コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-
ビリー・ジョエルライブ・アルバム
リリース 1987年10月
録音 1987年 ソビエト連邦
ジャンル ロック
時間 73分01秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ジム・ボイヤー
ブライアン・ラグルス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 38位(アメリカ)
ビリー・ジョエル 年表
ザ・ブリッジ
(1986年)
コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-
(1987年)
ストーム・フロント
(1989年)
テンプレートを表示

コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-(原題:Концерт)は、ビリー・ジョエル1987年10月に発表したライヴ・アルバム。同年7月から8月にかけて行われた、ソビエト連邦でのツアーの模様を収録。

解説[編集]

アルバム『ザ・ブリッジ』(1986年)に伴うツアーの締めくくりとして、1987年7月26日・27日・29日にモスクワで、8月2日・3日・5日にレニングラードで公演を行う。また、同国のテレビ番組やラジオ番組にも出演。「オネスティ」、「時代は変る」(ボブ・ディランのカヴァー)は放送用に行われたスタジオ・ライヴの音源。更に、トビリシで予定外の公演も行われ[1]、「オドイア」は、同地の合唱団ジュルナリストと共にレコーディングされたグルジア民謡。

ステージにおけるビリーのMCは、Oleg Smirnoffにより通訳された。7月27日のモスクワ公演では、会場のセキュリティの厳しさに不満を抱いたビリーが、マイク・スタンドを破壊したり、エレクトリックピアノを倒す等のワイルドなパフォーマンスをするという出来事もあった[2]

レニングラード公演の模様は、アメリカケーブルテレビHBOにより、1987年10月24日にドキュメンタリー番組として放送された[1]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はビリー・ジョエル作。

  1. オドイア - "Odoya" (Traditional) - 1:17
  2. 怒れる若者 - "Angry Young Man" - 5:24
  3. オネスティ - "Honesty" - 3:58
  4. グッドナイト・サイゴン〜英雄達の鎮魂歌 - "Goodnight Saigon" - 7:19
  5. 恋の切れ味 (スティレット) - "Stiletto" - 5:09
  6. ビッグ・マン・オン・マルベリー・ストリート - "Big Man on Mulberry Street" - 7:17
  7. ベイビー・グランド - "Baby Grand" - 6:09
  8. イノセント・マン - "An Innocent Man" - 6:09
  9. アレンタウン - "Allentown" - 4:23
  10. マター・オブ・トラスト - "A Matter of Trust" - 5:09
  11. 若死にするのは善人だけ - "Only the Good Die Young" - 3:30
  12. 真夜中のラブコール - "Sometimes a Fantasy" - 3:38
  13. アップタウン・ガール - "Uptown Girl" - 3:08
  14. ビッグ・ショット - "Big Shot" - 4:44
  15. バック・イン・ザ・U.S.S.R. - "Back in the U.S.S.R." (Lennon-McCartney) - 2:43
  16. 時代は変る - "The Times They Are A-Changin'" (Bob Dylan) - 2:54

参加ミュージシャン[編集]

  • ビリー・ジョエル - ボーカルキーボードギター
  • リバティ・デヴィート - ドラムス
  • ダグ・ステッグマイヤー - ベース
  • デイヴ・レボルト - キーボード
  • ラッセル・ジェイヴァース - ギター
  • ケヴィン・デュークス - ギター
  • マーク・リヴェラ - サックス
  • ピーター・ヒューレット - バッキング・ボーカル
  • ジョージ・シムズ - バッキング・ボーカル
  • ジュルナリスト - ボーカル(on 1.)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ビリー・ジョエル 素顔の、ストレンジャー』(マーク・ベゴ:著、山本安見:訳、東邦出版、ISBN 978-4-8094-0730-7)p.275-277
  2. ^ 日本盤CD(MHCP 1021)ライナーノーツ(鈴木道子、1987年10月)