十島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十島駅
駅舎(2006年3月)
駅舎(2006年3月)
とおしま - Tōshima
稲子 (2.3km)
(3.1km) 井出
所在地 山梨県南巨摩郡南部町十島
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 身延線
キロ程 26.3km(富士起点)
電報略号 トウ←トヲ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
65人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1918年大正7年)8月10日
備考 無人駅

十島駅(とおしまえき)は、山梨県南巨摩郡南部町十島にある、東海旅客鉄道(JR東海)身延線である。山梨県内の鉄道駅では最も南に位置する。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。線路はほぼ東西に走り駅舎はその北側に設けられている。のりばは駅舎側から1番線、2番線でそれぞれ富士方面、甲府方面の列車が発着する。

当駅はそのほかに側線を3本持ち、うち1本は1番線の北側に、あとの2本は2番線の南側にある。ホームの井出方の端は緩やかな坂になっており、これを下ったところから遮断機・警報機つきの構内踏切が1番線の線路を越えて駅舎にのびている。

ホームの上には大きな庇を持つ木造の待合所がある。また駅の構内稲子よりの1番線線路脇にはブロック積み一階建ての建物があり、身延工務区の十島休憩所となっている。

駅舎1994年平成6年)に改築されたものでコンクリート打ち放し1階建ての小さな建物となっている。切り妻屋根が特徴で、内部には待合所と業務用の倉庫が設けられている。1983年昭和58年)に無人駅となり、自動券売機がないために当駅で切符を購入する事はできない。身延駅管理。

十島駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 身延線 上り 富士方面[1]
2 身延線 下り 身延甲府方面[1]

利用状況[編集]

山梨県統計年鑑によると、1日あたりの平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2005 96
2006 85
2007 80
2008 80
2009 74
2010 65

駅周辺[編集]

駅の南を富士川がほぼ身延線に沿う形で流れており、駅のあるほうに十島の、駅とは対岸に万沢の集落が開けている。二つの集落は駅のすぐ東にある国道469号万栄橋で結ばれており、十島だけでなく万沢へも当駅が便利である。

十島の集落には十島簡易郵便局などがあるが規模は万沢のほうが大きい。万沢には南部町万沢支所、南部警察署万沢駐在所、南部町立万沢小学校、南部町立万沢中学校(2011年4月廃止郵便局などがあり、国道52号も走っている。

その他当駅付近の主要なスポットとしてはなんぶの湯がある。なおコンビニは最も近いものでも駅から3km以上離れている。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
十島駅   陵草線 井出駅・坂下 役場前 南部町営バス 平日運転
  徳間・十島線 平山・坂下・役場前・小久保 徳間 南部町営バス 平日土曜運転
陵草線 平山・(中沢) 屋敷平公民館 南部町営バス 平日運転

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
身延線
稲子駅 - 十島駅 - 井出駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]