オハイオ州の郡一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オハイオ州の郡配置図

オハイオ州の郡一覧は、アメリカ合衆国オハイオ州内のの一覧である。オハイオ州内には88の郡がある。

オハイオ州憲法では都市や村と同様にチャーター政府(自治色の強い政府)を設定できるとしているが、現実にはサミット郡カヤホガ郡が実施しているだけであり、カヤホガ郡の場合も2009年11月の住民投票で承認されたばかりである[1]。郡は自治権を持っておらず、オハイオ州議会で承認されてきた権限のみを行使できる。オハイオ州法では郡政府の構造を規定しているが、各郡は独自の構造を選定してもよい。サミット郡とカヤホガ郡は別案を選択したが、残り全ての郡は州法のままの構造である。郡政府の選挙で選ばれる役人は、3人の郡政委員、保安官(郡内では警察権の長)、検察官(他州の地区検事に相当)、検視官、技師、監査官、財務官、裁判所事務官である。

オハイオ州の郡の一覧[編集]

下表はアルファベット順である。なお、人口は2010年4月1日に行われた国勢調査による数値である[2]

郡名 郡庁所在地 設立年月日 郡名の由来[3] 人口 陸地面積 地図
アダムズ郡
(Adams County)
ウェストユニオン
(West Union)
1797年7月10日 ジョン・アダムズ(1735年-1826年)、第2代アメリカ合衆国大統領、郡設立時に在任 28,550人 1,512km2
(583.91mi2)
Map of Ohio highlighting Adams County.svg
アレン郡
(Allen County)
ライマ
(Lima)
1820年3月1日 ジョン・アレン(1771年-1813年)、米英戦争の軍人[4] 106,331人 1,047km2
(404.43mi2)
Map of Ohio highlighting Allen County.svg
アシュランド郡
(Ashland County)
アシュランド
(Ashland)
1846年2月24日 ケンタッキー州出身のヘンリー・クレイの荘園名 53,139人 1,099km2
(424.37mi2)
Map of Ohio highlighting Ashland County.svg
アシュタビューラ郡
(Ashtabula County)
ジェファーソン
(Jefferson)
1807年6月7日 アシュタビューラ川、アルゴンキン語で「魚の川」[5] 101,497人 1,819km2
(702.44mi2)
Map of Ohio highlighting Ashtabula County.svg
アセンズ郡
(Athens County)
アセンズ
(Athens)
1805年3月1日 ギリシャアテネ 64,757人 1,313km2
(506.76mi2)
Map of Ohio highlighting Athens County.svg
オーグレイズ郡
(Auglaize County)
ワーパーコネタ
(Wapakoneta)
1848年2月14日 オーグレイズ川、ショーニー語で「倒木の川」 45,949人 1,039km2
(401.25mi2)
Map of Ohio highlighting Auglaize County.svg
ベルモント郡
(Belmont County)
セントクレアズビル
(St.Clairsville)
1801年9月7日 フランス語で「美しい山」 70,400人 1,392km2
(537.35mi2)
Map of Ohio highlighting Belmont County.svg
ブラウン郡
(Brown County)
ジョージタウン
(Georgetown)
1818年3月1日 ジェイコブ・ブラウン(1775年-1828年)、米英戦争の将軍 44,846人 1,274km2
(491.76mi2)
Map of Ohio highlighting Brown County.svg
バトラー郡
(Butler County)
ハミルトン
(Hamilton)
1803年5月1日 リチャード・バトラー(1743年-1791年)、ウォバッシュの戦いで戦死 368,130人 1,210km2
(467.27mi2)
Map of Ohio highlighting Butler County.svg
キャロル郡
(Carroll County)
キャロルトン
(Carrollton)
1833年1月1日 チャールズ・キャロル(1737年-1832年)、アメリカ独立宣言署名者で最後に死んだ 28,836人 1,022km2
(394.67mi2)
Map of Ohio highlighting Carroll County.svg
シャンペーン郡
(Champaign County)
アーバナ
(Urbana)
1805年3月1日 フランス語で「平原」、地域の平坦さを表す 40,097人 1,110km2
(428.56mi2)
Map of Ohio highlighting Champaign County.svg
クラーク郡
(Clark County)
スプリングフィールド
(Springfield)
1818年3月1日 ジョージ・ロジャース・クラーク(1752年-1818年)、スプリングフィールド近くの戦いでショーニー族インディアンを倒した 138,333人 1,036km2
(399.86mi2)
Map of Ohio highlighting Clark County.svg
クラーモント郡
(Clermont County)
バテイビア
(Batavia)
1800年12月6日 フランス語で「晴れた山」 197,363人 1,171km2
(451.99mi2)
Map of Ohio highlighting Clermont County.svg
クリントン郡
(Clinton County)
ウィルミントン
(Wilmington)
1810年3月1日 ジョージ・クリントン(1739年-1812年)、郡創設時のアメリカ合衆国副大統領 42,040人 1,064km2
(410.88mi2)
Map of Ohio highlighting Clinton County.svg
コロンビアナ郡
(Columbiana County)
リスボン
(Lisbon)
1803年5月1日 クリストファー・コロンブス、アメリカ大陸発見者 107,841人 1,379km2
(532.46mi2)
Map of Ohio highlighting Columbiana County.svg
コショクトン郡
(Coshocton County)
コショクトン
(Coshocton)
1810年1月31日 デラウェア族インディアンの言葉で「水の統合」 36,901人 1,461km2
(564.07mi2)
Map of Ohio highlighting Coshocton County.svg
クロウフォード郡
(Crawford County)
ビューサイラス
(Bucyrus)
1820年4月1日 ウィリアム・クロウフォード(1732年-1782年)、アメリカ独立戦争の軍人 43,784人 1,041km2
(402.11mi2)
Map of Ohio highlighting Crawford County.svg
カヤホガ郡
(Cuyahoga County)
クリーブランド
(Cleveland)
1807年6月7日 カヤホガ川イロコイ語で「曲がりくねった川」[6] 1,280,122人 1,187km2
(458.49mi2)
Map of Ohio highlighting Cuyahoga County.svg
ダーク郡
(Darke County)
グリーンビル
(Greenville)
1809年1月3日 ウィリアム・ダーク(1736年ー1801年)、アメリカ独立戦争の軍人 52,959人 1,553km2
(599.80mi2)
Map of Ohio highlighting Darke County.svg
ディファイアンス郡
(Defiance County)
ディファイアンス
(Defiance)
1845年4月7日 ディファイアンス砦、1794年にアンソニー・ウェイン将軍が造った 39,037人 1,065km2
(411.16mi2)
Map of Ohio highlighting Defiance County.svg
デラウェア郡
(Delaware County)
デラウェア
(Delaware)
1808年4月1日 デラウェア族インディアン 174,214人 1,146km2
(442.41mi2)
Map of Ohio highlighting Delaware County.svg
エリー郡
(Erie County)
サンダスキー
(Sandusky)
1838年3月15日 エリー族インディアン 77,079人 660km2
(254.88mi2)
Map of Ohio highlighting Erie County.svg
フェアフィールド郡
(Fairfield County)
ランカスター
(Lancaster)
1800年12月9日 「素晴らしい野原」 146,156人 1,308km2
(505.11mi2)
Map of Ohio highlighting Fairfield County.svg
ファイエット郡
(Fayette County)
ワシントンコートハウス
(Washington Court House)
1810年3月1日 ラファイエット侯爵、アメリカ独立戦争とフランス革命に参加したフランスの軍人で貴族 29,030人 1,053km2
(406.58mi2)
Map of Ohio highlighting Fayette County.svg
フランクリン郡
(Franklin County)
コロンバス
(Columbus)
1803年4月30日 ベンジャミン・フランクリン(1706年-1791年)、アメリカ合衆国建国の父 1,163,414人 1,398km2
(539.87mi2)
Map of Ohio highlighting Franklin County.svg
フルトン郡
(Fulton County)
ウォーシオン
(Wauseon)
1850年4月1日 ロバート・フルトン(1765年-1815年)、蒸気船の発明者 42,698人 1,054km2
(406.78mi2)
Map of Ohio highlighting Fulton County.svg
ガリア郡
(Gallia County)
ガリポリス
(Gallipolis)
1803年4月30日 ガリア、フランスの古名 30,934人 1,214km2
(468.78mi2)
Map of Ohio highlighting Gallia County.svg
ジアーガ郡
(Geauga County)
チャードン
(Chardon)
1806年3月1日 インディアンの言葉で「アライグマ 93,389人 1,045km2
(403.66mi2)
Map of Ohio highlighting Geauga County.svg
グリーン郡
(Greene County)
ジーニア
(Xenia)
1803年5月1日 ナサニエル・グリーン将軍、アメリカ独立戦争の軍人 161,573人 1,075km2
(414.88mi2)
Map of Ohio highlighting Greene County.svg
ガーンジー郡
(Guernsey County)
ケンブリッジ
(Cambridge)
1810年3月1日 イギリス海峡ガーンジー島、移住者が多かった 40,087人 1,352km2
(521.90mi2)
Map of Ohio highlighting Guernsey County.svg
ハミルトン郡
(Hamilton County)
シンシナティ
(Cincinnati)
1790年2月2日 アレクサンダー・ハミルトン(1755年-1804年)、郡創設時のアメリカ合衆国財務長官 802,374人 1,055km2
(407.36mi2)
Map of Ohio highlighting Hamilton County.svg
ハンコック郡
(Hancock County)
フィンドレー
(Findlay)
1820年4月1日 ジョン・ハンコック(1737年-1793年)、大陸会議議長 74,782人 1,376km2
(531.35mi2)
Map of Ohio highlighting Hancock County.svg
ハーディン郡
(Hardin County)
ケントン
(Kenton)
1820年4月1日 ジョン・ハーディン(1753年-1792年)、アメリカ独立戦争の軍人 32,058人 1,218km2
(470.29mi2)
Map of Ohio highlighting Hardin County.svg
ハリソン郡
(Harrison County)
カディス
(Cadiz)
1813年2月1日 ウィリアム・ハリソン(1773年-1841年)、米英戦争の将軍、後の大統領 15,864人 1,045km2
(403.53mi2)
Map of Ohio highlighting Harrison County.svg
ヘンリー郡
(Henry County)
ナポレオン
(Napoleon)
1820年4月1日 パトリック・ヘンリー(1736年-1799年)、アメリカ独立戦争の扇動者 28,215人 1,079km2
(416.50mi2)
Map of Ohio highlighting Henry County.svg
ハイランド郡
(Highland County)
ヒルズバロ
(Hillsboro)
1805年5月1日 地域が高原であったこと 43,589人 1,433km2
(553.28mi2)
Map of Ohio highlighting Highland County.svg
ホッキング郡
(Hocking County)
ローガン
(Logan)
1818年3月1日 デラウェア族インディアンの言葉で「瓶」から派生した可能性あり 29,380人 1,095km2
(422.75mi2)
Map of Ohio highlighting Hocking County.svg
ホームズ郡
(Holmes County)
ミラーズバーグ
(Millersburg)
1824年1月20日 アンドリュー・ホームズ(-1814年)、米英戦争の軍人 42,366人 1,096km2
(422.99mi2)
Map of Ohio highlighting Holmes County.svg
ヒューロン郡
(Huron County)
ノーウォーク
(Norwalk)
1809年3月7日 ヒューロン族インディアン 59,626人 1,276km2
(492.69mi2)
Map of Ohio highlighting Huron County.svg
ジャクソン郡
(Jackson County)
ジャクソン
(Jackson)
1816年3月1日 アンドリュー・ジャクソン、(1767年-1845年)、米英戦争の将軍、後の大統領 33,225人 1,089km2
(420.28mi2)
Map of Ohio highlighting Jackson County.svg
ジェファーソン郡
(Jefferson County)
スチューベンビル
(Steubenville)
1797年7月29日 トーマス・ジェファーソン(1743年-1826年)、郡創設時の副大統領、後の大統領、アメリカ独立宣言の起草者 69,709人 1,061km2
(409.61mi2)
Map of Ohio highlighting Jefferson County.svg
ノックス郡
(Knox County)
マウントバーノン
(Mount Vernon)
1808年3月1日 ヘンリー・ノックス、初代アメリカ合衆国陸軍長官 60,921人 1,365km2
(527.12mi2)
Map of Ohio highlighting Knox County.svg
レイク郡
(Lake County)
ペインズビル
(Painesville)
1840年3月6日 エリー湖に接していたこと 230,041人 591km2
(228.21mi2)
Map of Ohio highlighting Lake County.svg
ローレンス郡
(Lawrence County)
アイアントン
(Ironton)
1815年12月21日 ジェイムズ・ローレンス(1781年-1813年)、米英戦争の海軍英雄 62,450人 1,178km2
(454.96mi2)
Map of Ohio highlighting Lawrence County.svg
リッキング郡
(Licking County)
ニューアーク
(Newark)
1808年3月1日 地域にあった岩塩(リック) 166,492人 1,778km2
(686.50mi2)
Map of Ohio highlighting Licking County.svg
ローガン郡
(Logan County)
ベルファウンテン
(Bellefontaine)
1818年3月1日 ベンジャミン・ローガン(1742年頃-1802年)、郡内にあったショーニー族の集落を破壊した 45,858人 1,187km2
(458.44mi2)
Map of Ohio highlighting Logan County.svg
ロレイン郡
(Lorain County)
イリリア
(Elyria)
1822年12月26日 フランスのロレーヌ地域圏 301,356人 1,276km2
(492.50mi2)
Map of Ohio highlighting Lorain County.svg
ルーカス郡
(Lucas County)
トレド
(Toledo)
1835年6月20日 ロバート・ルーカス(1781年-1853年)、郡創設時のオハイオ州知事 441,815人 882km2
(340.46mi2)
Map of Ohio highlighting Lucas County.svg
マディソン郡
(Madison County)
ロンドン
(London)
1810年3月1日 ジェームズ・マディソン(1751年-1836年)、第4代大統領、郡創設時に在任 43,435人 1,205km2
(465.44mi2)
Map of Ohio highlighting Madison County.svg
マホニング郡
(Mahoning County)
ヤングスタウン
(Youngstown)
1846年3月1日 マホニング川、インディアンの言葉で「岩塩の所で」 238,823人 1,075km2
(415.25mi2)
Map of Ohio highlighting Mahoning County.svg
マリオン郡
(Marion County)
マリオン
(Marion)
1820年4月1日 フランシス・マリオン(1732年-1795年)、アメリカ独立戦争の軍人 66,501人 1,046km2
(403.84mi2)
Map of Ohio highlighting Marion County.svg
メダイナ郡
(Medina County)
メダイナ
(Medina)
1912年2月18日 メディナサウジアラビアマディーナ州にある聖地 172,332人 1,092km2
(421.55mi2)
Map of Ohio highlighting Medina County.svg
メグズ郡
(Meigs County)
ポメロイ
(Pomeroy)
1819年4月1日 リターン・ジョナサン・メグズ(1764年-1825年)、オハイオ州知事、郡創設時のアメリカ合衆国郵政長官 23,770人 1,112km2
(429.42mi2)
Map of Ohio highlighting Meigs County.svg
マーサー郡
(Mercer County)
セライナ
(Celina)
1820年4月1日 ヒュー・マーサー(1726年-1777年)、アメリカ独立戦争の軍人 40,814人 1,200km2
(463.27mi2)
Map of Ohio highlighting Mercer County.svg
マイアミ郡
(Miami County)
トロイ
(Troy)
1807年3月1日 マイアミ族インディアン 102,506人 1,054km2
(407.04mi2)
Map of Ohio highlighting Miami County.svg
モンロー郡
(Monroe County)
ウッズフィールド
(Woodsifeld)
1813年2月29日 ジェームズ・モンロー、郡創設時のアメリカ合衆国国務長官、後の大統領 14,642人 1,180km2
(455.54mi2)
Map of Ohio highlighting Monroe County.svg
モンゴメリー郡
(Montgomery County)
デイトン
(Dayton)
1803年5月1日 リチャード・モントゴメリー(1738年-1775年)、アメリカ独立戦争の軍人 535,153人 1,196km2
(461.68mi2)
Map of Ohio highlighting Montgomery County.svg
モーガン郡
(Morgan County)
マコネルスビル
(McConnelsville)
1817年12月29日 ダニエル・モーガン(1735年頃-1802年)、アメリカ独立戦争の軍人 15,054人 1,082km2
(417.66mi2)
Map of Ohio highlighting Morgan County.svg
モロー郡
(Morrow County)
マウントギリアド
(Mount Gilead)
1848年3月1日 ジェレマイア・モロー(1771年-1852年)、オハイオ州知事 34,827人 1,052km2
(406.22mi2)
Map of Ohio highlighting Morrow County.svg
マスキンガム郡
(Muskingum County)
ゼインズビル
(Zanesville)
1803年3月1日 インディアンの言葉で「川側の町」あるいは「川岸の側」 86,074人 1,721km2
(664.63mi2)
Map of Ohio highlighting Muskingum County.svg
ノーブル郡
(Noble County)
コールドウェル
(Caldwell)
1851年4月1日 ジェイムズ・ノーブル(1785年-1831年)、地域の初期開拓者、後のインディアナ州選出アメリカ合衆国上院議員 14,645人 1,033km2
(399.00mi2)
Map of Ohio highlighting Noble County.svg
オタワ郡
(Ottawa County)
ポートクリントン
(Port Clinton)
1840年3月6日 オタワ族インディアン、「交易業者」を意味する 41,428人 660km2
(254.95mi2)
Map of Ohio highlighting Ottawa County.svg
ポールディング郡
(Paulding County)
ポールディング
(Paulding)
1820年4月1日 ジョン・ポールディング(1758年-1818年)、アメリカ独立戦争の時にイギリスのスパイジョン・アンドレを捕まえた 19,614人 1,078km2
(416.26mi2)
Map of Ohio highlighting Paulding County.svg
ペリー郡
(Perry County)
ニューレキシントン
(New Lexington)
1818年3月1日 オリバー・ハザード・ペリー(1785年-1819年)、米英戦争の海軍軍人 36,058人 1,061km2
(409.78mi2)
Map of Ohio highlighting Perry County.svg
ピッカウェイ郡
(Pickaway County)
サークルビル
(Circleville)
1810年3月1日 ショーニー族の支族であるピカ族(綴り違い)、あるいはインディアンの言葉"Piqua" の異形 55,698人 1,300km2
(501.91mi2)
Map of Ohio highlighting Pickaway County.svg
パイク郡
(Pike County)
ウェイバリー
(Waverly)
1815年2月1日 ゼブロン・パイク(1779年-1813年)、アメリカ独立戦争の軍人、1806年にコララドのパイクス峰を発見 28,709人 1,143km2
(441.49mi2)
Map of Ohio highlighting Pike County.svg
ポーテージ郡
(Portage County)
ラベンナ
(Ravenna)
1807年6月7日 インディアンの陸路搬送から派生 161,419人 1,275km2
(492.39mi2)
Map of Ohio highlighting Portage County.svg
プレブル郡
(Preble County)
イートン
(Eaton)
1808年3月1日 エドワード・プレブル(1761年-1807年)、アメリカ独立戦争の海軍軍人 42,270人 1,100km2
(424.80mi2)
Map of Ohio highlighting Preble County.svg
パットナム郡
(Putnam County)
オタワ
(Ottawa)
1820年4月1日 イズラエル・パットナム(1718年-1790年)、アメリカ独立戦争の軍人 34,499人 1,253km2
(483.87mi2)
Map of Ohio highlighting Putnam County.svg
リッチランド郡
(Richland County)
マンスフィールド
(Mansfield)
1808年3月1日 地域の土壌の肥沃さ 124,475人 1,287km2
(496.88mi2)
Map of Ohio highlighting Richland County.svg
ロス郡
(Ross County)
チリコシー
(Chillicothe)
1798年8月20日 ジェイムズ・ロス、ペンシルベニア州選出アメリカ合衆国上院議員 78,064人 1,783km2
(688.41mi2)
Map of Ohio highlighting Ross County.svg
サンダスキー郡
(Sandusky County)
フリーモント
(Fremont)
1820年4月1日 イロコイ族の言葉で「冷たい水」 60,944人 1,060km2
(409.18mi2)
Map of Ohio highlighting Sandusky County.svg
サイオト郡
(Scioto County)
ポーツマス
(Portsmouth)
1803年5月1日 サイオト川、ワイアンドット族の言葉で「鹿」 79,499人 1,586km2
(612.27mi2)
Map of Ohio highlighting Scioto County.svg
セネカ郡
(Seneca County)
ティフィン
(Tiffin)
1820年4月1日 セネカ族インディアン、当時郡内に居留地があった 56,745人 1,426km2
(550.59mi2)
Map of Ohio highlighting Seneca County.svg
シェルビー郡
(Shelby County)
シドニー
(Sidney)
1819年4月1日 アイザック・シェルビー(1750年-1826年)、アメリカ独立戦争の軍人、ケンタッキー州知事 49,423人 1,060km2
(409.27mi2)
Map of Ohio highlighting Shelby County.svg
スターク郡
(Stark County)
カントン
(Canton)
1808年2月13日 ジョン・スターク(1728年-1822年)、アメリカ独立戦争の軍人、ベニントンの英雄 375,586人 1,492km2
(576.14mi2)
Map of Ohio highlighting Stark County.svg
サミット郡
(Summit County)
アクロン
(Akron)
1840年3月3日 オハイオ運河最高標高点から 541,781人 1,069km2
(412.72mi2)
Map of Ohio highlighting Summit County.svg
トランブル郡
(Trumbull County)
ウォーレン
(Warren)
1800年7月10日 ジョナサン・トランブル(1710年-1785年)、郡創設時のコネチカット州知事 210,312人 1,597km2
(616.48mi2)
Map of Ohio highlighting Trumbull County.svg
タスカラワス郡
(Tuscarawas County)
ニューフィラデルフィア
(New Philadelphia)
1808年3月15日 タスカラワス川、「河口の開けた川」、あるいはこの川沿いに住んだタスカラワス族 92,582人 1,470km2
(567.58mi2)
Map of Ohio highlighting Tuscarawas County.svg
ユニオン郡
(Union County)
メアリーズビル
(Marysville)
1820年4月1日 4つの郡を合わせて作られたこと 52,300人 1,131km2
(436.65mi2)
Map of Ohio highlighting Union County.svg
バンワート郡
(Van Wert County)
バンワート
(Van Wert)
1820年4月1日 アイザック・ヴァン・ワート(1760年-1828年)、アメリカ独立戦争の時にイギリスのスパイジョン・アンドレを捕まえた 28,744人 1,062km2
(410.09mi2)
Map of Ohio highlighting Van Wert County.svg
ビントン郡
(Vinton County)
マッカーサー
(McArthur)
1850年3月23日 サミュエル・ギンリー・ビントン(1792年-1862年)、オハイオ州の政治家、アメリカ合衆国下院議員 13,435人 1,072km2
(414.08mi2)
Map of Ohio highlighting Vinton County.svg
ウォーレン郡
(Warren County)
レバノン
(Lebanon)
1803年5月1日 ジョセフ・ウォーレン(1741年-1775年)、アメリカ独立戦争の軍人 212,693人 1,035km2
(399.63mi2)
Map of Ohio highlighting Warren County.svg
ワシントン郡
(Washington County)
マリエッタ
(Marietta)
1788年7月27日 ジョージ・ワシントン(1732年-1799年)、初代アメリカ合衆国大統領 61,778人 1,645km2
(635.15mi2)
Map of Ohio highlighting Washington County.svg
ウェイン郡
(Wayne County)
ウースター
(Wooster)
1808年3月1日 アンソニー・ウェイン(1745年-1796年)、アメリカ独立戦争の軍人 114,520人 1,438km2
(555.36mi2)
Map of Ohio highlighting Wayne County.svg
ウィリアムズ郡
(Williams County)
ブライアン
(Bryan)
1820年4月1日 デイビッド・ウィリアムズ(1754年-1831年)、アメリカ独立戦争の時にイギリスのスパイジョン・アンドレを捕まえた 37,642人 1,092km2
(421.74mi2)
Map of Ohio highlighting Williams County.svg
ウッド郡
(Wood County)
ボーリンググリーン
(Bowling Green)
1820年4月1日 エリザー・D・ウッド(1783年-1814年)、メグス砦設立者 125,488人 1,599km2
(617.32mi2)
Map of Ohio highlighting Wood County.svg
ワイアンドット郡
(Wyandot County)
アッパーサンダスキー
(Upper Sandusky)
1845年2月3日 ワイアンドット族インディアン 22,615人 1,051km2
(405.61mi2)
Map of Ohio highlighting Wyandot County.svg

[編集]

  1. ^ Issue 6 reform wins big and sets in motion even bigger changes for Cuyahoga County”. cleveland.com. 2010年1月28日閲覧。
  2. ^ Michigan”. USA Today. 2011年4月2日閲覧。
  3. ^ Ohio Genealogy Clickable County Map”. 2007年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月25日閲覧。
  4. ^ Resolution of 111th Ohio General Assembly designating John Allen as the person for which Allen County was named.
  5. ^ Ashtabula, Encyclopædia Britannica, 2007. Accessed 2007-11-19.
  6. ^ Cuyahoga River, Encyclopædia Britannica, 2007. Accessed 2007-11-19.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]