憧れのハワイ航路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

憧れのハワイ航路』(あこがれのハワイこうろ)は、1948年(昭和23年)にキングレコードより発売された歌謡曲。また、それを基にした1950年(昭和25年)公開の新東宝映画。

[編集]

石本自身は、作詞当時までハワイ航路(横浜 - ホノルル - サンフランシスコ。戦前は日本郵船の花形航路)には乗船の機会が無かった。そのため、瀬戸内海を航行する大阪商船の別府航路と、東海汽船の伊豆七島航路をイメージして作詞した(客船が行く:朝日新聞社刊より)
岡の没後は、岡を敬愛する若原一郎が番組で披露した他、坂上二郎が歌い継いでいる。近年では氷川きよしもカバーしている。サザンオールスターズ1981年に行ったコンサートツアー「そちらにおうかがいしてもよろしいですか?」のオープニングでこの曲をカバーしている[1]

映画[編集]

憧れのハワイ航路
監督 斎藤寅次郎
脚本 八住利雄
原作 サトウハチロー
出演者 岡晴夫
美空ひばり
音楽 上原げんと
撮影 友成達雄
照明 秋山清幸
配給 新東宝
公開 1950年4月1日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示
左が岡田秋夫役の岡晴夫
右が君子役の美空ひばり

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]