ローレンス郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オハイオ州ローレンス郡
Lawrence County, Ohio Courthouse.jpg
アイアントン市にあるローレンス郡庁舎
ローレンス郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1815年12月21日[1]
郡名の由来 ジェイムズ・ローレンス
郡庁所在地 アイアントン
最大の都市 アイアントン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,184 km2 (457.28 mi2)
1,174 km2 (453.37 mi2)
10 km2 (3.90 mi2), 0.85%
人口
 - (2010年)
 - 密度

62,450人
53人/km2 (137.7人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4

ローレンス郡: Lawrence County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の最南部に位置するである。2010年国勢調査での人口は62,450人であり、2000年の62,319人から0.2%増加した[2]郡庁所在地アイアントン市(人口11,129人[3])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

ローレンス郡はウェストバージニア州ケンタッキー州に跨るハンティントンアシュランド大都市圏に属している。2000年時点の都市圏人口は 288,649人だった。郡名は「艦を諦めるな」というセリフで名高い米英戦争の海軍士官ジェイムズ・ローレンスに因んで名付けられた。

歴史[編集]

1796年、この地域の初期開拓者であるルーク・ケリーとその家族、およびメイ・カイザーがオハイオ川沿いのハンギングロックに入植した[4]。ローレンス郡は1816年12月20日に、ガリア郡サイオト郡の一部を合わせて設立された。郡庁所在地はバーリントンだった[5]。1851年、郡庁はバーリントンから現在のアイアントンに移された。当時新しい郡庁舎が建設されたが、1857年の火事で焼けた。現在の郡庁舎は1908年に建設された。

ローレンス郡民は米墨戦争に出陣し、少なくとも1人が戦死した。南北戦争では1862年までに約3,200人が北軍に参加した[6]第一次世界大戦では、2,200人の郡民がアメリカ軍に従軍し、99人が戦死した[7]

開拓が始まったときからローレンス郡は、鉄、木材、石炭、天然ガス、石油、塩など天然資源が豊富だった。20世紀が始まるまでに、これらの多くは枯渇していた。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は457.28平方マイル (1,184.3 km2)であり、このうち陸地453.37平方マイル (1,174.2 km2)、水域は3.90平方マイル (10.1 km2)で水域率は0.85%である[8]。ローレンス郡はオハイオ州の最南端に位置している。

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • ウェイン国立の森(部分)

人口動態[編集]

人口推移
人口
18203,499
18305,36753.4%
18409,73881.4%
185015,24656.6%
186023,24952.5%
187031,38035.0%
188039,06824.5%
189039,5561.2%
190039,534−0.1%
191039,488−0.1%
192039,5400.1%
193044,54112.6%
194046,7054.9%
195049,1155.2%
196055,43812.9%
197056,8682.6%
198063,84912.3%
199061,834−3.2%
200062,3190.8%
201062,4500.2%
[9]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 62,319人
  • 世帯数: 24,732 世帯
  • 家族数: 17,807 家族
  • 人口密度: 53人/km2(137人/mi2
  • 住居数: 27,189軒
  • 住居密度: 23軒/km2(60軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.5%
  • 18-24歳: 8.6%
  • 25-44歳: 28.0%
  • 45-64歳: 24.5%
  • 65歳以上: 14.4%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.2
    • 18歳以上: 88.4

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 56.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.9%
  • 非家族世帯: 28.0%
  • 単身世帯: 24.9%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.2%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.49人
    • 家族: 2.96人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 29,127米ドル
    • 家族: 35,308米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,622米ドル
      • 女性: 20,961米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,678米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 18.9%
    • 対家族数: 15.2%
    • 18歳未満: 27.3%
    • 65歳以上: 12.9%
ローレンス郡図

郡区[編集]

ローレンス郡は下記14の郡区に分割されている。

  • エイド
  • ディケーター
  • エリザベス
  • ファイエット
  • ハミルトン
  • ローレンス
  • メイソン
  • ペリー
  • ローム
  • シムズ
  • ユニオン
  • アッパー
  • ワシントン
  • ウィンザー

都市[編集]

[編集]

  • アサリア
  • チェサピーク
  • コールグローブ
  • ハンギングロック
  • プロクタービル
  • サウスポイント

国勢調査指定地域[編集]

  • バーリントン

未編入の町[編集]

  • エトナ
  • キッツヒル
  • ペドロ
  • ロックキャンプ
  • スコットタウン
  • ウォータールー
  • ウィロウウッド

脚注[編集]

  1. ^ Ohio County Profiles: Lawrence County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Lawrence County Archived 2011年7月13日, at WebCite - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Ironton, Ohio - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Brown, Paul M. (1966). A Story About Lawrence County, Ohio. Huntington, WV: Paul Brown Publishing Co.. p. 15 (unnumbered). OCLC 2667859. 
  5. ^ Brown, Paul M. (1966). A Story About Lawrence County, Ohio. Huntington, WV: Paul Brown Publishing Co.. p. 10 (unnumbered). OCLC 2667859. 
  6. ^ "'Ironton Register, October 9, 1862
  7. ^ WW I Stories”. 2012年12月17日閲覧。
  8. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  9. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度35分 西経82度32分 / 北緯38.59度 西経82.54度 / 38.59; -82.54