塩之沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩之沢駅
ホーム(2006年1月)
ホーム(2006年1月)
しおのさわ - Shionosawa
身延 (2.2km)
(4.5km) 波高島
所在地 山梨県南巨摩郡身延町帯金
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 身延線
キロ程 45.7km(富士起点)
電報略号 シオ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
12人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1933年昭和8年)9月1日
備考 無人駅
駅舎

塩之沢駅(しおのさわえき)は、山梨県南巨摩郡身延町帯金にある、東海旅客鉄道(JR東海)身延線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路はほぼ北東から南西に走り、ホームはその南東側にある。ホームの甲府方終端部手前は椿川の上にかかり、椿川を跨いでいる。

ホームの身延方の端は緩やかな坂が駅の出入り口である。駅のすぐ身延方には塩之沢踏切があり、駅の北西側の富士川沿いを走る県道に出ることができる。

駅舎はなく、ホーム上の波高島寄りに、古くからの木造の待合所があるのみである。身延駅管理の無人駅となっている。

利用状況[編集]

山梨県統計年鑑によると1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2005 20
2006 16
2007 16
2008 15
2009 12
2010 14
2011 12

駅周辺[編集]

駅の南西すぐのところで椿川が富士川に注ぐ。身延線と、それに沿って走る山梨県道9号市川三郷身延線は、椿川を当駅の南で渡っている。県道との間には幾らかのスペースがあり、春になると桜が満開となる。身延線における桜の名所であり、JRによる夜間のライトアップなども実施される。

駅の付近には富士川に沿って人家が見られる。駅の南西600メートル足らずの富士川には、日本軽金属の塩之沢取入口があり、駅の付近からその様子を見ることができる。

近くには山交タウンコーチの塩之沢駅停留所があり、バスを利用して身延山及び身延駅波高島駅へ行く事も出来るが、バスは1日4本程度の運行である。

富士川の対岸は身延町波木井である。国道52号が走り人家もあるが駅の近くには橋がないので、駅の対岸に行く場合は身延駅近くの身延橋を利用する。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
塩之沢駅前   身延循環(右回り) 波高島駅・新早川橋・下山新町・身延高校 身延山 山交タウンコーチ 1日2本
  身延循環(左回り) 身延駅・身延高校 身延山 山交タウンコーチ 1日2本

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
身延線
身延駅 - 塩之沢駅 - 波高島駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]