特徴である。本計画のミッションは、その目標が事前に指定されるという点で従来のNASAのミッションと異なるが、代わりに、コストに上限があるこれらのミッションは、プリンシパル・インベスティゲーター英語版 (PI) [注 2]と呼ばれる科学者により提案され、主導される。提案をするチームには、(NASAだけでなく)産業界や中小企業、政府や大学等の研究機関からの人々を含む場合がある。提出された案は、競争的なピアレビュー(=同じ分野の専門家による査読)のプロセスを経て選定される。これまでに完了した全てのディスカバリー計画のミッションによって、革新的な科学的目標が達成された結果、太陽系についての知識体系に多くの重要な知識を追加することとなった。

NASAは、競って選定されたディスカバリー計画のミッション・オブ・オポチュニティ (Missions of Opportunity) の提案も受け入れている。これは、科学機器またはそのハードウェア構成要素に資金提供したり、既にあるNASAの宇宙機を別の目的で再利用したりすることによって、NASAにないミッションに参加する機会を提供するものである。 これらの機会は現在、NASAのスタンドアロン・ミッション・オブ・オポチュニティ・プログラム (Stand Alone Mission of Opportunity program) を通して受け付けている。

完了したミッション[編集]

単独ミッション[編集]

相乗り機器ミッション[編集]

追加ミッション[編集]

  • EPOXI - ディープ・インパクトの探査機を再利用した、以下2つのミッションの総称。
  • NExT - スターダスト探査機を再利用。ディープ・インパクトによるインパクター投下後のテンペル第1彗星を観測。

失敗したミッション[編集]

進行中のミッション[編集]

単独ミッション[編集]

相乗り機器ミッション[編集]

予定されているミッション[編集]

単独ミッション[編集]

  • インサイト - 2016年3月打ち上げ予定。火星地表を5m掘削し、火星の内部構造を調査する。機体はフェニックスとほぼ同じ物を使用する。

相乗り機器ミッション[編集]

脚注・出典[編集]

脚注
  1. ^ ただし、例外として、太陽系外惑星の同定を目標とするケプラー宇宙望遠鏡が知られている。
  2. ^ あえて日本語に訳すならば、主任研究員研究代表者といったところ。
出典
  1. ^ Proposing a Mission”. Discovery Program. NASA. 2015年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]