第11空軍 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第11空軍
Eleventh Air Force - Emblem.png
創設 1942年1月15日
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
上級部隊 太平洋空軍
アラスカ軍
基地 アラスカ州エルメンドルフ空軍基地
ニックネーム 11AF

第11空軍(Eleventh Air Force,11AF)はアメリカ空軍における航空軍の1つ。太平洋空軍傘下の部隊であり、アラスカ州エルメンドルフ空軍基地に司令部が所在する。司令官職は中将をもって充てるポストとされており、第11空軍司令官はアラスカ軍司令官を兼ねている。

概要[編集]

アラスカ州はアメリカ北方軍の担当区域であるが、アメリカ太平洋軍のサブコマンドである統合部隊アラスカ軍(Alaskan Command,ALCOM)の部隊が展開している。

第11空軍は部隊管理として太平洋空軍の指示を受け、通常は太平洋軍/アラスカ軍の作戦指揮を受ける。災害救援や合衆国本土防衛/安全保障事案の際はアメリカ北方軍アラスカ統合任務部隊(Joint Task Force Alaska)の作戦指揮を受け、文民機関と協力して対処にあたる。

2008年現在、2個航空団を基幹戦力としており、状況に応じアラスカ空軍州兵の2個航空団の増援を受ける。

部隊[編集]

歴史[編集]

アラスカに航空戦力の展開が開始されたのは1940年下半期のことであった。

その後も1945年8月に日本が降伏するまで、長距離爆撃機などを用いて千島列島北部への偵察行動と空襲、輸送船などへの艦船攻撃を継続していく。

冷戦期においては、ソ連本土に最も近い地勢である事から、防空および早期警戒を主任務とし、爆撃機を運用する戦略航空軍団への支援も行っていた。最盛期には6個飛行隊に200機以上の戦闘機を擁していた。

  • 1989年 - 統合軍編制のアラスカ軍が設立され、アラスカ航空軍団もその傘下に入る。

冷戦の終結に伴い、ソ連との緊張関係も薄れ、兵力も縮小される。

  • 1990年8月9日 - 太平洋空軍傘下のサブコマンドとして第11空軍に再編された。
注:1946年から1948年にかけて上記とは別の第11空軍が防空軍団傘下にあった。

その後も前方展開基地の縮小などが行われている。