胡麻豆腐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

胡麻豆腐ごまどうふ)は精進料理のひとつ。また奈良県および和歌山県郷土料理でもある。「豆腐」の名称であるものの、本来は原材料に大豆は含まれない。

胡麻豆腐

概要[編集]

本来の原材料は胡麻および吉野葛の2つだけである。皮をとり、すりつぶした胡麻と葛粉を水で溶いて火にかけて練り、豆腐状に冷やし固める。味付けとして砂糖あるいは出汁を加える場合もある。胡麻を、舌触りが滑らかになるまですり潰すのは大変に手間のかかる作業のため、家庭で作る場合には市販の練りゴマ片栗粉で代用する場合もある。

通常はそのまま冷奴として食べる。胡麻を主原料としており油分を多く含む為、口中をさっぱりさせながら食べられるよう、わさび醤油を添えたり、タレをかけたりする。

胡麻以外でも、クルミ落花生、等で同様の食品を作る事ができるが、それらはもはや胡麻豆腐とは呼べない。とくに落花生を使った豆腐を沖縄県ではジーマーミ豆腐と呼ぶ。

デパートスーパー吉野地方・高野山などの土産物店、道の駅などで販売されている。ただし、スーパーや土産物店で売られているものは保存性を持たせたり価格を抑えるために、吉野葛以外の澱粉を使ったり、大豆や他の副原料が使われていることもある。高野山などの製造元に行くと、本来の胡麻豆腐を生で求めることができるが、製造の翌日か翌々日までに消費する必要がある。

高野山の寺院や京都の禅寺での昼食、あるいは宿坊で宿泊時の食事では、必ずと言ってもよいほど供される定番の品目である。

長崎県内では煎り胡麻を使用した茶色い胡麻豆腐が一般的で、香りが強く、砂糖で甘い味付けがされていることが特徴。岐阜県の一部メーカーでは、普通の豆腐の原料に胡麻を加えて風味をつけたものを、胡麻豆腐と称して販売している例もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]