ロックンロールが最高さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックンロールが最高さ
ビリー・ジョエルシングル
収録アルバム グラス・ハウス
リリース 1980年
録音 1979年
ジャンル ロック
時間 2分57秒
作詞・作曲 ビリー・ジョエル
プロデュース フィル・ラモーン
チャート最高順位

1位(アメリカ)/ 14位(イギリス

ビリー・ジョエル シングル 年表
ガラスのニューヨーク
1980年
ロックンロールが最高さ
1980年
ドント・アスク・ミー・ホワイ
1980年
グラス・ハウス 収録曲
ドント・アスク・ミー・ホワイ
(3)
ロックンロールが最高さ
(4)
レイナ
(5)
テンプレートを表示

ロックンロールが最高さ (It's Still Rock and Roll to Me) は、アメリカシンガーソングライターであるビリー・ジョエル1980年に発表したアルバム『グラス・ハウス』に収録された楽曲である。シングルとしてリリースされ、全米シングルチャートで1980年7月19日から2週間1位を記録した[1]

解説[編集]

この曲は、1980年代初期にファンクパンクニュー・ウェイヴなどの新しい音楽に転換していく音楽業界への批判と、古きよきロックンロールへの愛を歌っている内容で、ビリーはこの曲はメディアに対する攻撃だと語っている[2]。ミュージック・ビデオでは、ニュー・ウェイヴやファンク、パンクの要素を入れ混ぜたビリーを表す内容となっている。シングルはアメリカレコード協会にプラチナ・レコードに認定された[3]

アル・ヤンコビックがこの曲のパロディ曲「It's Still Billy Joel to Me」を発表した。

チャート・ポジション[編集]

Chart (1980) Peak
position
イギリス(UK Singles Chart 14[4]
アメリカ合衆国(Billboard Hot 100 1[1]
アメリカ合衆国(Billboard Hot Adult Contemporary Tracks) 45

脚注[編集]

  1. ^ a b FM Fan編集部 『ミュージック・データ・ブック 1955年-95年ビルボード年間チャート完全収録』 共同通信社、1996年ISBN 978-4-7641-0367-2
  2. ^ マーク・ベゴ 『ビリー・ジョエル 素顔の、ストレンジャー』 山本安見訳、東邦出版、2008年10月7日、294頁。ISBN 978-4-8094-0730-7
  3. ^ RIAA Gold and Platinum Search for singles by Billy Joel”. 2010年6月27日閲覧。
  4. ^ ChartArchive - Billy Joel - It's Still Rock And Roll To Me”. 2012年6月29日閲覧。
先代:
カミング・アップ(ライヴ・バージョン) by ポール・マッカートニー&ウイングス
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1980年7月19日 - 1980年7月26日
次代:
マジック by オリビア・ニュートン=ジョン