オネスティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オネスティ
ビリー・ジョエルシングル
収録アルバム ニューヨーク52番街
B面 ルート・ビアー・ラグ
リリース 1979年
規格 7インチ・シングル
ジャンル バラード
時間 3分53秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ビリー・ジョエル
プロデュース フィル・ラモーン
チャート最高順位
  • 24位(アメリカ)
ビリー・ジョエル シングル 年表
ビッグ・ショット
(1979年)
オネスティ
(1979年)
アンティル・ザ・ナイト
(1979年)
テンプレートを表示

オネスティ」(Honesty)は、ビリー・ジョエル1978年のアルバム『ニューヨーク52番街』で発表した楽曲。1979年、同アルバムからの第3弾シングルとしてリリースされた。

解説[編集]

世の中が不誠実に溢れ、誠実さを得ることは難しいが、それでも誠実さを求めていくという内容の歌。レコーディングには、ビリーのレギュラー・バンドの他、デヴィッド・スピノザアコースティック・ギター)が参加し、ストリングスアレンジはロバート・フリードマンが担当。「ルート・ビアー・ラグ」(1974年のアルバム『ストリートライフ・セレナーデ』収録曲)をカップリングとしてシングル・カットされ、全米チャートで24位に達した[1]

日本で人気の高い楽曲で、ベスト・アルバム『ビリー・ザ・ベスト』(1985年)のアメリカ盤には収録されていないが、日本盤では追加収録された。また、様々なCMネッスル・ホットチョコ、ソニーの企業CM等)で起用され、2004年には三井住友銀行のCMで使用された[2]

カヴァー[編集]

  • 鈴木重子が『ブリーザ』(1996年)でカヴァー。
  • NICOTINEが『CARNIVAL』(1999年)でカヴァー。
  • 佐藤竹善がベスト・アルバム『THE SELECTION OF CORNERSTONES 1995-2004』(2005年)に新録のカヴァー・ヴァージョン収録。
  • 日本のミュージシャンによるビリー・ジョエルのトリビュート・アルバム『WANNA BE THE PIANO MAN』(2006年)で、Kがカヴァー。Kのカヴァー・アルバム『The TIMELESS Collection Vol.1』にも収録。
  • FIANCHIが2006年3月に発売したファーストアルバムでカヴァー。
  • 溝口肇が『yours;tears』(2007年)でカヴァー。
  • デスティニーズ・チャイルドの日本企画盤『ラヴ・デスティニー』(2008年)で、ビヨンセの歌唱によりカヴァーされた。ビヨンセは、「日本のファンのために何かスペシャルな曲を用意したい」との考えから、この曲のカヴァーを発案したという[3]
  • アンジェラ・アキが『WHITE』(2011年)でカヴァー。

脚注[編集]