ソングズ・イン・ジ・アティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソングズ・イン・ジ・アティック
ビリー・ジョエルライブ・アルバム
リリース 1981年9月
録音 1980年6月 - 7月
ジャンル ロック
時間 48分11秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース フィル・ラモーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(アメリカ[1]
ビリー・ジョエル 年表
グラス・ハウス
(1980年)
ソングズ・イン・ジ・アティック
(1981年)
ナイロン・カーテン
(1982年)
テンプレートを表示

ソングズ・イン・ジ・アティック』(Songs in the Attic)は、ビリー・ジョエル1981年に発表したライヴ・アルバム。

解説[編集]

ビリーにとって初のライヴ・アルバムで、1980年アメリカ・ツアーで録音した音源を使用。

収録曲は、初期4枚のアルバムで発表された曲が選ばれ、『ストレンジャー』(1977年)以降の楽曲のライヴ音源は、敢えて外された。ビリーはこのことに関して、アルバムの英文ライナーノーツで「僕が『屋根裏部屋の歌』と呼んでいた古い曲を、コンサートという形で紹介したもの」「昔のアルバムは、曲は好きだけどライヴのようなエネルギーや楽しさがない」「よりふさわしい形で演奏された昔の曲を集めることを意図した」等といったコメントを書いている。また、フィル・ラモーンが英文ライナーに寄稿したコメントによれば、観客の中にはビリーの古い曲をよく知らず、最新曲であるかのように反応した者もいたという。

本作からは、「さよならハリウッド」(全米17位[1])と「シーズ・ガット・ア・ウェイ」(全米23位[1])がシングルとして発表された。ベスト・アルバム『ビリー・ザ・ベスト』でも、この2曲(オリジナルLPでは「さよならハリウッド」のみ)は本作のライヴ・ヴァージョンが収録されている。

収録曲[編集]

全曲ビリー・ジョエル作。

  1. マイアミ2017 - "Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway)" - 5:04
  2. 夏、ハイランドフォールズにて - "Summer, Highland Falls" - 3:06
  3. 街の吟遊詩人は… - "Streetlife Serenader" - 5:17
  4. ロスアンジェルス紀行 - "Los Angelenos" - 3:49
  5. シーズ・ガット・ア・ウェイ - "She's Got a Way" - 3:00
  6. エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ - "Everybody Loves You Now" - 3:07
  7. さよならハリウッド - "Say Goodbye to Hollywood" - 4:16
  8. キャプテン・ジャック - "Captain Jack" - 7:17
  9. 僕の故郷 - "You're My Home" - 3:06
  10. さすらいのビリー・ザ・キッド - "The Ballad of Billy the Kid" - 5:27
  11. 楽しかった日々 - "I've Loved These Days" - 4:35

各曲の公演地

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]