家系ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般的な家系ラーメンに味玉子をトッピングしたところ

家系ラーメン(いえけいラーメン)は、1974年以降に登場した日本神奈川県横浜市磯子区西区発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺を特徴とするラーメン及びそのラーメン店群である。ラーメン店「吉村家」を源流とする。定義は曖昧であり諸説がある。これより前から存在する横浜市中区ルーツのラーメンとは異なる。

概要[編集]

元々屋号に「〜家」とついているところが多かったところから、系と呼ばれるようになった。店名の「家」は「や」と発音する[1]が、「家系」は「いえけい」と発音する。
豚骨や鶏ガラから取ったダシに醤油のタレを混ぜ、鶏油を浮かべた「豚骨醤油ベース」のスープ、コシのある太麺と、ほうれん草、チャーシュー、海苔のトッピングで構成される家系ラーメン[2]を出す店は、国内とアジアを中心に約1000店舗あるとされる[3]。そのうち、横浜市内には、約150店舗あるという[4]
家系ラーメン店では、客の要望に応じて、醤油味の濃さ、スープの脂の量、麺のゆで加減を調整して作るサービスや、卓上の調味料(おろしにんにく、豆板醤、ショウガ、ごま、胡椒、酢など)を客が自由に使えるサービスが行われていることが多い。
なお、吉村家又はその系列の店で修行したことを「家系」の絶対条件とし、味が似ていてもそれ以外は亜流とする意見もある。

歴史[編集]

吉村家のラーメンに野菜をトッピングしたところ

関東地方を中心に展開していたラーメンショップの出身者[5]の吉村実が1974年に横浜市磯子区・新杉田駅近くに開店[6]した吉村家が起源とされている。産業道路に面し、石川播磨重工業(現・IHI)を始めとする工場密集地帯の立地から、工場労働者やトラック運転手など間で評判になっていったという[7]吉村はその後1974年に、本牧家を開業。本牧家で修行をし、店長を務めていた神藤隆が独立し、1988年東白楽駅近くに六角家を開業する。他の弟子たちも本牧家を辞め、怒った吉村は本牧家を一時営業中止し新聞沙汰にもなった。その後、六角家は、1994年3月の新横浜ラーメン博物館のグランドオープンから2003年5月まで地元代表のラーメンとして出展した[8]。また、本牧家・六角家にいた近藤健一が関わった横濱家などが横浜市北部でチェーン展開した。

特徴[編集]

太いストレート麺。モチモチとした独特の触感を持つ。他の中華麺より短く、コシがありスープによく絡む[9]。家系ラーメン店では製麺所の名が入った麺箱が店頭や店内に積まれることが多く、そこからどこの製麺所の麺を使用しているかを知ることができる。家系の麺を作る代表的な製麺所は、次のとおり。
    • (株)酒井製麺東京都大田区南蒲田。元はうどんの製麺所。1日約3万玉の麺を生産し、全国約150の家系ラーメン店に卸す。家系の麺を作るようになったのは、吉村実が独立する際に依頼を受けたことから。吉村家直系店や吉村家で修業し独立した店舗など吉村家の流れをくんだ店にしか卸していないという。[10]
    • 丸山製麺所(株) 横浜市中区山田町。
    • (株)大橋製麺所 川崎市幸区南幸町。
    • (有)増田製麺 神奈川県横須賀市平作。
    • (有)長多屋製麺 横浜市南区二葉町。[11]
    • (株)三河屋製麺 東京都東久留米市八幡町。
    • (有)大橋製麺多摩 川崎市多摩区宿河原。

多くの家系ラーメン店では、麺の量(並・中・大)を選択できる。一般的に、中が1.5玉分、大が2玉分であることが多い。

スープ
大量の豚骨(特にゲンコツ、ロース骨)、鶏ガラ、野菜類、昆布を使った豚骨醤油がベースであり、茶色がかっていることが多い。一般的に味の濃さはきつめで、こってりしているが、後述のように調整が可能。
チャーシュー、大型で真四角の海苔が3枚、ホウレン草が基本。刻んだ長ネギニンニクがのる店もある。またチャーシューの煮汁で煮た味玉子などを追加トッピングとする店も多い。
鳥皮からとられた鶏油(ちーゆ)が使われる。"家"と店名についていてもこの脂が使われていない場合があり(例:丸千代山岡家)この場合、家系とはされない場合がある。
注文方法
麺のゆで加減(固め・普通・やわらかめ)、スープの脂の量(多め・普通・少なめ)、醤油味の濃さ(濃いめ[12]・普通・薄め)を注文時に選ぶことができる。スープの脂の量は「なし」「抜き」を選択できる店もある。店によっては「固め・多め・濃いめ」をマックスと呼ぶ場合もある。
サイドメニュー
一般にサイドメニューの点数は少なく、餃子のない店も多い。一方でキャベチャーというキャベツ唐辛子をごま油で炒めたものがある店が多い。これは有料の場合と無料の場合がある。ゆでたキャベツのトッピングがある店もある。
ルーツである吉村家がラーメンショップ出身であることから、水色の丼でラーメンを提供する店が多い。最近では黒や白の丼で提供する店も増えている。
赤い地に黒い毛筆体等で「○○家」と書かれることが多い。またカウンターも赤い店が多い。また、大部分の店が全面禁煙。食券制の店が多い。
湯切り
一般的な深ザルではなく、浅い団扇のような形状のザルで麺を取り出し、湯切りをする。湯切りで一人前になるだけでも4、5年かかるという[13][14]

代表店[編集]

太字は吉村家直系認定店。なお、六角家も修行後開店した店に対して「姉妹店」認定を行っている。

  • 神奈川県横浜市内
    • 吉村家 西区南幸、岡野交差点角。家系の元祖であり、「総本山」を自称する。平日でも行列が絶えない。1974年開店、1999年現在地に移転。多い日で1日約1800杯を売り上げる。1日に消費する豚骨と鶏ガラの量は約1トンといわれる[15]。麺は酒井製麺。
    • 環2家 港南区下永谷。
    • 横横家 金沢区六浦。
    • 杉田家 磯子区新杉田町。吉村実から新店舗の運営を任された津村進が1999年に創業。吉村家のあった幹線道路の向かいにあり、杉田家の創業がきっかけで吉村家は現在地に移転。2011年、千葉市に2号店を開店[16]
    • 末廣家 神奈川区六角橋。吉村家直系では最新の店。
    • 六角家 神奈川区西神奈川。神藤隆。家系ラーメン店の中でもっとも有名な部類に入りカップ麺も発売されている。家系ラーメンの代表の一つ。チェーンを展開する。麺は酒井製麺。
    • 本牧家 港南区下永谷。吉村家の2号店として本牧間門に吉村実により1986年、開店。開店時は、現六角家オーナーの神藤隆が店長を任された。その後、松村春男がオーナーとなる。1999年に吉村家と決別し、現在地に移転。麺は酒井製麺。[17][18]
    • 近藤家 (六角家姉妹店)都筑区北山田ほか。本牧家〜六角家にいた近藤健一が1992年に開店。なお、近藤はこの店を開くまでに横濱家・介一家の創業に携わっている。
    • 金八家 (六角家姉妹店)金沢区寺前。
    • 寿々㐂家 保土ケ谷区上星川。本牧家から派生。麺は酒井製麺。家系ラーメン店の人気投票企画「IEK48(イエケイ・フォーティーエイト)」で1位となった[19]。寿々㐂家から独立した店には、奥津家(東京都町田市)、菊地家(神奈川県大和市)、真鍋家(同藤沢市)、甲子家(同横浜市緑区)、清水家(同茅ヶ崎市)、いずみ家(東京都大田区馬込)がある。
    • 介一家 中区大和町ほか。JR根岸線山手駅前。支店多し。
    • 壱六家 磯子区森ほか。広義の家系であり亜流。支店多し。
    • たかさご家 南区高砂町。中区日ノ出町交差点角にも支店がある。
    • 横濱家 都筑区平台ほか。港北ニュータウンを地場に展開する不動産業「ハウゼ」の資本で商号は「株式会社横濱家フーズ」。近藤健一が創業に関わり、その後横浜市北部を中心にチェーン店化。
    • 大桜 緑区十日市場。広義「家系」の代表格。吉村家→本牧家→六角家→横濱家(近藤健一)の系統。暖簾分け多い。
    • 武蔵家 港北区日吉。慶應義塾大学の学生に武蔵家愛好家が多い。ライス無料おかわり自由の店舗多数有り。
    • 千家 南区前里町。ネギラーメンで有名なお店。支店もあり。
    • 一二三家 都筑区池辺町。上記千家より暖簾分け。白胡麻を散らしたスープが特徴。
    • 九ツ家 神奈川区六角橋。進化系家系ラーメンで有名なお店。支店もあり。
    • 心家 港北区師岡町。環状2号沿い。

その他市内には、約150店舗(市外に本店があり、市内には支店しかない店を除いても約130店舗)の家系ラーメン店がある[20]


王道家
  • 東京都内
    • 笑の家(六角家姉妹店)東京都港区南麻布。六角家から独立した森田与司男により1999年に開店。麺は酒井製麺。
    • 蔵前家(六角家姉妹店)東京都台東区
    • 大黒家 東京都江東区東陽ほか。
    • 千代作 東京都新宿区高田馬場。
    • 武道家 東京都新宿区早稲田ほか。「ぶどうか」と読む。新中野武蔵家で修行を積んだオーナーが2006年、早稲田に開店[21]。麺は酒井製麺。** 武蔵家 東京都中野区新中野ほか。たかさご家から独立した店主により1997年に開店。日吉、大井町、池袋、成増、明大前、稲田堤などの武蔵家は、この新中野武蔵家の系統であり、吉祥寺武蔵家とは関係がない[22]。大井町店では朝ラーを実施している。
    • 壱蔵家 東京都新宿区大久保。
    • 七福家 東京都新宿区大久保。
    • 家-家-家 東京都墨田区
    • 麺屋はやぶさ 東京都立川市。六角家出身で新横浜ラーメン博物館店長、大阪店長の経験者が開店。
    • まこと家 東京都品川区青物横丁。川崎家から独立した店主が1996年に開店。店内に「酒井製麺特製真宏麺」を使用との掲示がある。ほうれん草が入っていない、トッピングのくきわかめがあるなど、川崎家との共通点が多い。
    • いずみ家 東京都大田区東馬込。寿々㐂家出身の店主が2013年に開店。麺は酒井製麺。
    • 上々家 東京都大田区。六角家羽田店として開店。2013年に独立し、現店名となる。麺は酒井製麺。
    • 吉祥寺武蔵家 東京都武蔵野市吉祥寺。1999年中央線ガード下に開店、2012年現在地に移転。六角家の流れをくむ。新中野武蔵家とは無関係。豚骨と鶏ガラは、吉祥寺の精肉店「いせや」から仕入れ1日150kg炊く。麺は大橋製麺多摩。
    • 洞くつ家 東京都武蔵野市吉祥寺。吉祥寺武蔵家から独立した永井康介により2003年に開店。店頭に六角家姉妹店の文字。麺は酒井製麺。
    • つばさ家 東京都立川市曙町と武蔵野市境。立ち上げ初代店長が後に「麺屋はやぶさ」を開店。
  • 海外
    • 松壱家 香港コーズウェイベイ。2013年開店。

他にも日本全国とアジアを中心に約1000店舗あるとされる[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都新宿区早稲田の武道家(ぶどうか)は、「家」を「か」と読む。
  2. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  3. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  4. ^ 2013年9月時点。神奈川のラーメンを盛り上げよう!会調べ。店舗の入れ替えが激しいため、正確な数値は不明。http://hamarepo.com/story.php?story_id=2270
  5. ^ 宮大工、床屋の見習いなど様々な職を転々とし、長距離トラックの運転手を務めていた吉村が、「九州の豚骨と東京の醤油を混ぜたらうまいんじゃないか」と思い立ち、平和島(東京都大田区)のトラックターミナルにあった「ラーメンショップ」を半年間手伝った。「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  6. ^ 1999年に現在の横浜駅近くに移転した。
  7. ^ 林英男「ラーメンは文化だ!“家系”ラーメンの総本山「吉村家」とその弟子たち」http://www.nikkeibp.co.jp/style/bizinno/ramen/article20030715.shtml
  8. ^ 1994年3月から2003年5月まで出展。ラー博の歴史。http://www.raumen.co.jp/rapedia/rahakuhistory/company_history02.html
  9. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  10. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  11. ^ http://www.nagatayaseimen.co.jp/index.html
  12. ^ 「あじこめ」と呼ぶ店もある。
  13. ^ http://www.rokkakuya.com/rokkakuya.html
  14. ^ http://nanapi.jp/37839/
  15. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  16. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平
  17. ^ http://hamarepo.com/story.php?story_id=2292
  18. ^ http://www.honmokuya.co.jp/
  19. ^ 横浜地域の気になる情報を発信するWEBマガジン「はまれぽ.com」が2012年6月に実施。http://hamarepo.com/story.php?page_no=1&story_id=1177
  20. ^ 2013年9月時点。神奈川のラーメンを盛り上げよう!会調べ。店舗の入れ替えが激しいため、正確な数値は不明。http://hamarepo.com/story.php?story_id=2270
  21. ^ 店名の由来は、「武」蔵の「道」を歩んできたという意味と、オーナーの特技が空手であることから。http://nakano-plapla.jp/?p=618
  22. ^ http://cult.jp/iekei/musashino.html
  23. ^ 「家系ラーメン 横浜発、魂の一杯」読売新聞横浜支局・竹内駿平

関連項目[編集]