モンゴメリー郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オハイオ州モンゴメリー郡
Dayton-ohio-courthouse-old.jpg
デイトン市にあるモンゴメリー郡庁舎、1850年に完成したギリシャ復古調様式
モンゴメリー郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1803年5月1日[1]
郡名の由来 リチャード・モントゴメリー
郡庁所在地 デイトン
最大の都市 デイトン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,203 km2 (464.34 mi2)
1,195 km2 (461.55 mi2)
7 km2 (2.78 mi2), 0.60%
人口
 - (2010年)
 - 密度

535,153人
448人/km2 (1,159.5人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.mcohio.org

モンゴメリー郡: Montgomery County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は535,153人であり、2000年の559,062人から4.3%減少した[2]。人口では州内第5位の郡である[3]郡庁所在地デイトン市(人口141,527人[4])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

モンゴメリー郡はデイトン大都市圏に属している。郡名はアメリカ独立戦争の将軍であり、1775年12月31日にカナダケベック市を攻撃中に戦死したリチャード・モントゴメリーに因んで名付けられた[5]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は463.34平方マイル (1202.6 km2)であり、このうち陸地461.55平方マイル (1,195.4 km2)、水域は2.78平方マイル (7.2 km2)で水域率は0.60%である[6]

主要高規格道路[編集]

  • I-70.svg 州間高速道路70号線、デイトン市郊外を通る東西方向主要道路
  • I-75.svg 州間高速道路75号線、デイトン市内を通る南北方向主要道路
  • I-675.svg 州間高速道路675号線、郡南部を通るバイパス路
  • US 25.svg アメリカ国道25号線、州間高速道路75号線の完成で役目を終えた
  • US 35.svg アメリカ国道35号線
  • US 40.svg アメリカ国道40号線
  • OH-4.svg オハイオ州道4号線
  • OH-48.svg オハイオ州道48号線
  • OH-49.svg オハイオ州道49号線
  • OH-123.svg オハイオ州道123号線
  • OH-201.svg オハイオ州道201号線
  • OH-202.svg オハイオ州道202号線
  • OH-235.svg オハイオ州道235号線
  • OH-444.svg オハイオ州道444号線
  • OH-725.svg オハイオ州道725号線
  • OH-741.svg オハイオ州道741号線
  • OH-835.svg オハイオ州道835号線

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • デイトン航空術遺産国立歴史公園(部分)

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1810 7,722
1820 15,999 107.2%
1830 24,362 52.3%
1840 31,938 31.1%
1850 38,218 19.7%
1860 52,230 36.7%
1870 64,006 22.5%
1880 78,550 22.7%
1890 100,552 28.0%
1900 130,146 29.4%
1910 163,763 25.8%
1920 209,532 27.9%
1930 273,481 30.5%
1940 295,480 8.0%
1950 398,441 34.8%
1960 527,080 32.3%
1970 606,148 15.0%
1980 571,697 −5.7%
1990 573,809 0.4%
2000 559,062 −2.6%
2010 535,153 −4.3%
2012(推計) 543,116 −2.9%

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 559,062人
  • 世帯数: 229,229 世帯
  • 家族数: 146,935 家族
  • 人口密度: 468人/km2(1,211人/mi2
  • 住居数: 248,443軒
  • 住居密度: 208軒/km2(538軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.7%
  • 18-24歳: 9.7%
  • 25-44歳: 29.0%
  • 45-64歳: 22.9%
  • 65歳以上: 13.7%
  • 年齢の中央値: 36歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.3
    • 18歳以上: 88.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 29.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 46.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.8%
  • 非家族世帯: 35.9%
  • 単身世帯: 30.4%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.37人
    • 家族: 2.96人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 40,156米ドル
    • 家族: 50,071米ドル
    • 性別
      • 男性: 38,710米ドル
      • 女性: 27,297米ドル
  • 人口1人あたり収入: 21,743米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 113%
    • 対家族数: 8.3%
    • 18歳未満: 15.6%
    • 65歳以上: 8.2%

政治[編集]

最近5回のアメリカ合衆国大統領選挙でモンゴメリー郡は民主党候補を選んだが、それほど大きな差ではなかった。

大統領選挙の結果 1960年-2008年
民主党 共和党
2008年 52.3% 145,997 46.1% 128,679
2004年 50.6% 142,997 49.0% 138,371
2000年 49.6% 114,597 47.5% 109,792
1996年 50.0% 115,469 41.3% 95,391
1992年 41.3% 108,017 40.0% 104,751
1988年 41.8% 95,737 57.5% 131,569
1984年 40.5% 94,016 59.0% 137,053
1980年 50.0% 105,110 47.1% 101,443
1976年 50.4% 106,468 47.4% 100,223
1972年 39.4% 82,231 58.0% 120,998
1968年 46.4% 96,082 40.9% 84,766
1964年 63.8% 126,633 36.2% 71,979
1960年 47.3% 98,325 52.7% 109,602
モンゴメリー郡図
デイトン市中心街、郡内最大の都市

郡区[編集]

モンゴメリー郡は下記9つの郡区に分割されている。

  • バトラー
  • クレイ
  • ジャーマン
  • ハリソン
  • ジャクソン
  • ジェファーソン
  • マイアミ
  • ペリー
  • ワシントン

廃止された郡区[編集]

  • デイトン
  • マッドリバー
  • マディソン
  • ランドルフ
  • ヴァンビューレン
  • ウェイン

都市[編集]

[編集]

  • ファーマーズビル
  • ニューレバノン
  • フィリップスバーグ
  • ベローナ

国勢調査指定地域[編集]

  • ドレクセル
  • フォートマッキンリー
  • ノースリッジ
  • シャイロー

未編入の町[編集]

  • ショートーカ
  • ピアモント

教育[編集]

高等教育機関[編集]

公立[編集]

  • 空軍工科大学、ライト・パターソン空軍基地内
  • シンクレア・コミュニティカレッジ
  • ライト州立大学、実際には隣接するグリーン郡にあるが、住所はデイトン市になっている。

私立[編集]

  • デイトン大学
  • ケタリング医療技術カレッジ

公共教育学区[編集]

下記の教育学区はその全体あるいは一部がモンゴメリー郡内にある。

  • ローカル教育学区
    • ブルックビル・ローカル教育学区
      • ブルックビル高校、ブルックビル市
    • ニューレバノン・ローカル教育学区
      • ディキシー高校、ディキシー
    • ジェファーソン郡区ローカル教育学区
      • ジェファーソン郡区高校、デイトン市
    • ノースリッジ・ローカル教育学区
      • ノースリッジ高校
    • マッドリバー・ローカル教育学区
      • ウォルター・E・ステビンス高校、リバーサイド市
    • バレービュー・ローカル教育学区
      • バレービュー高校、ジャーマンタウン市
  • 市教育学区
    • センタービル市教育学区
      • センタービル高校、センタービル市
    • デイトン公立教育学区
      • ベルモント高校(コンピュータ技術・工学)、デイトン市
      • サーグッド・マーシャル高校(芸術)、デイトン市
      • デイトン初期カレッジ・アカデミー、デイトン市
      • ダンバー高校(職業教育)、デイトン市
      • メドウデール高校(文化学習、国際バカロリエイト)、デイトン市
      • パターソン職業訓練センター、デイトン市
      • スタイバーズ芸術学校、デイトン市
    • ヒューバーハイツ市教育学区
      • ウェイン高校、 ヒューバーハイツ市
    • ケタリング市教育学区
      • フェアモント高校、ケタリング市
        • (元東フェアモント高校と西フェアモント高校が合併)
    • マイアミズバーグ市教育学区
      • マイアミズバーグ高校、マイアミズバーグ市
    • ノースモント市教育学区
      • ノースモント高校、クレイトン市
    • オークウッド市教育学区
      • オークウッド高校、オークウッド市
    • トロットウッド・マディソン市教育学区
      • トロットウッド・マディソン高校、トロットウッド市
    • バンダリア・バトラー市教育学区
      • バトラー高校、バンダリア市
    • ウェストキャロルトン市教育学区
      • ウェストキャロルトンシニア高校、ウェストキャロルトン市
  • カーライル高校、カーライル市

私立学校[編集]

  • アークビショップ・アルター高校、ケタリング市(ローマ・カトリック
  • キャロル高校、デイトン市(ローマ・カトリック)
  • シャミナード・ジュリエンヌ高校、デイトン市(ローマ・カトリック/マリア会
  • デイトン・クリスチャン高校、デイトン市(無会派クリスチャン)
  • マイアミバレー学校、デイトン市(無会派)
  • スプリングバレー・アカデミー、センタービル市(セブンスデー・アドベンチスト教会

脚注[編集]

  1. ^ Ohio County Profiles: Montgomery County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Montgomery County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Ohio 2010 Census Population For Counties”. 2011年10月18日閲覧。
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Dayton, Ohio - accessed 2011-12-06.
  5. ^ Montgomery County data”. Ohio State University Extension Data Center. 2008年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月28日閲覧。
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]


座標: 北緯39度45分 西経84度17分 / 北緯39.75度 西経84.29度 / 39.75; -84.29