第11航空団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第11航空団
11th Wing.png
創設 1948年11月18日-1969年3月25日
1994年6月2日-
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
上級部隊 空軍ワシントン地区隊
基地 ワシントンD.C.ボーリング空軍基地
ニックネーム 11W
モットー The Chief's Own

第11航空団(だい11こうくうだん 11th Wing)はアメリカ空軍の航空団レベルの組織。空軍ワシントン地区隊傘下にある儀仗部隊であり、ワシントンD.C.南東部のボーリング空軍基地に所在する。

概要[編集]

儀典やセレモニー実施が主任務であり、軍楽隊や儀仗部隊を有する。また、ワシントン周辺の空軍諸施設の維持管理も行なっている。部隊は2個群で編成されており、どちらもボーリング空軍基地に所在する。

第11航空団の前身は1948年11月18日に編成された第11爆撃航空団(11th Bomb Wing,11BW)である。11BWは第8空軍傘下の戦略爆撃機部隊としてB-36B-52の運用を行なった。1962年3月30日に第11戦略航空宇宙航空団(11th Strategic Aerospace Wing)に改編され、B-52に加えアトラス大陸間弾道ミサイルも運用した。1968年7月2日に第11空中給油航空団(11th Air Refueling Wing)に改編されKC-135を運用したが1969年3月25日に編成解除されている。

現在のものは、1994年6月2日に編成された第11支援航空団(11th Support Wing)が1995年3月1日に改称したものである。

主要部隊[編集]

  • 第11作戦群(11th Operations Group):儀典やセレモニー実施関連部隊。
    • アメリカ空軍軍楽隊(United States Air Force Band):軍楽隊。音楽演奏、儀典、広報任務。
    • アメリカ空軍儀仗隊(United States Air Force Honor Guard):儀仗部隊。空軍に関連する儀仗の実施やアーリントン国立墓地におけるセレモニーの実施。マーチングドリル隊による広報。
    • アーリントン従軍牧師(Arlington Chaplaincy):従軍牧師によるアーリントン国立墓地での葬儀・告別式の実施。
  • 第11任務支援群(11th Mission Support Group):ボーリング空軍基地および首都地域諸施設の維持管理。
    • 第11建設隊(11th Civil Engineer Squadron):諸施設の建設・維持管理。
    • 第11契約隊(11th Contracting Squadron):契約・会計管理
    • 第11任務支援隊(11th Mission Support Squadron):隊員の教育・訓練支援、首都地域における現役・予備役も含めた家族支援業務。
    • 第11警備隊中隊(11th Security Forces Squadron):ボーリング空軍基地の警備。
    • 退役者事務局(Retiree Activities Office):首都地域における空軍退役者に対する窓口サービス。退役者団体や健康支援、社会保障、戦没者家族支援など。
    • 第11サービス部(11th Services Division):軍関係者向け購買組織。
  • 第579医療群(579th Medical Group):医療支援
    • 第579歯科中隊(579th Dental Squadron):歯科。ペンタゴン内にも医師を派遣。
    • 第579医療作戦中隊(579th Medical Operations Squadron):首都地域における軍の医療支援

外部リンク[編集]