ケレス (準惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケレスCeres symbol.svg
(セレス)
1 Ceres
Ceres optimized.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したケレス。
分類 準惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1801年1月1日
発見者 ジュゼッペ・ピアッツィ
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 2.765 AU
近日点距離 (q) 2.547 AU
遠日点距離 (Q) 2.984 AU
離心率 (e) 0.079
公転周期 (P) 4.60 年
平均軌道速度 17.91 km/s
軌道傾斜角 (i) 10.59
近日点引数 (ω) 72.59 度
昇交点黄経 (Ω) 80.39 度
平均近点角 (M) 113.41 度
物理的性質
長短径 959.2 × 932.6 km
直径 952.4 km
質量 9.445 ×1020kg
平均密度 2.05 g/cm3
表面重力 0.26 m/s2
脱出速度 0.51 km/s
自転周期 9.074170 時間
スペクトル分類 G / C
絶対等級 (H) 3.34
光度係数 (G) 0.12
アルベド(反射能) 0.113
表面温度 ~230 K
色指数 (B-V) 0.713
色指数 (U-B) 0.426
■Project ■Template
ケレスの内部モデル

ケレス(1 Ceres)は、準惑星の1つで、小惑星帯に位置する最大の天体。セレスともいう。小惑星として初めて発見された天体でもあり、小惑星番号1番を持つ。

概要[編集]

ケレスは小惑星帯における最大の天体であり、その質量は小惑星帯の天体の総質量の4分の1から3分の1を占める。2番目に大きいパラスの質量は、ケレスの5分の1ほどである(質量においてはベスタが2番目で、こちらはケレスの3.5分の1ほどである)。

ケレスは、太陽光によって温められていることから、ごくわずかな大気が存在すると考えられている。また、形状がほぼ球形であり、表面の凹凸が少ない事から、ケレスは岩石のを持つと考えられている。コーネル大学のピーター・トーマスは、薄い地殻と岩石の核との間に厚さ60 - 120kmのマントルが広がっているというモデルを提示している。

ケレス(青色)の軌道。赤色の軌道は惑星、一番外側の軌道は木星。

ケレスと同じような軌道を持つ小惑星族があり、かつては「ケレス族」と呼ばれていたが、ケレスのスペクトルはこの族のほとんどの小惑星と違っているため、ケレスの方がこの族の中に紛れ込んだものと考えられるようになった。そのため、小惑星族の方は「ゲフィオン族」と改名されている。

観測[編集]

2001年ハッブル宇宙望遠鏡紫外線により画像が撮影され、暗色の円状の地形(クレーターと推測された)に「ピアッツィ」の名が付けられた。2004年マウナケア山W・M・ケック天文台補償光学によりケレスの高精度観測が行われた。その結果、2つの衝突クレーターと思しきアルベドが低い地点が発見され、そのうちの一つには明るい平野が認められた。しかし、ハッブルが認めた「ピアッツィ」は、ケックの観測では発見できなかった。

アメリカ航空宇宙局 (NASA) は2007年9月に探査機ドーン」を打ち上げ、予定では2015年にケレスに接近する。この探査機は2006年6月に打ち上げる予定であったが、技術的な問題や当初予算より高額となったことなどから一旦は計画中止とされ、ジェット推進研究所 (JPL) などによる抗議によって再開、打ち上げに至っている。

2014年1月には、ハーシェル宇宙望遠鏡の観測により2箇所からの水蒸気の噴出が確認された。量は1秒あたり6kgであると推定されている。小惑星帯で彗星として活動するメインベルト彗星の存在は確認されていたが、水蒸気を観測したのは今回が初めてとなる。論文は1月23日にnatureに掲載された[1] [2]

歴史[編集]

発見[編集]

1801年1月1日シチリア島にあるパレルモ天文台の台長ジュゼッペ・ピアッツィによって発見され、ローマ神話の女神ケレースから命名された。その後、見かけ上太陽に接近したために行方が分からなくなったが、カール・フリードリヒ・ガウス最小二乗法を改良して編み出した軌道計算法によって同年の12月31日フランツ・フォン・ツァハハインリヒ・オルバースらにより再発見された。

準惑星[編集]

発見当時は新しい「惑星」とみなされていたが、その後近くの軌道に同じような天体が続々と見つかってきたこと(小惑星帯の発見)や、惑星にしては小さすぎる(最小の惑星である水星の約5分の1)ことなどから、1850年頃から「小惑星」として惑星とは区別されるようになった。それでもケレスは直径約950kmと小惑星の中では際だって大きく、その後何万という小惑星が発見されてきたにもかかわらず、およそ150年の間、ケレスは「太陽系最大の小惑星」とされていた。

2000年代に入り、海王星以遠にクワオアー(直径1,250 km ± 50 km)などケレスを上回る大きさの太陽系外縁天体が複数発見されてきたことで、ケレスは最大の小惑星ではなくなった。しかし、その質量が自己重力によって球形を保つのに十分であるため、2006年8月のIAU総会で採択された太陽系の天体の定義により、「dwarf planet(準惑星)」として扱われることとなった。

参考事項[編集]

セリウム[編集]

1803年に発見された元素セリウムはその2年前に発見されたケレスにちなみ命名された。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Localized sources of water vapour on the dwarf planet (1) Ceres nature
  2. ^ “Herschel Telescope Detects Water on Dwarf Planet”. NASA. (2014年1月22日). http://www.nasa.gov/press/2014/january/herschel-telescope-detects-water-on-dwarf-planet/ 2014年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
-
小惑星
ケレス (準惑星)
次の小惑星:
パラス (小惑星)