空軍ワシントン地区隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空軍ワシントン地区隊
Air Force District of Washington.png
創設 1985年10月1日-1994年7月1日
2005年1月1日
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
タイプ 参謀本部直属機関
上級部隊 アメリカ空軍参謀本部
首都地域統合部隊司令部
基地 バージニア州ラングレー空軍基地
ニックネーム AFDW

空軍ワシントン地区隊(くうぐんワシントンちくたい Air Force District of Washington,AFDW)はアメリカ空軍の組織の一。空軍参謀本部直属機関(Direct Reporting Unit,DRU)であり、司令部はメリーランド州アンドルーズ空軍基地所在。3個航空団および1個群で構成されており、首都地域への空軍戦力の提供、航空宇宙遠征任務部隊への戦力提供、空軍基地の管理および儀仗などを主目的としている。

AFDWは1985年10月1日に設立されたが、冷戦後の戦力再編に伴い1994年7月1日に廃止された。アメリカ同時多発テロ事件の後、首都防衛が考慮され、アメリカ軍は首都周辺への戦力配置と指揮系統の見直しを行なった。その一環として2004年9月22日に首都地域統合部隊司令部(Joint Force Headquarters National Capital Region,JFHQ-NCR)が設置された。空軍もこれを受けて首都地域の部隊を再編、2005年1月1日にAFDWを再創設した。

AFDWは部隊管理系統では空軍参謀本部直属であるが、作戦指揮については隊司令が統合部隊空軍部門指揮官(Joint Force Air Component Commander, JFACC)および第320航空遠征航空団(320th AEW)指揮官を兼務しており、首都地域統合部隊司令部(JFHQ-NCR)の指揮を受け行動する。第320航空遠征航空団は派遣部隊であり、他部署より戦力派遣を受けている。

主要部隊[編集]

外部リンク[編集]