イノセント・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イノセント・マン
ビリー・ジョエルスタジオ・アルバム
リリース 1983年8月
ジャンル ロック
時間 40分31秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース フィル・ラモーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(アメリカ)
  • 2位(イギリス)
ビリー・ジョエル 年表
ナイロン・カーテン
(1982年)
イノセント・マン
(1983年)
ビリー・ザ・ベスト
(1985年)
テンプレートを表示

イノセント・マン(An Innocent Man)は、ビリー・ジョエル1983年に発表した、9作目のスタジオ・アルバム。

解説[編集]

R&Bドゥー・ワップからの影響を反映した、明朗な作風となった。ビリーが日本盤のために書き下ろしたコメント(鈴木道子・訳)では、本作収録曲に影響を与えたアーティストとしてジェームス・ブラウンベン・E・キングシュープリームスマーサ&ザ・ヴァンデラスフォー・シーズンズサム・クックの名前を挙げている。また、「今宵はフォーエバー」のコーラス部分のメロディは、ベートーヴェンの「悲愴ソナタ」第2楽章からの引用。

アルバムは全米4位に達した[1]イギリスでは2位(2009年1月現在、ビリーの作品としては全英アルバムチャートでの最高位[2])。本国アメリカでの第1弾シングル「あの娘にアタック」は、ビリーにとって2曲目となる全米1位獲得シングルとなった[1]。続く「アップタウン・ガール」は、本国アメリカで3位[1]イギリスでは同曲が先にヒットし、ビリーにとって初となる全英チャート1位を果たした[2]。その後「イノセント・マン」(全米10位[1])、「ロンゲスト・タイム」(全米14位[1])、「夜空のモーメント」(全米27位[1])、「キーピン・ザ・フェイス」(全米18位[1])もシングル・ヒット。「今宵はフォーエバー」は、本国アメリカではシングル・カットされていないが、イギリスや日本でシングルとしてリリースされた。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はビリー・ジョエル作。

  1. イージー・マネー - "Easy Money" - 4:05
  2. イノセント・マン - "An Innocent Man" - 5:18
  3. ロンゲスト・タイム - "The Longest Time" - 3:40
  4. 今宵はフォーエバー - "This Night" (Ludwig van Beethoven, Billy Joel) - 4:16
  5. あの娘にアタック - "Tell Her About It" - 3:51
  6. アップタウン・ガール - "Uptown Girl" - 3:17
  7. ケアレス・トーク - "Careless Talk" - 3:48
  8. 君はクリスティ - "Christie Lee" - 3:31
  9. 夜空のモーメント - "Leave a Tender Moment Alone" - 3:56
  10. キーピン・ザ・フェイス - "Keeping the Faith" - 4:39

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

  • ラルフ・マクドナルド - パーカッション(on 7. 9.)
  • レオン・ペンダーヴィス - ハモンドオルガン(on 1.)
  • リチャード・ティー - ピアノ(on 5.)
  • エリック・ゲイル - エレクトリックギター(on 1.)
  • ロニー・キューバー - サックス(on 1. 5. 7. 10.)
  • ジョン・ファディス - トランペット(on 1.)
  • デイヴィッド・サンボーン - サックス(on 1.)
  • ジョー・シェプレイ - トランペット(on 1. 5. 7. 10.)
  • マイケル・ブレッカー - サックス(on 5. 7. 10.)
  • ジョン・ガッチェル - トランペット(on 5. 7. 10)
  • トゥーツ・シールマンス - ハーモニカ(on 9.)
  • トム・バーラー - バッキング・ボーカル
  • ロリー・ドッド - バッキング・ボーカル
  • フランク・フロイド - バッキング・ボーカル
  • ラニ・グルーヴス - バッキング・ボーカル
  • ユーランダ・マックロー - バッキング・ボーカル
  • ロン・テイラー - バッキング・ボーカル
  • テリー・テクスター - バッキング・ボーカル
  • エリック・トロイヤー - バッキング・ボーカル
  • マイク・アレキサンダー - バッキング・ボーカル

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g allmusic ((( Billy Joel > Aword )))”. 2012年7月17日閲覧。
  2. ^ a b ChartArchive-Billy Joel-