エイジアンウインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイジアンウインズ
Asian Winds 20080518P1.jpg
2008年5月18日 東京競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2004年3月28日(13歳)
登録日 2006年10月26日
抹消日 2009年6月12日
フジキセキ
サクラサクII
母の父 デインヒル
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 太田美實
調教師 藤原英昭栗東
競走成績
生涯成績 11戦6勝
獲得賞金 2億1355万9000円
テンプレートを表示

エイジアンウインズ (Asian Winds) とは、日本中央競馬会に登録されていた元競走馬である。2008年のヴィクトリアマイル阪神牝馬ステークスに優勝した。

経歴[編集]

2004年3月、北海道千歳市社台ファームに生まれる。当歳時に日本競走馬協会主催のセレクトセールに出品され、馬主の太田美實から購買依頼を受けた調教師藤原英昭に1800万円で落札された。後に藤原が「桜花賞を勝つために決めた」と語る好素質馬であったが、脚部には故障の不安があり、比較的安価の落札であった[1]

競走年齢に達した2006年10月、栗東トレーニングセンターの藤原厩舎に入る。馬名「エイジアンウインズ」は、宝塚歌劇団員であった馬主の妻が、同劇団のレビュー『「ASIAN WINDS!」-アジアの風-』から命名した。

戦績[編集]

2006年12月、阪神開催でデビュー。しばらくは脚に負担の少ないダートコースの競走に使われ、翌年3月までに4戦2勝という成績で進んだ。4月にはクラシック初戦の桜花賞を控えたが、藤原は芝の競走を走らせるには時期尚早と判断。長期目標として翌年春のヴィクトリアマイルを据え、エイジアンウインズは放牧に出された。

秋に復帰。緒戦を9着とした後、続く条件戦で初めて芝コースを走り、2着。12月に3勝目を挙げた。再度の休養後、再始動2戦目の準オープン戦に勝利し、古馬オープンクラスに昇格。中2週で臨んだ阪神牝馬ステークスで重賞に初出走すると、1番人気のブルーメンブラット以下を退けて逃げ切り勝ちを収めた。

第3回ヴィクトリアマイル決勝線

次走、かねて目標としたヴィクトリアマイルに出走。鞍上には本馬初騎乗となる藤田伸二を迎えた。当日は、前年の東京優駿(日本ダービー)優勝牝馬ウオッカに人気が集中し、本馬は5番人気の評価であった。しかし道中中団の位置から、直線半ばで馬群を割って抜け出し、ゴール前追い込んだウオッカ、ブルーメンブラットを振り切って優勝。管理調教師の藤原と共に、GI級(JpnI)競走初勝利を挙げた。馬主の太田にとっても、ウイニングチケット1993年東京優駿)以来のGI級競走勝利となった。

次走にはアメリカのG2競走キャッシュコールマイル出走が予定されていたが、同じくアメリカ行きを予定していたトールポピーが遠征を中止したため、単独遠征はリスクが大きいとの判断から断念[2]、休養に入った。秋の目標はマイルチャンピオンシップとされたが出走を果たせず、休養は長期に及んだ。2009年はヴィクトリアマイルを目指して一旦は帰厩したが体勢が整わず、結局現役続行を断念して6月12月付けで登録を抹消、競走生活から退いた[3]

現在は北海道新ひだか町藤原牧場にて繁殖牝馬となっている[3]

繁殖成績[編集]

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 2011年 鹿毛 コンデュイット
2番仔 エイジアンドリーム 2012年 鹿毛 キングカメハメハ 栗東・藤原英昭 太田珠々子 1戦0勝(引退)
3番仔 マッジョテンペスタ 2013年 鹿毛 ワークフォース 栗東・藤原英昭
金沢・金田一昌
太田珠々子 現役
4番仔 スマイルアゲイン 2014年 鹿毛 エンパイアメーカー 栗東・藤原英昭 太田珠々子 現役
5番仔 メジェールスー 2015年 鹿毛 ロードカナロア 栗東・藤原英昭 太田珠々子 現役
6番仔 2016年 鹿毛 ケープブランコ
7番仔 2017年 鹿毛 ルーラーシップ

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006 12. 3 阪神 2歳新馬 12 5 5 1.8 (1人) 3着 福永祐一 54 ダ1400m(良) 1:26.7(38.2) 0.6 シャドウストライプ
12. 24 阪神 2歳未勝利 15 8 14 1.4 (1人) 1着 C.ルメール 54 ダ1400m(良) 1:26.8(38.2) -0.8 (ヤマニンプロローグ)
2007 1. 21 京都 若菜賞 13 1 1 2.5 (1人) 3着 C.ルメール 54 ダ1400m(良) 1:25.7(38.5) 0.3 アマノチェリーラン
3. 17 阪神 3歳500万下 12 7 9 1.5 (1人) 1着 岩田康誠 54 ダ1200m(良) 1:13.4(38.5) -0.2 (トーワスキャット)
10. 27 京都 3歳1000万下 16 7 13 6.5 (3人) 9着 福永祐一 53 ダ1400m(稍) 1:25.7(39.0) 1.0 ハナイチリン
11. 18 京都 宝ケ池特別 17 3 5 14.4 (6人) 2着 C.ルメール 54 芝1200m(良) 1:21.6(34.1) 0.1 シャイナムスメ
12. 1 中京 鳥羽特別 18 3 6 2.8 (1人) 1着 M.デムーロ 54 芝1200m(良) 1:07.8(33.6) -0.3 (スプリングタピアン)
2008 3. 1 中山 韓国馬事会杯 16 3 6 2.6 (1人) 2着 横山典弘 55 芝1200m(良) 1:08.8(35.2) 0.5 ウエスタンビーナス
3. 30 阪神 心斎橋S 18 4 7 3.2 (1人) 1着 鮫島良太 54 芝1400m(良) 1:21.5(35.1) -0.1 (マイネルポライト)
4. 12 阪神 阪神牝馬S 15 2 3 8.8 (5人) 1着 鮫島良太 55 芝1400m(良) 1:21.4(34.2) 0.0 ブルーメンブラット
5. 18 東京 ヴィクトリアマイル JpnI 18 3 6 13.4 (5人) 1着 藤田伸二 55 芝1600m(良) 1:33.7(33.4) -0.1 ウオッカ

血統表[編集]

エイジアンウインズ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系

フジキセキ
1992 青鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer
1983 鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

サクラサクII
1997 鹿毛
*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
母の母
*サクラフブキ
Sakura Fubuki
1990 鹿毛
*フォーティナイナー Mr. Prospector
File
Bound Nijinsky II
Special
母系(F-No.) Rough Shod系(FN:5-h) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4・5(母内)、Natalma 5・5(母内) [§ 3]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [4][5]
  3. ^ [4]

4代母のSpecialを始祖とする牝系からはNureyevSadler's WellsFairy Kingジェイドロバリーなど活躍馬多数。その他の近親にはエルコンドルパサーがいる(3代母LisadellがSpecialの全妹にあたる)。

脚注[編集]

  1. ^ 当年のセレクトセール平均落札額は3447万円。(セレクトセールについて”. 馬市ドットコム. 2009年6月13日閲覧。
  2. ^ トール、エイジアン米遠征取り止め”. 競馬道online. 2009年6月13日閲覧。
  3. ^ a b エイジアンウインズ号が競走馬登録抹消”. JRA. 2009年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|エイジアンウインズ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年7月11日閲覧。
  5. ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). “『覚えておきたい日本の牝系100』収録の全牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2017年7月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿』2008年7月号(日本中央競馬会、2008年)
  • 『優駿』2008年8月号(日本中央競馬会、2008年)

外部リンク[編集]