備後西城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
備後西城駅
駅舎(2007年9月26日)
駅舎(2007年9月26日)
びんごさいじょう - Bingo-Saijō
比婆山 (3.0km)
(4.2km) 平子
所在地 広島県庄原市西城町大佐722-3
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 芸備線
キロ程 53.2km(備中神代起点)
新見から59.6km
電報略号 ヒサ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1934年昭和9年)3月15日
備考 簡易委託駅
構内(2007年9月26日)

備後西城駅(びんごさいじょうえき)は、広島県庄原市西城町大佐にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線である。

2002年(平成14年)3月22日の列車廃止までは急行列車も停車した。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち、行違い設備を有する地上駅である。駅舎は三次方面行きホーム側にあり、反対側の備後落合方面行きホームへは構内踏切で連絡している。

三次鉄道部管理の簡易委託駅で、POS端末等の設置はなく、携帯用券売機で切符を販売している。ただし、早朝と夕方以降は無人となる。便所は、汲み取り式である。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 芸備線 下り 三次広島方面
2 芸備線 上り 備後落合方面
  • のりば番号標は設置されていないが、当駅始発列車があった当時、駅掲示時刻表では上記の番号で表現されていた。
  • 列車運転指令上では2番のりばの方が「1番線」となっており、案内上ののりば番号とは逆転している。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1934年昭和9年)3月15日 - 庄原線(当時)が備後庄原駅から延伸し、その終着駅として開業。
  • 1935年(昭和10年)12月20日 - 庄原線が備後落合駅まで延伸、途中駅となる。
  • 1936年(昭和11年)10月10日 - 庄原線が三神線に編入され、当駅もその所属となる。
  • 1937年(昭和12年)7月1日 - 三神線が芸備線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1985年(昭和60年)12月1日 - 無人駅化(簡易委託駅化)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2002年平成14年)
    • 3月23日 - ダイヤ改正で運行本数を削減。
    • 秋 - 部活動の帰宅生徒対策として、備後庄原駅発着の便を登校日に限りここまで延長する。
  • 2006年(平成18年)7月18日 - 大雨により備後落合駅 - 比婆山駅間で大規模斜面崩落が発生し、芸備線は備後落合駅 - 当駅間で不通となる。これに伴い、同年7月20日より、当駅からの代行バスを運転開始。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 復旧工事が完了し、全線で運転再開。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - ダイヤ改正で運行本数を削減。当駅折り返し列車の消滅。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
芸備線
比婆山駅 - 備後西城駅 - 平子駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]