素顔のままで (ビリー・ジョエルの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素顔のままで
ビリー・ジョエルシングル
収録アルバム ストレンジャー
B面 最初が肝心
リリース 1977年9月(アメリカ)
規格 7インチ・シングル
ジャンル ポップス
時間 4分47秒(アルバム・ヴァージョン)
3分36秒(エディテッド・ヴァージョン)
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ビリー・ジョエル
プロデュース フィル・ラモーン
チャート最高順位
  • 3位(アメリカ)
ビリー・ジョエル シングル 年表
ニューヨークの想い
1976年
素顔のままで
(1977年)
ムーヴィン・アウト
(1977年)
テンプレートを表示

素顔のままで」(すがおのままで、原題: Just the Way You Are)は、ビリー・ジョエルの楽曲。アルバム『ストレンジャー』(1977年)からの第1弾シングルとして発売された。B面は、同じく『ストレンジャー』収録の「最初が肝心」。

解説[編集]

当時の妻エリザベスに捧げられたラヴ・ソング。ボサノヴァのリズムを取り入れたミディアム・スロー曲であり、イントロから聴く事が出来るフェイザーが掛けられたフェンダー・ローズピアノリチャード・ティーによる演奏。間奏及び後奏などで聴けるサックス・ソロはジャズ・ミュージシャンのフィル・ウッズが担当し、ストリングス・セクションのオーケストレーションはパトリック・ウィリアムズが担当している。

当初はアルバムから外される可能性もあったが、当時ビリーの妻がマネージメントを担当していたフィービー・スノウが、バッキング・ボーカルとしてアルバム・セッションに参加していた際にこの曲を絶賛し、アルバムに収録することになったという逸話がある。(この時、リンダ・ロンシュタットもその場にいたとする説もあるが、フィービーはそれを否定している)[1]

ビルボード誌のシングル・チャートで、ビリーにとって初のトップ10入りを果たした曲で、最高位では3位まで達した曲でもある。また、同誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位を獲得し、その後、グラミー賞最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の2部門を受賞 [2]

カヴァー[編集]

映画・テレビでの使用[編集]

脚注[編集]