上三田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上三田駅*
駅舎
駅舎
かみみた - Kami-Mita
志和口 (3.5km)
(4.5km) 中三田
所在地 広島市安佐北区白木町大字三田9472
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 芸備線
キロ程 129.5km(備中神代起点)
新見から135.9km
電報略号 カミ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
122人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1930年昭和5年)1月1日(初代)
1948年(昭和23年)8月10日(2代)
廃止年月日 1941年(昭和16年)8月10日
(初代)**
備考 無人駅(自動券売機 有)
広 広島市内
* 1937年に三田吉永駅から改称。
** 戦中、ガソリンカーが使用不可になった際に一度廃止されるが、戦後に再開業した。

上三田駅(かみみたえき)は、広島県広島市安佐北区白木町大字三田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線である。

駅構造[編集]

広島方面に向かって右側に単式1面1線のホームを持つ地上駅停留所)。駅舎内には自動券売機が設置されており、広島地区のICOCA導入時に機種が交換されたが、当駅でICカードの利用はできないためICカード装填口が省かれている。ホームが駅舎より高い位置にあり、駅舎からは階段を上る必要がある。便所は設置されていない。

広島駅管理の無人駅。JRの特定都区市内制度における「広島市内」の駅である。

駅周辺[編集]

  • 上三田簡易郵便局
  • 河津川

利用状況[編集]

以下の情報は、広島市統計書及び広島市勢要覧に基づいたデータである。

年度 1日平均
乗車人員
年度毎
総数
定期券
総数
普通券
総数
1974年(昭和49年) 473.0 345,301 285,966 59,335
1975年(昭和50年) 450.0 329,415 258,028 71,387
1976年(昭和51年) 449.1 327,828 247,294 80,534
1977年(昭和52年) 446.6 325,997 249,046 76,951
1978年(昭和53年) 408.0 297,821 242,360 55,461

以上の1日平均乗車人員は、乗車数と降車数が同じであると仮定し、年度毎総数を365(閏年が関係する1975年は366)で割った後で、さらに2で割った値を、小数点第二位で四捨五入。小数点一位の値にした物である。

年度 1日平均
乗車人員
1979年(昭和54年) 412
1980年(昭和55年) 396
1981年(昭和56年) 374
1982年(昭和57年) 342
1983年(昭和58年) 354
1984年(昭和59年) 355
1985年(昭和60年) 357
1986年(昭和61年) 336
1987年(昭和62年) 322
1988年(昭和63年) 306
1989年(平成元年) 305
1990年(平成2年) 304
1991年(平成3年) 318
1992年(平成4年) 293
1993年(平成5年) 286
1994年(平成6年) 287
1995年(平成7年) 278
1996年(平成8年) 264
1997年(平成9年) 251
1998年(平成10年) 246
1999年(平成11年) 235
2000年(平成12年) 219
2001年(平成13年) 216
2002年(平成14年) 201
2003年(平成15年) 179
2004年(平成16年) 162
2005年(平成17年) 159
2006年(平成18年) 169
2007年(平成19年) 161
2008年(平成20年) 137
2009年(平成21年) 123
2010年(平成22年) 110
2011年(平成23年) 124
2012年(平成24年) 122
乗車数グラフ

Kami-Mita sta graph.jpg

歴史[編集]

1941年戦争でガソリンカーが使えなくなったため廃止され、その後住民の復活運動と建設費の負担により復活したという経緯を持つ。戦前の駅は現在よりも150mほど(営業キロで0.2km)広島寄りにあり、戦後復活するにあたり現在位置に移転した。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
芸備線
快速「みよしライナー」
通過
普通
志和口駅 - 上三田駅 - 中三田駅

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • 各 広島市統計書
  • 各 広島市勢要覧

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道公示S46.12.20公492