西三次駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西三次駅*
駅舎
駅舎
にしみよし - Nishi-Miyoshi
三次 (1.6km)
(7.7km) 志和地
所在地 広島県三次市十日市西四丁目9-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 芸備線
キロ程 91.9km(備中神代起点)
新見から98.3km
電報略号 ニヨ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1915年大正4年)6月1日
備考 無人駅
* 1954年に三次駅から改称。
構内(2010年5月26日)

西三次駅(にしみよしえき)は、広島県三次市十日市西四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線である。

開業当初はこの駅が三次を名乗っていた。今は郊外にある小さな駅となっている。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線をもち列車同士の行き違いが出来る地上駅。隣接して肥料工場があり、かつてはそこからの貨物も扱っていたため側線の跡が残っている。線路東側にある駅舎は木造瓦葺で回廊もあるが荒れてしまっている。ホームへはそこから三次駅寄りへの通路を経由した先の構内踏切で連絡している。

かつては簡易委託駅であったが無人駅となっており、自動券売機等の設備や便所は設置されていない。管理は広島駅が行っている。

西三次駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 芸備線 下り 志和口広島方面
反対側 芸備線 上り 三次備後庄原方面

※案内上ののりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

広島県北部の中心地である旧三次町の玄関口として、三次町から馬洗川を挟んだ原村(1917年に十日市町に改称・町制施行)内に開業した。しかし1930年(昭和5年)、同じ十日市町内でより利便性の高い場所に現在の三次駅である十日市駅(1933年に備後十日市駅に改称)が開業すると、三次町・十日市町の玄関口としての機能は備後十日市駅に移っていった。1954年(昭和29年)に三次町・十日市町を中心とした町村が合併し三次市が成立すると、三次市の中心駅である備後十日市駅が三次駅に改称されることとなり、それに先立って当駅は西三次駅に改称された。

旅客駅としての中心駅が現・三次駅に移った後も、西三次駅は県北の貨物輸送のターミナル駅として機能し、芸備線内では最後まで貨物営業を行っていた。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
芸備線
快速「みよしライナー」
通過
普通
三次駅 - 西三次駅 - 志和地駅

当駅と志和口駅との間には、芸備鉄道開通の翌年1916年(大正5年)に粟屋停留場が設置されたが、1922年(大正11年)には廃止された。その後、1931年(昭和6年)にはガソリンカー専用の青河駅が設置されたが、戦時下の燃料統制によるガソリンカーの廃止により1941年(昭和16年)に休止された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]