新田恵利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にった えり
新田 恵利
本名 長山 恵利(ながやま えり)
生年月日 1968年3月17日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市
ジャンル 歌手タレント
活動期間 1985年 - 1990年1994年 -
事務所 オフィスウォーカー
主な作品
夕やけニャンニャン

新田 恵利(にった えり、1968年3月17日 - )は、日本歌手タレントオフィスウォーカー所属。1985年におニャン子クラブの会員番号4番としてデビューした。ソロデビューしたときに歌った「冬のオペラグラス」がヒットした。

上福岡市立第一中学校(現・ふじみ野市立福岡中学校)→埼玉県立福岡高等学校卒業。

来歴[編集]

1985年4月、おニャン子クラブ会員番号4番としてフジテレビ『夕やけニャンニャン』に出演。すぐに自分は芸能界に向いていないと思い番組スタッフに辞めたいと申し出るが、「週刊文春喫煙事件」で5人のメンバー(1 - 3番、7番、10番)が脱退したために出演を継続する(この時点で会員番号のトップになる)ことになる。

7月、おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」でフロントメンバーに選ばれ、以降おニャン子クラブの「顔」として人気を博す。高校卒業後(当時は高校三年生)もタレント活動を続けて行きたいとスタッフに意向を伝え、芸能事務所「ボンド企画」に所属。

1986年1月1日、シングル「冬のオペラグラス」でソロデビュー。オリコン初登場1位となり、30万枚以上の売り上げを記録する(当時は公式に女性初のデビュー曲オリコン初登場1位と発表されたが、その後オリコンの規定が変更されグループからのソロの場合はデビュー曲とみなさないことになったため、現在のオリコンの公式記録では女性初のデビュー曲オリコン初登場1位は内田有紀となっている)。目が「ヘ」の字になるような笑顔が「100万ドル」と評され、シングルのジャケットをあしらったノベルティ「新田トランプ」は破格の値段で取引された。以降も定期的にシングル、アルバムを発売する。

ソロデビュー直前の1985年12月24日、父親が急逝している。そのため、年内以降の「夕ニャン」を欠席した。ビデオ『臨海学校』の撮影には参加したが、撮影先のハワイで高熱で倒れ(肺炎寸前だった)入院した。

1987年におニャン子クラブが解散した次の年以降、人気が下火になるなか、アルバム内で「絵梨」というペンネームで作詞をしていたこともあり、1990年3月に「作詞家になりたい」と芸能界を引退(ただし、休業中および復帰後も作詞家としての活動はいっさいしていない)。ラストシングル(本人作詞)、ラストアルバムの発売、ラストコンサート(ビデオ化されている)、テレビ出演などさまざまなかたちでスタッフやファンに見送られる。

1993年6月にテレビドラマ『映画みたいな恋したい』出演、9月に写真集『吐息を奪って』を出版。芸能活動再開となる。

1996年(平成8年)8月8日、『フジテレビの日』(8が3つそろった日でお台場へフジテレビが移転する直前)に1日だけ『復活夕やけニャンニャン』として番組が復活し、そのイベント担当だったフジテレビ社員と後に結婚。2002年にはおニャン子クラブが一時的に再結成し、初期メンバーを中心に新曲「ショーミキゲン」をリリースしている。また、同年12月5日放送の『2002FNS歌謡祭』では「ショーミキゲン」「セーラー服を脱がさないで」を後期メンバーを含み熱唱している。

ナインティナイン岡村隆史が新田の熱烈なファンだったことから、『とぶくすり』に「歌のお姉さん」として(事前に岡村に知らせず)出演した。また、後の『めちゃイケ』でセイン・カミュあさりどなど、かつて新田ファンだったタレントと共に新田の自宅を訪ねる企画が放送され、当時(1999年)の同番組の最高視聴率を樹立した。

その後は女優、作家エッセイストとして文筆活動を行っているほか、東京のコミュニティFM局「Ginza'RADIOCITY」のパーソナリティーもしている。

2002年、期間限定で復活したおニャン子クラブに参加。このころから布川敏和堀ちえみなどのように「当時の裏話を語る80年代アイドル」としてテレビ出演する機会も増える。一度引退したことについて「作詞家になりたかったというのは本当だけど、ただ単に遊びたかったという気持ちもあったし、(当時交際していた男性と)結婚したかったという気持ちもあった」と発言している。同時期から夫婦で神奈川県逗子市に居住し、逗子や近隣の鎌倉市を案内するテレビ番組の企画にも出演するようになる。

2007年、福岡県嘉麻市たけし軍団井手らっきょが中心となって発足した誕生した硬式野球クラブ「嘉麻市バーニングヒーローズ」の応援団を務める。

2010年サントリーボス 贅沢微糖」テレビCM第8弾「贅沢銀行」篇でおニャン子クラブの限定復活に参加。同時期から在籍時には犬猿の仲といわれた国生さゆりともテレビ番組で共演する機会が増え、7月9日、有楽町のディスコ「クラブディアナ」で同じステージに立ち、新ユニット結成を約束した。

同じく2010年より、手製のアクセサリーやテディベアなどを販売するインターネットショップ「EriS」を展開。

2011年7月、初の小説『アイドルとつきあう方法』を出版。

評価[編集]

初期のおニャン子クラブにおいては国生さゆり河合その子と共に人気を博した。絶頂期が1986年前半の数ヶ月間で、後にデビューした後輩メンバーの渡辺美奈代渡辺満里奈工藤静香などの魅力や活躍に追いやられたと述べている[1]。特に歌唱力不足は否めず、和田アキ子に「ベストテン見てて、新田恵利ちゃん? あたし本当にテレビ壊れたと思ったのよ」と言われたり、アニメ『愛の若草物語』の主題歌『若草の招待状』が早期に差し替えになったこともある。

2013年連続テレビ小説あまちゃん』において、新田の歌唱力について言及するセリフがある。これを見た新田はショックを受けるとともに、同ドラマの脚本家・宮藤官九郎の評価と判断し、落胆する気持ちを自身のブログに綴っている[2][3]

上記の岡村隆史のほか、よゐこ濱口優、同じ埼玉県上福岡市出身の爆笑問題太田光も新田のファンだったと告白したことがある。また、TBS系『COUNT DOWN TV』の1998年特番でPUFFY大貫亜美が「私、新田恵利さんのファンだったんです」と発言した(そのとき、共演した番組の司会者である恵俊彰が「地味な方ですよね」とリアクションした)。[要出典]

新田派・国生派[編集]

おニャン子クラブにはいくつかの派閥があり、大きくは「新田派・国生派」に分かれていたとされる。これに関して当人たちは長らく肯定も否定もしていなかったが、双方が挙げる仲の良かったメンバーの名前もほとんど重複しておらず、噂に信憑性を与えていた。2000年代に入ってから新田本人の口から「遊び感覚でやっていた私たちと、真剣に芸能界での成功を目指していた(国生)さゆりちゃんたちとは合わなかった」という発言があり、当時に派閥が存在したことを認めている(他に「ジャニーズの話題で騒いでいる人たちとも合わなかった」とも発言している)。おニャン子クラブ解散後もたびたび国生との共演の企画が提案されたが、ずっと拒否し続けていたという。しかし2002年の一時的再結成では主要メンバーとして共演を果たし、ファンを驚かせた。なお、この際に収録されたDVD『未公開映像 ザ・バックステージ』特典映像の対談で、新田と国生が共演しており、初めて公の場で両者の間にあった確執を認めると共に和解を宣言した。

後に、新田との複雑な関係を国生さゆりも語っており、先にソロデビューを果たしている新田に対して、嫉妬心もあり複雑な心境だったことを認めている。また、自身のソロデビューが決まったときも、「新田恵利ちゃんには絶対に負けたくなかった」と語り、当時、同じくソロデビューを果たしている河合その子よりも強いライバル心を抱いていたことが、うかがえる。このような2人の微妙な距離感が、いわゆる「派閥」論争に発展したと推測される。

2010年10月17日放送の『行列のできる法律相談所』に国生が出演した際に語ったところによれば、当時地方から上京し、芸能界での成功を人一倍夢見て気負っていた国生と、アルバイト感覚で気楽に活動していた新田との温度差が対立の発端だったという。国生の弁によると、ある写真集制作の際にメンバーの水着姿を撮影すると知った新田が「そんな話は聞いていない」と言って水着の着用を拒否したため、スタッフが総出で説得にあたった。その様子を見てプロ意識が高い国生は憤慨し、メンバーやスタッフの前に新田を引っ張り出した末「みんな仕事を早く終わらせて帰りたいのに、あなたが水着を着ないせいで撮影が進まないのがわからないの」と大声で怒鳴りつけた。この一件以来新田派と国生派のグループ同士の会話は一切なくなり、2人の間の確執は決定的なものとなったと述べている。国生は「その頃のおニャン子クラブで一番人気がある子なのに、メンバーをリードするどころか駄々をこねて迷惑をかけていることが許せなかった」と付け加えており、あくまで新田がトップであることを認めたうえでの行動だったという。

しかし近年、国生が2人のトークショーを企画し、2人で公の場に出て和解アピールを行った。ただしこのトークショーの控え室でも、国生が交際している男性と食事に行ってしまったり、新田が勝手に控え室でルームサービスを頼み国生を怒らせたりと、彼女ら2人の行動ペースの違いによるトラブルは多少あったとのことである。 ただし、新田・国生ともに相手をおとしめるような発言はしておらず、上記の番組内でも笑い話として双方オチをつけて語っており、特に新田は「さゆりちゃんは人の悪口とかを言う性格ではない」と語っており、仲は良くなくても、多感な時期を共に過ごした間柄として一定の信頼感や仲間意識を持っていたことがうかがえる。

自身が挙げる仲の良かったメンバーは同学年の中島美春永田ルリ子、ソロデビューで多忙になったときにねぎらいの言葉をかけてくれた河合その子、ほかに高井麻巳子布川智子山本スーザン久美子、今でもゴルフ仲間だという岡本貴子など。また現在は渡辺美奈代とメールのやりとりや、ゆうゆこと岩井由紀子とも連絡を取っている。

新田はおニャン子のメンバーについて、「家族や恋人のことも話せる親友、ファッションや芸能の話をする友だち、あいさつするだけのクラスメートに分かれていた」「言われるときはズバッと言われたが、陰湿ないじめがあったわけではなかった」「ほかのグループの人たちの話を聞くと、おニャン子って仲が良いほうだったんだなって思う」と発言している。

エピソード[編集]

  • 芸能界には興味がなく、テレビに出たのも賞品のハワイ旅行目当て(ハワイは国生さゆりに持っていかれた)。
  • おニャン子クラブ入りも、当時時給380円の不二家のアルバイトより出演料5000円に目がくらんだため。さらに番組出演も週3日とスタッフにお願いするなど、まさにアルバイト感覚だったと本人は語る。
  • 人気が上がると一部ファンに実家の傘や植木鉢、表札などが盗まれる、ストーカー化したファンの車に母がひかれる、ファンに自分の部屋を荒らされるなどの被害に遭い、一時期人間不信になったこともあった。
  • 特技はふんどしを洗うこと(大正元年生まれの父が、ふんどしを着用していたため[4]
  • 夕やけニャンニャン』のオープニングで「恋のチャプターA to Z 」の踊りの際、最後の決めのポーズで間違えることがあった。
  • 冬のオペラグラス」でのソロデビュー以前にも一度ソロデビューの話があり、その際にはソロデビューを辞退している。そのときに用意されていた楽曲は「真っ赤な自転車」[5]。同曲はおニャン子クラブのアルバム『KICK OFF』の収録曲となった。
  • 2000年代後半までは喫煙者であったが、禁煙に成功した。

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. 冬のオペラグラス(1986年1月1日、作詞 秋元康、作曲・編曲 佐藤準
    c/w ロマンスは偶然のしわざ (新田恵利 with おニャン子クラブ)
    ※「なるほど!ザ・ワールド」エンディングテーマ
  2. 恋のロープをほどかないで(1986年4月10日、作詞 秋元康、作曲・編曲 後藤次利
    c/w ピンクのリボン
  3. 不思議な手品のように(1986年8月1日、作詞 秋元康、作曲・編曲 後藤次利)
    c/w 星の手紙
  4. 内緒で浪漫映画(1986年11月14日、作詞 夏目純、作曲 尾崎亜美、編曲 新川博
    c/w 銀色のスーベニール
  5. 若草の招待状(1987年2月14日、作詞 秋元康、作曲 高見沢俊彦、編曲 佐藤準)
    世界名作劇場愛の若草物語』主題歌
    c/w 夕陽と風のメロディ
  6. サーカス・ロマンス(1987年6月17日、作詞 秋元康、作曲 小林亜星、編曲 国吉良一
    c/w パナマのシャポー
  7. Deja Vu ~デジャ・ヴ~(1987年9月5日、作詞 小林和子、作曲 和泉常寛、編曲 中村哲
    c/w 茅ヶ崎に背を向けて
  8. WHO?(1988年1月21日、作詞 秋元康、作曲 西崎憲、編曲 佐藤準)
    c/w 彼をあきらめて
  9. ロックンロール・ラブレター(1988年7月21日、作詞・作曲 Tim Moore、日本語詞 秋元康、編曲 山川恵津子
    ベイ・シティ・ローラーズの同名曲のカバー
    c/w 夏の恋風
  10. さよならの風(1988年11月21日、作詞 岩里祐穂、作曲 高橋研、編曲 山川恵津子)
    c/w メビウスの二人
  11. プロローグ ~いいだせなくて~(1990年2月21日、作詞 絵梨、作曲・編曲 後藤次利)
    ※「絵梨」は自身のペンネーム
    c/w 真冬のペニーレーン
  • 茂木淳一&新田恵利
  1. 真夏のアルバイト(作詞 茂木淳一、作曲・編曲 馬場一嘉)
    茂木淳一とのデュエット

アルバム[編集]

  • オリジナルアルバム
  1. ERI(1986年5月2日、再発売1990年11月21日)
    「ピンクのリボン」「ロマンスは偶然のしわざ」「恋のロープをほどかないで」「冬のオペラグラス」ほか全11曲収録
  2. E-AREA(1986年9月5日)
    「不思議な手品のように」「星の手紙」ほか全10曲収録
  3. ritardando(1987年4月24日)D32A0282 定価¥3,200
    星空の動物園 / わがままじゃない / 時計のサンバ / 若草の招待状 / 銀色のスーベニール / 夕陽と風のメロディ
    2人のHONG KONG / ムーンライト・ランデヴー / 悲しみに方舟を出して / アナザー・マリン / 楽園に連れて行って / 内緒で浪漫映画
  4. Image ~イマージュ~(1987年11月21日)
    Déjà Vu -デジャ・ヴ- / LAST TEEN / STAY WITH ME / 雨のティンカーベル / シンデレラCASTLE
    宇宙で一番遠いひと / KITTEN / 枯れ葉色のセーター / 涙のリーズン / プレゼント
  • ベスト盤
  1. 新田恵利 ベスト(1987年7月21日)
    「真夏の滑走路」「ボビーに片想い」「星空の動物園」「そよ風のレター」「テディベアの頃 ~少女の香り~」ほか全16曲収録
  2. 新田恵利 BEST 16(1989年6月21日)
    「アナザー・マリン」「夜風のウィンクムーン」「楽園に連れて行って」「STAY WITH ME」「WHO?(long version)」ほか全16曲収録
  3. MYこれ!クション 新田恵利BEST(2002年7月17日)
    「KITTEN」「五月の恋人」「Tradition」「Only Lonely Boy」ほか全16曲収録
  4. Myこれ!クション 新田恵利BEST2(2003年7月16日)
    「恋のミスマッチ」ほか全17曲収録
  5. 新田恵利 SINGLES コンプリート(2007年7月18日)PCCA-02491 定価¥2,940(税抜価格¥2,940)
    (DISC1) 冬のオペラグラス / ロマンスは偶然のしわざ / 恋のロープをほどかないで / ピンクのリボン / 不思議な手品のように / 星の手紙 / 内緒で浪漫映画 / 銀色のスーベニール / 若草の招待状 / 夕陽と風とメロディ / サーカス・ロマンス / パナマのシャポー
    (DISC2) Deja Vu -デジャ・ヴ- / 茅ヶ崎に背を向けて / WHO? / 彼をあきらめて / ロックンロール・ラブレター / 夏の恋風 / さよならの風 / メビウスの二人 / プロローグ -いいだせなくて- / 真冬のペニーレーン / 真夏の滑走路 / 真夏のアルバイト (茂木淳一&新田恵利)
  6. E-AREA + シングルコレクション(2008年7月16日)
  7. Myこれ!Lite 新田恵利(2010年5月19日)
  • 引退記念盤
  1. Last Message(1990年3月21日)
    「シンデレラCASTLE」「銀色のスーベニール」「LAST TEEN」「悲しみに方舟を出して」「Last Message」ほか全13曲収録

DVD[編集]

  • ライブ
  1. 新田恵利 ファーストコーサート「E-AREA」(2003年4月23日)
  2. 新田恵利 秘蔵引退ラストコンサート(2003年10月16日)

出演[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 劇団マツモトカズミ第四回公演「結婚の偏差値Ⅱ DEAD OR ALIVE」(2014年9月10日 - 23日、新宿村LIVE)

書籍[編集]

  • これじゃあ結婚できないわ…(1995年、ひかり出版)
  • アイドルとつき合う方法(2011年、宝島社
写真集
  • 新田恵利(1986年、扶桑社 撮影:河合肇)
  • かく恋慕(1987年、ワニブックス 撮影:斉藤清貴)
  • 虹の方舟(1988年、近代映画社 撮影:三浦 憲治)
  • フレッシュスコラ6 新田恵利写真集(1989年、スコラ 撮影:野村誠一
  • 吐息を奪って(1993年、パパラブックス 撮影:藪下修 )
  • JAMBO!(2000年、バウハウス 撮影:小町剛廣)
関連書籍
  • 若桜木虔「大遺産を探せ!いっしょにAXIA」(1986年、光文社文庫) - ヒロインモデル
  • 秋元康「35m/mの原稿用紙。」(1988年、集英社) - 新田に関するエッセイを掲載
  • 吉田豪「元アイドル!」(2005年、ワニマガジン社) - インタビュー掲載

脚注[編集]

  1. ^ 本人のインタビューにて『週刊大衆2011年4月4日
  2. ^ “「あまちゃん」放送内容に、元おニャン子クラブ・新田恵利が落胆”. ガジェット通信. (2013年6月28日). http://getnews.jp/archives/369931 2013年8月19日閲覧。 
  3. ^ “じぇじぇじぇッ!(^^;;”. 新田恵利のE-AREA. (2013年6月27日). http://ameblo.jp/nittaeri/entry-11561970530.html 2013年8月19日閲覧。 
  4. ^ 2008年11月10日『なるとも』出演時本人弁
  5. ^ 2011年3月31日『くだまき八兵衛X』より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]