「艦これ」いつかあの海で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いつかあの海でから転送)
艦隊これくしょん -艦これ- > 「艦これ」いつかあの海で
「艦これ」いつかあの海で
Fleet Girls Collection "KanColle" 1944
-I・TSU・KA・A・NO・U・MI・DE-
ジャンル 艦船擬人化
アニメ
原作 C2機関ブラウザゲーム
艦隊これくしょん -艦これ-』)[注 1]
監督 三浦和也
シリーズ構成 田中謙介
脚本 田中謙介
キャラクターデザイン 能海知佳
音楽 大越香里
アニメーション制作 ENGI
製作 C2機関 / KADOKAWA /
「艦これ」第二水雷戦隊[注 2]
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2022年11月4日 -
話数 全8話(予定)[1]
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

「艦これ」いつかあの海で』(かんこれ いつかあのうみで、Fleet Girls Collection "KanColle" 1944 -I・TSU・KA・A・NO・U・MI・DE-[2])は、合同会社EXNOA(DMM GAMES[注 1])のブラウザゲーム艦隊これくしょん -艦これ-』を原作とする日本テレビアニメ[3]。2022年11月よりTOKYO MXほかにて放送予定[4][5]

概要[編集]

『艦これ』を原作とするアニメ作品としては2015年1月から3月までディオメディアの制作で放送されたテレビシリーズ(以下「第1期」)および、2016年11月28日公開のアニメ映画『劇場版 艦これ』以来となる。第1期の最終話で「特報 続編制作決定」が告知された後、同年8月にパシフィコ横浜で開催されたイベント上で劇場版の制作を発表した際に「制作はTVシリーズ続編と同時進行」と説明されていたが[6]、テレビシリーズ第2期(以下「第2期」)に関しては劇場版の公開後も2年余り続報の無いままであった。

2019年1月、日本武道館で開催されたイベント上において第2期のプロモーションビデオ(PV)が初めて上映され、この席上で第2期の制作会社が前年の設立から日が浅いENGIであることが公表された[7][注 3]。ENGIが元請となるテレビアニメでは最初に発表されたにも関わらず、それ以降は後から発表された他のアニメ作品5タイトルが同年10 - 12月放送の『旗揚! けものみち』を皮切りに相次いで放送される状況が続いていた[注 4]

KADOKAWAが同年11月14日に公表した中間決算資料では27ページに“大ヒットIP「艦隊これくしょん」のTVアニメシリーズ第2期制作”と記述されたものの、掲載されたキービジュアルは第1期の流用であった[8]。2021年になり『ファミ通』5月13・20日号(4月28日発売)掲載の特集記事で第2期の設定画を部分的に公開し、6月10日発売の『コンプティーク』7月号ではPVからのスチル画像が初めて掲載されたが、その間もアニメ雑誌月刊ニュータイプ』では本作の関連情報が全く取り上げられない状況が長く続き、同誌上では放送予定2か月前の2022年10月号(9月9日発売)に初めて情報が掲載された。

2022年1月に「今秋放送予定」とするスケジュールおよび、第2期のストーリーが第1期および劇場版とは連続していない旨のアナウンスが行われた[9]。表題は2019年にPVをイベント限定で上映して以降も長らく未確定であったが、2022年3月開催のAnimeJapanにおいて、『「艦これ」いつかあの海で』と発表された[4]。表題中、前半部分の“「艦これ」”は合同会社EXNOA[10]、後半部分の“いつかあの海で”は株式会社C2プレパラートがそれぞれ別々に商標登録している状態であり[11][注 5]、権利関係が複雑になっている。監督にはENGIの設立以来、同社が制作した大半のテレビシリーズを手掛けて来た三浦和也が起用されている[注 4]

2022年4月1日、KADOKAWAのYouTubeチャンネルで過去3年にわたりイベント限定で上映されて来たPVがオンライン公開された[3][12]

ストーリー[編集]

映像外部リンク
『「艦これ」いつかあの海で』特報(KADOKAWAanime) - YouTube

英題に含まれる「1944」の数字から、レイテ沖海戦をベースにしたストーリーとなることが示唆されている[4]

登場キャラクター[編集]

キャストは公式サイト掲載順。

スタッフ[編集]

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [13] 備考
2022年11月4日 - 金曜 0:30 - 1:00(木曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜) KBS京都 京都府
金曜 1:30 - 2:00(木曜深夜) サンテレビ 兵庫県 リピート放送あり
金曜 2:05 - 2:35(木曜深夜) テレビ愛知 愛知県
金曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2022年11月8日 - 火曜 1:30 - 2:00(月曜深夜) 中国放送 広島県
火曜 1:56 - 2:26(月曜深夜) 北海道放送 北海道
2022年11月11日 - 金曜 1:25 - 1:55(木曜深夜) 長崎放送 長崎県

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 第1期の原作者クレジットは“DMM.com / KADOKAWA Games”、劇場版の原作者クレジットは“DMM.com POWERCHORD STUDIO / 「艦これ」運営鎮守府”の連名であったが、パワーコードスタジオは2018年にDMM.comからDMM GAMES(現EXNOA)が分社された前後に活動を停止しており、第2期においては「艦隊これくしょん」「艦これ」の商標他の知的財産権をDMM.comから継承したEXNOAの名義は一貫してクレジットされていない。
  2. ^ 『コンプティーク』2021年7月号に掲載されたクレジットでは「艦これ」のタイトルが無く“第二水雷戦隊”とされていた。前述の通り「艦これ」の商標を保有するEXNOAの名義はクレジットに含まれておらず、製作委員会への参加の有無も非公表とされている。
  3. ^ 第1期と劇場版を制作したディオメディアから第2期の企画が新設スタジオのENGIへ譲渡された経緯については公表されていない。
  4. ^ a b ENGIの第1作『旗揚! けものみち』から2022年までに放送されたテレビシリーズ作品では、2021年7 - 9月放送で栗原学が監督した『探偵はもう、死んでいる。』以外の全タイトルにおいて本作と同じく三浦和也が監督に起用されている(2022年4 - 6月放送の『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は福元しんいちとの共同)。
  5. ^ C2プレパラートが2019年にPVをイベント上映した後“いつかあの海で”を特許庁に商標出願し、2020年に登録された。

出典[編集]

  1. ^ “KADOKAWA、『「艦これ」いつかあの海で』を11月より全8話で放送! 本来12話のリソースをすべて8話に集中”. ゲームビズ. (2022年3月26日). https://gamebiz.jp/news/346093 2022年3月26日閲覧。 
  2. ^ KADOKAWA『コンプティーク』2021年7月号, p25
  3. ^ a b GueeD (2022年4月1日). “新作テレビアニメ「『艦これ』いつかあの海で」特報公開。過去の“艦これ”イベントで公開された映像をまとめたもの”. 4Gamer.net (Aetas). https://www.4gamer.net/games/205/G020591/20220401080/ 2022年4月2日閲覧。 
  4. ^ a b c “アニメ『艦これ』2期の放送時期は11月に。時雨、扶桑、山城などが描かれた新作ビジュアルが公開”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2022年3月26日). https://www.famitsu.com/news/202203/26256103.html 2022年3月26日閲覧。 
  5. ^ a b ON AIR”. アニメ『「艦これ」いつかあの海で』公式サイト. 2022年10月3日閲覧。
  6. ^ “アニメ版「艦これ」、初の劇場版を2016年内に公開! 制作はTVシリーズ続編と同時進行”. アキバ総研 (カカクコム). (2015年8月10日). https://akiba-souken.com/article/24461/ 2022年2月1日閲覧。 
  7. ^ 艦これ:新作テレビアニメの制作決定”. MANTANWEB. MANTAN (2019年1月5日). 2022年2月1日閲覧。
  8. ^ 株式会社KADOKAWA 2020年3月期 第2四半期決算”. KADOKAWA (2019年11月14日). 2022年2月1日閲覧。
  9. ^ “『艦これ』アニメ2期は2022年放送予定。前作は映画で完結、直接的なつながりはなし”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2022年1月7日). https://www.famitsu.com/news/202201/07247251.html 
  10. ^ “商標検索「艦これ」”. j-platpat. (2014年11月17日). https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2014-096937/F5A9C854D7DAFC9FEE32E039279E4EA698B44698B2697861B88DD9DDFD2BBEE9/40/ja 
  11. ^ “商標検索「いつかあの海で」”. j-platpat. (2019年4月16日). https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-064360/D4C9C024BCFCDA7AFF54ED079891A2DA6127FBF994CBFAEE1406E52D5CD72C4F/40/ja 
  12. ^ “11月放送開始のアニメ「『艦これ』いつかあの海で」特報公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月1日). https://natalie.mu/comic/news/472193 
  13. ^ テレビ放送対象地域の出典:

関連項目[編集]

外部リンク[編集]