塩町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩町駅*
駅舎
駅舎
しおまち - Shiomachi
所在地 広島県三次市塩町2183
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 シチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1930年昭和5年)4月22日
乗入路線 2 路線
所属路線 芸備線
キロ程 83.2km(備中神代起点)
新見から89.6km
下和知 (3.1km)
(1.5km) 神杉
所属路線 福塩線
キロ程 78.0km(福山起点)
府中から54.4km
三良坂 (4.4km)
(-km) (神杉)**
備考 無人駅
* 1934年に田幸駅から改称。
** 全列車が三次駅まで乗り入れ。
芸備線(左奥)と福塩線(右奥)の分岐

塩町駅(しおまちえき)は、広島県三次市塩町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

当駅の所属線[1]である芸備線と、当駅を終点とする福塩線が乗り入れ、接続駅となっている。ただし、福塩線の列車は運転系統上は三次駅まで乗り入れるため、当駅止まりの列車は無い。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有し行違い可能な地上駅。ホームと駅舎は1984年竣工の地下道で結ばれる。木造瓦葺による古くからの駅舎はタクシー会社の営業所となっており、2005年までは出札業務が委託され、携帯型車内券発行機での出札が行われていたが、現在は無人駅扱いである。管理は三次鉄道部が行っている。便所あり(水洗式で改札内外で分かれているが、改札外の大便器は使用不可)。

急行列車が運転されていた時期は、急行列車も停車していた。

ホームは芸備線福塩線が方向別で共有している。駅の東城方で芸備線と福塩線が分岐するがその配線はシーサスクロッシングとなっている(渡り線がX字状になっている)。

塩町駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 芸備線 上り 備後落合方面
福塩線 府中方面
2 芸備線
福塩線含む)
下り 三次広島方面

※なお、2番のりばは三次方からの入線及び備後落合方面・府中方面への発車にも対応している。

塩町駅配線図

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
芸備線
下和知駅 - 塩町駅 - 神杉駅
福塩線(塩町駅 - 三次駅間は芸備線)
三良坂駅 - 塩町駅 - 神杉駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]