ストリートライフ・セレナーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストリートライフ・セレナーデ
ビリー・ジョエルスタジオ・アルバム
リリース 1974年10月
ジャンル ロック
時間 37分53秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース マイケル・スチュワート
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 35位(アメリカ)
ビリー・ジョエル 年表
ピアノ・マン
(1973年)
ストリートライフ・セレナーデ
(1974年)
ニューヨーク物語
(1976年)
テンプレートを表示

ストリートライフ・セレナーデ(Streetlife Serenade)は、ビリー・ジョエル1974年に発表したサード・アルバム。

解説[編集]

前2作に続き、ロサンゼルスでレコーディングされた。ビルボードのアルバム・チャートで35位に達した。シングル「エンターテイナー」は全米34位、ビリーのシングルとしては2曲目の全米トップ40入りとなった。

発表当時は日本発売が見送られ、ビリーが初の日本公演を成功させた1978年に日本初登場となった[1]

収録曲[編集]

全曲ビリー・ジョエル作。4. 10.はインストゥルメンタル

  1. 街の吟遊詩人は… - "Streetlife Serenader" - 5:18
  2. ロスアンジェルス紀行 - "Los Angelenos" - 3:41
  3. 場末じみた場面 - "The Great Suburban Showdown" - 3:46
  4. ルート・ビアー・ラグ - "Root Beer Rag" - 3:01
  5. ロバータ/街の恋物語 - "Roberta" - 4:34
  6. エンターテイナー - "The Entertainer" - 3:41
  7. ビッグ・タイム・スペンダー - "Last of the Big Time Spenders" - 4:35
  8. 週末の歌 - "Weekend Song" - 3:31
  9. スーベニア - "Souvenir" - 2:00
  10. メキシカン・コネクション - "The Mexican Connection" - 3:37

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本盤CD(MHCP 1012)ライナーノーツ(北中正和、1998年1月)