J.BOY (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
J.BOY
浜田省吾スタジオ・アルバム
リリース 1986年9月4日
1990年6月21日(再発盤)
1999年9月8日(再々発初回盤)
1999年9月29日(再々発通常盤)
ジャンル J-POP
時間 90分28秒
レーベル CBSソニー
ソニーレコード(再発)
クリアウォーター(再々発)
プロデュース 浜田省吾
チャート最高順位
  • 週間1位(4週連続・通算5週、オリコン
  • 週間51位(再発盤、オリコン)
  • 週間18位(再々発盤、オリコン)
  • 1986年度年間21位(オリコン)
浜田省吾 年表
CLUB SNOWBOUND
1985年
J.BOY
1986年
CLUB SURFBOUND
CLUB SURF&SNOWBOUND
(1987年)
J.BOY 収録の シングル
  1. LONELY-愛という約束事
    リリース:1985年5月22日
  2. BIG BOY BLUES
    リリース:1985年12月8日
  3. 路地裏の少年
    リリース:1986年7月16日
テンプレートを表示

J.BOY』(ジェー・ボーイ)は、1986年に発表された日本ミュージシャン浜田省吾の2枚組アルバム。発売当時はCD盤、アナログ盤、カセット盤の3形態で発売された。浜田にとって初のオリコンチャート1位を獲得した作品。

概要[編集]

タイトル・トラック「J.BOY」に代表されるように、社会派としての色合いが濃い作品となっている。一方で「もうひとつの土曜日」や「想い出のファイヤー・ストーム」「19のままさ」等の代表的なラブソングも収録されており、音楽的な幅の広さを感じさせる作りになっている。また、初めて海外(アメリカ)でミックスが行われたアルバムでもある。浜田の希望により、ジャクソン・ブラウンドン・ヘンリーを手掛けるエンジニアグレッグ・ラダニーが担当している。

アメリカでトラックダウンが終わった際、ソニーのディレクター須藤晃尾崎豊辻仁成ECHOES)等と共に食事に出掛けた。出来上がったばかりのテープを聴いた尾崎が「僕のことを歌ってるみだいだ」と話し、浜田も「そうだよ。君のことを歌ってるんだよ」と答えたエピソードがある。

タイトルの「J.BOY」とは浜田自身の造語であり、「Japanese Boy」という意味の略語である。まだJRJ-POPJリーグJビーフという言葉の無かった時代のことであった 浜田自身、『月刊カドカワ』1994年1月号のインタビューで、「1998年に『J.BOY』を発表して以来、その後世の中、JRJ-WAVEだ、Jリーグだと、やたらJをつけたがようになったね。ナショナリズムの匂いもするね」と述べている[1]

チャート記録[編集]

浜田にとって初となるオリコンチャート1位を獲得した。ソロデビュー10年目で初の1位であり、4週連続1位の大ヒットを記録し、浜田の代表作と呼べる作品となった。

また、同年の第28回日本レコード大賞では「優秀アルバム賞」にも選出された。

再発盤[編集]

1990年に最初のCD再発盤が発売された。

その後、1999年にリマスタリング、リミックス、リアレンジメントされて再発された。音質向上だけではなく、演奏面にも手が加えられている。この再発盤にはクレジットはないが、シークレット・トラックとしてDISC 2のエンディングに歌入りの「晩夏の鐘」が収録されている。

収録曲[編集]

DISC 1

  1. A NEW STYLE WAR
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:浜田省吾、古村敏比古板倉雅一
  2. BIG BOY BLUES
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一)
  3. AMERICA
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二
    町支寛二によるアレンジで、リッケンバッカーを使ったバーズ風のカントリー・ナンバー。
  4. 想い出のファイヤー・ストーム
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:江澤宏明
  5. 悲しみの岸辺
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:江澤宏明)
  6. 勝利への道
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:古村敏比古)
  7. 晩夏の鐘
    (作曲:浜田省吾、編曲:江澤宏明)
    インスト・ナンバー。歌詞カードに「Dedicated to my parents」(両親に捧げる)と書かれている。
  8. A RICH MAN'S GIRL
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:江澤宏明)
  9. LONELY-愛という約束事
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一、浜田省吾)
  10. もうひとつの土曜日
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一)
    浜田の代表曲とも言えるバラード2010年にはコブクロにカバーされている。

DISC 2

  1. 19のままさ
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二)
  2. 遠くへ - 1973年・春・20才
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一)
  3. 路地裏の少年
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:浜田省吾、古村敏比古)
    1~3まではストーリーとして繋がっており、浜田自身の姿を投影しながら少年の成長を追う展開となっている。
  4. 八月の歌
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二)
  5. こんな夜はI MISS YOU
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二、高橋伸之
  6. SWEET LITTLE DARLIN'
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一、古村敏比古)
  7. J.BOY
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一、江澤宏明)
    アルバムのタイトル曲であり、現在に至るまでライブでほぼ必ず歌われる代表曲のひとつ。
  8. 滑走路 - 夕景
    (作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一)
    元々は井上鑑に提供していた楽曲で、セルフカバーとなる。歌詞はないが、浜田による語りが入っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『Shogo Hamada 浜田省吾事典』TOKYO FM出版、1996年、p65

外部リンク[編集]

  • J.BOY SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE