ヴィルト第2彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィルト第2彗星
81P/Wild
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
スターダストが撮影したヴィルト第2彗星の核とジェット。短時間露出と長時間露出の画像を合成。
発見
発見者  パウル・ヴィルト
発見日  1978年1月6日
符号・別名  1978 XI = 1984 XIV
1990 XXVIII
軌道要素 - IAUNASA
元期 2006年3月6日
離心率 (e)  0.5384
近日点距離 (q)  1.592 AU
軌道長半径 (a)  3.45 AU
遠日点距離 (Q)  5.308 AU
公転周期 (P)  6.408
軌道傾斜角 (i)  3.2394°
近日点引数 (ω) 
昇交点黄経 (Ω) 
前回近日点通過  2010年2月22日[1]
次回近日点通過  2016年7月20日[2][3]

ヴィルト第2彗星(81P/Wild)は、周期6.41年で太陽の周りを公転する短周期彗星1978年1月6日スイスの天文学者パウル・ヴィルトによって発見された。

ヴィルト第2彗星は、近日点火星の周回軌道付近、遠日点木星の周回軌道付近にある木星族の彗星である。軌道を過去に遡って調べた結果、ヴィルト第2彗星は、かつては木星付近から天王星付近の間を40年前後かけて周回するケンタウルス族の軌道を取っていたが、1974年9月9日に木星へ0.0061天文単位(約91万2千㎞)まで接近したことから摂動を受けて軌道が変わり、近日点が4.9天文単位から1.49天文単位(当時、以下同)に、公転周期が43.17年から6.17年に変化したことが分かった[1]

このことから、ヴィルト第2彗星は太陽の影響をほとんど受けていないと考えられ、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画の対象となった。そして1999年に探査機スターダストが打ち上げられ、2004年1月3日にヴィルト第2彗星の核をフライバイして72枚の写真を撮影した(最接近距離240 km)。それと同時にスターダストはエアロゲルにより彗星の塵を採集しており、2006年1月15日サンプルリターンに成功。現在、日本を含む全世界の科学者たちにより分析が進められており、これまでに輝石カンラン石ニッケルの単体及び硫化物[4]が発見されており、その成分はコンドライトに近いものであった。他に、アミノ酸グリシン(彗星からの発見は初)[5]が発見されており、生命誕生の元となる物質の一部が宇宙起源であるという説の立証となると期待されている。

過去に探査機が到達したハレー彗星ボレリー彗星とは異なり、ヴィルト第2彗星の核(直径5km)は丸く、核全体が切り立った壁のクレーターで覆われていた。このことから、ヴィルト第2彗星の核にはのほかに粘着性の強い物質が含まれていると考えられている[6]。なお、核の色はハレー彗星などと同様にほぼ黒色であった。

ヴィルト第二彗星の1974年以前の軌道と現在の軌道
ヴィルト第2彗星の核の地名

外部リンク[編集]


出典[編集]

  1. ^ a b Kinoshita, Kazuo (2005年4月13日). “81P past, present and future orbital elements”. Comet Orbit. FC2. 2010年10月24日閲覧。
  2. ^ Nakano, Syuichi (2009年12月12日). “81P/Wild 2 (NK 1861)”. OAA Computing and Minor Planet Sections. 2010年10月24日閲覧。
  3. ^ Yeomans, Donald K.; Chamberlin, Alan B.. “Horizons Ephemeris”. JPL Solar System Dynamics. 2010年10月24日閲覧。
  4. ^ 留岡和重、富岡尚敬、大西市朗『スターダストが回収したヴィルト2彗星塵の鉱物科学:透過電子顕微鏡による研究』、日本惑星科学会誌 Vol.16.No.4、2007年2015年10月31日閲覧
  5. ^ 彗星の宇宙塵に「生命の前駆物質」を確認WIRED2009年8月19日2015年10月31日閲覧
  6. ^ 科学技術トピックス→『彗星探査機スターダストが明らかにした彗星の多様性』、科学技術専門家ネットワーク2004年2015年10月31日閲覧
前の彗星:
ピーターズ・ハートレー彗星
周期彗星
ヴィルト第2彗星
次の彗星:
ゲーレルズ第3彗星